FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/05/14(木)

2009年05月15日 10:21

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/05/14(木)

 06:00 95.30円 [Comment]
 06:30 95.38円 
 07:00 95.28円 
 07:10 95.20円 オセアニアタイムは再び円買いの動きが強まる展開
 07:30 95.33円 

 07:50 95.40円 GC
 08:00 95.35円 
 08:30 95.39円 
 08:33 95.43円 ドル円は95.00円にOPバリアが観測さ
 08:57 95.37円 ドル円にファンド勢の売り、一時95.14円まで下落
 09:00 95.36円 日経平均、寄り付きは-128.19円の9212.30円
 09:08 95.33円 ドル円は95.30円近辺まで小幅に反発
 09:10 95.34円 為替市場は小動きながら円が堅調。日経平均大幅安の寄付きが要因
 09:30 95.43円 
 09:35 95.43円 日経平均が210円安へと下げ幅を拡大、安全逃避の円買いが継続
 09:53 95.48円 シカゴ先物のNYダウは前日比で小幅プラスを回復
 09:59 95.48円 円が弱含み。NYダウ先物のプラス回復などで円高が一服
 10:00 95.48円 
 10:02 95.50円 ドル円は、仲値後にまとまった買いが入り、95円半ばまで反発
 10:26 95.65円 ドル円は一時95.67円へ上昇。機関投資家のヘッジ外しの買い観測
 10:30 95.66円 
 10:32 95.67円 ドル円に輸入勢の買いが観測され、一時95.72円まで上昇
 11:00 95.54円 日経平均株価は、前日比237円安の9102円で午前の取引を終了
 11:30 95.53円 

 11:50 95.43円 14日アジア時間にNYダウ先物は8ドル安へと小幅に下落 DC
 11:49 95.41円 [Comment]
 12:00 95.40円 
 12:30 95.40円 日経平均株価は、前日比263円安の9076円で午後の取引を開始
 13:00 95.48円 

 13:30 95.51円 GC
 14:00 95.57円 
 14:13 95.55円 ドル円は小動き。方向感は見定め難く95円半ばでの動き
 14:30 95.50円 
 14:40 95.49円 ドル円、クロス円とも円高一服の中でレンジ内で膠着
 15:00 95.51円 [Comment]
 15:30 95.65円 
 15:33 95.63円 ダウ先物は8292ドル。狭いレンジでの推移が継続
 15:43 95.73円 円高が一服。シカゴ先物のNYダウが小幅プラスと底堅く推移
 16:00 95.50円 欧州株市場は全体的に下落でスタート。3月からの株高に過熱調整
 16:20 95.44円 DC 

 16:17 95.41円 ドル円には米系のまとまった売りが観測
 16:30 95.42円 
 17:00 95.53円 [Comment]
 17:10 95.52円 欧州市場序盤の取引では、アジア市場での円買いの動きが一服 

 17:20 95.60円 GC
 17:25 95.58円 欧州株、特に英国株が持ち直し前日比プラス圏を回復
 17:30 95.63円 

 18:00 95.40円 DC
 18:30 95.36円 
 18:46 95.35円 ドル円は95.30円レベルがサポートに。本日ここまでは小幅レンジ
 19:00 95.36円 
 19:05 95.22円 欧州株はまちまち。方向性の見定め難い動きとなっている
 19:25 95.28円 [Comment]
 19:30 95.15円 
 19:37 95.19円 ダウ平均先物は前日比-40ドル水準まで下落
 20:00 95.35円 
 20:17 95.40円 ドル円は小幅上昇。本日安値を更新し、95円割れ目前
 20:30 95.36円 

 20:50 95.38円 GC
 21:00 95.49円 
 21:10 95.39円 [Comment]
 21:17 95.39円 ドル円は95.80円にストップロスの買いが観測
 21:30 95.42円 米新規失業保険申請件数は63.7万件、予想の61.0万件よりも弱い
 21:34 95.39円 ドル円は米新規失業保険申請件数の悪化で弱含み
 21:42 95.52円 ドル円には英系の買い観測、95.49で推移
 21:50 95.57円 ドル円は小幅反発。英系の買いが観測され、95.55円近辺まで反発
 22:00 95.47円
 22:30 95.56円 ダウ平均は前日比+1.03ドルの8285.92ドルで寄り付き
 22:55 95.62円 米株はまちまち。ポジション調整の買い戻しを誘い上値は重い
 23:00 95.67円 
 23:14 95.71円 NYダウ平均は、買いが先行したものの上値の重い展開
 23:30 95.65円 
 23:45 95.53円 ドル円は円買い戻し一巡感に95円台半ばでやや弱含み推移
 23:47 95.56円 ドル円は95円半ば、FIX買い優勢も下値にストップ売り観測

2009/05/15(金)
 00:00 95.61円 
 00:10 95.59円 ドル円は95.60円前後で推移、現水準に英系のオファー観測
 00:30 95.64円 
 00:50 95.63円 NYダウの上げ幅が一時50ドルを超え、クロス円は再び堅調
 01:00 95.61円 
 01:30 95.61円 

 01:30 95.61円 DC
 01:55 95.53円 ユーロドルは1.3630ドルまで本日高値更新、米系の買い観測
 02:00 95.55円 
 02:30 95.47円 
 02:55 95.55円 NYダウは、本前日比50ドル高程度を維持して堅調に推移
 03:00 95.54円 
 03:17 95.57円 新規材料難で、ドル円は95.60円近辺でもみ合い
 03:25 95.64円 じり高となっていたユーロドルは1.3646と本日の高値を更新 

 03:30 95.66円 GC
 03:41 95.81円 ポンド円が上伸、一時146.08の高値を示現
 03:46 95.78円 ダウ平均続伸、一時8376ドル(+91.75)
 04:00 95.70円 
 04:03 95.69円 ダウ平均が一時8376ドル(+91.75)まで上昇、米株が底堅い
 04:30 95.72円 
 04:59 95.65円 ダウ平均は上昇一服、8326ドル(+41)
 05:00 95.73円 [Comment]
 05:30 95.73円 シカゴ日経先物は、小幅上昇。前日比+30の9,140で終了
 06:00 95.79円 [Comment] 



[Comment]

2009/05/14(木)06:00 95.30円 
 13日NYタイムはドル買い・円買いが優勢。米小売売上高が市場予想より悪化となり、米株が大幅下落となった。ドル円はリスク回避の円買いに主導され、4月28日の安値95.63円を下抜けて売りが加速。3月20日以来の安値95.14円まで下落した。ユーロドル・ユーロ円も安値を更新する動きとなった。

2009/05/14(木)11:49 95.41円
 午前の東京市場はドル円・クロス円は軟調に推移したが、売り一巡後は買い戻しが優勢となった。ドル円では、ファンド勢がレンジブレイクを覚悟し売りに転じたといい、95.14円まで下落。95.00円に控えているバリアOPを試したが、95.35円にはOPがあるため下げ渋ると、米系のまとまった買いや機関投資家のヘッジ外しの買いが入ったことから、一時95.75円まで上昇した。

2009/05/14(木)15:00 95.51円
 日経平均は-246.76円の9093.73円で引け。日経平均株価は、4月米小売売上高の減少をきっかけに米景気回復に対する楽観論が修正され13日の米国株が大幅反落となり、円高と相まって輸出主力株中心に売りが先行、後場にはアジア株の下落などを受けて下げ幅を280円安と広げたが、9000円に近づく水準では押し目買いが散見され、結局、前日比246円安の9093円と大幅反落で取引を終えた。

2009/05/14(木)17:00 95.53円
 東京市場午後は手がかりに乏しいなかで、ドル円やクロス円の買い戻しが優勢に。ドル円は95円半ばでのもみ合いが続いたが、短期筋の買戻しが持ち込まれ、一時95.77円まで本日高値を更新。しかし、戻り売りも厚く伸び悩む結果に。ユーロドルは、一時1.3602ドルまで上昇。ユーロ円も、一時130.01円まで本日高値を更新した。

2009/05/14(木)19:25 95.28円
 ドル円は、95.20円付近まで下値を広げた後は、下値が支えられて小幅反発に転じたが、引き続き上値は重く95.30円付近で売り買いが交錯となっている。ドル円の下値では、移動平均の100日線にあたる95.10円レベルや、オプションバリアの観測が出ている95円水準が強い下値サポートと見られる。

2009/05/14(木)21:10 95.39円
 ロンドンタイム午前はドル買い・円買いの基調は変わらず、ドル円・クロス円ともに上値の重い状態に。ドル円はダウ先物がじり安となるなか、クロス円などの下落につれて、95.10円まで下落。ただし、95円ちょうどのバリアOPをこなすほどのエネルギーもなく、全体的に低調な取引となった。クロス円は全般軟調となるなか、ダウ先物の下落を受けてユーロ円を除き安値を更新した。

2009/05/15(金)05:00 95.73円
 ダウ平均は、前日比+46.43ドルの8331.32ドルで引け。序盤は8300ドル乗せも伸び悩み一時8273.90ドルへ下落。しかし徐々に買い戻され、終盤には一時91ドル高の8376.64ドルへ上昇。大引けは上昇幅を縮小させ46ドル高となった。

2009/05/15(金)06:00 95.79円
 14日NYタイムは米株価が底堅く推移するなか、クロス円の買戻し、ドル戻り売りが優勢となった。ドル円も、底堅い株価動向にともなって、クロス円と同様に安値圏から上昇。95円前半から下方向をうかがう様相を見せつつも下げ渋り、ストップロスの買い狙いで95.86円まで上昇した。ただ、一気に買い上げられるには至らず、95円後半で膠着する場面も長く続いた。

相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

スポンサーサイト



日刊ドル円の流れ 2009/05/01(金)

2009年05月02日 09:05

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/05/01(金)

 06:00 98.62円 [Comment]
 06:26 98.56円 オセアニア市場でのドル円は、98円台半ば底堅く推移
 06:30 98.55円 
 07:00 98.54円 
 07:10 98.57円 [Comment]
 07:30 98.55円 
 07:46 98.62円 シカゴ先物のNYダウは、前日比20ドル安で推移 

 07:50 98.66円 GC
 08:00 98.69円 
 08:09 98.73円 クロス円主導で円売りが先行、ユーロ円は130.82円で推移
 08:25 98.70円 ユーロ円は、一時130.87円まで上昇。米系の買いが観測
 08:30 98.71円 
 08:37 98.81円 3月失業率は予想より悪い結果となったが、市場の反応は限定的
 08:55 98.91円 98.99円まで上昇。円売りの流れが継続
 09:00 98.88円 日経平均株価は、前日比20円高の8848円で寄り付き
 09:11 99.12円 続伸。買い誘発ストップロスを巻きみ、一時99.15円まで上昇
 09:30 99.01円 
 09:48 99.10円 99円近辺で堅調。海外勢のショートカバーなどの買戻し
 10:00 98.95円 
 10:30 98.90円 
 10:35 98.88円 円安が一服。日経平均が続伸スタートのあと、上げ渋り
 10:57 98.81円 小幅反落。個人投資家の利益確定売りを観測 

 11:00 98.81円 DC
 11:00 98.81円 日経平均株価は、前日比23円高の8851円で午前の取引を終了 

 11:30 98.88円 GC
 11:37 98.93円 米系の買い観測、98.93円で推移
 11:39 98.97円 シカゴ先物のNYダウは前日比10ドル安で推移
 11:50 98.94円 99円台をうかがう展開。再びジワリと円安が進行
 12:00 98.95円 [Comment]
 12:15 98.89円 ダウ先物は、8084ドルから8125ドルの狭い値幅での推移 

 12:30 98.89円 DC
 12:30 98.89円 日経平均株価は、前日比1円安の8827円で午後の取引を開始
 13:00 98.88円 日経平均株価は午後から再反発。円高一服などが押し目買いを支援
 13:03 98.87円 98円後半で推移。為替市場は動意の小さい展開となっている
 13:30 98.81円 
 14:00 98.78円 NYダウ先物は前日比18ドル安で推移。週末の調整ムード
 14:28 98.76円 98円後半でのもみ合い。依然として方向感に乏しい展開
 14:30 98.75円 
 14:38 98.83円 [Comment]
 14:50 98.85円 日経平均先物6月物9000円台を回復、現物も174円高
 15:00 98.84円 日経平均株価は、前日比149円高の8977円で午前の取引を終了 

 15:10 98.94円 GC
 15:23 98.97円 シカゴ先物の米国株は底堅さを持続。NYダウは前日水準に回復
 15:27 98.93円 99円台を回復したが上げ渋り。輸出勢の売りが観測
 15:30 98.95円 
 15:45 99.13円 円が再下落する展開。円安・外貨高の流れが継続
 15:55 99.03円 ダウ先物は前日比-1ドルの8125ドルまで下げ幅縮小
 16:00 99.03円 
 16:11 99.15円 一時99.21円まで本日高値をわずかに更新
 16:30 99.17円 
 17:00 99.29円 [Comment]
 17:09 99.36円 [Comment]
 17:11 99.33円 上昇。徐々にドル買いが優勢となり99.38円まで上昇幅を拡大
 17:30 99.36円 
 17:53 99.53円 ドル円は99.58円へ上昇。99.50-80円付近は邦銀筋の売りが観測
 18:10 99.45円 欧州株は大陸市場が休場の為、動意が乏しく小幅高水準で推移
 18:30 99.40円 
 18:49 99.35円 一時99.58円前後まで上値を伸ばしたが、99.30円台に小幅軟化
 19:00 99.37円 
 19:19 99.27円 ダウ先物は小幅高、8151ドル(+25)
 19:30 99.33円 

 19:40 99.33円 DC
 20:00 99.31円 
 20:30 99.29円 
 20:48 99.22円 [Comment]
 21:00 99.21円 シカゴ市場の米株先物は、前日比34ドル高の8160ドルで推移
 21:30 99.35円 

 21:40 99.41円 GC
 22:00 99.46円 
 22:09 99.40円 ダウ先物は小幅高、8145ドル(+19)
 22:15 99.38円 [Comment]
 22:30 99.43円 ダウ平均は前日比-0.71ドルの8167.41ドルで寄り付き
 22:45 99.31円 米国株市場でNYダウは、前日比33ドル安とやや下げ幅を拡大
 23:00 99.47円 
 23:07 99.37円 99円前半でもみ合い。為替相場の動きは極めて鈍い状況 

 23:10 99.35円 DC
 23:10 99.35円 ドル円は乱高下。米経済指標は好悪まちまちで思惑が交錯
 23:15 99.32円 ドル円は上げ渋り。週末調整などから上値は重い
 23:25 99.15円 99.10円台前半まで水準を下げて推移。米株が週末要因で売りが優勢
 23:30 99.14円 
 23:48 99.33円 円買い戻しが一服。NYダウが根強い押し目買い優勢で下げ幅縮小

2009/05/02(土)
 00:00 99.32円 [Comment]
 00:30 99.29円 
 01:00 99.24円 
 01:20 99.31円 NYダウは、前日終値を挟んでの取引、8169.08(前日比+0.96)で推移
 01:30 99.28円 
 01:35 99.30円 99円前半で膠着。為替相場は動意薄の状態が継続 

 01:40 99.39円 GC
 01:40 99.39円 欧州株式市場は、やや方向感不在で小幅安
 02:00 99.40円 
 02:30 99.47円 
 02:34 99.52円 [Comment]
 02:35 99.49円 ダウ平均が小幅高ながら本日高値を更新。クロス円も買い優勢に
 03:00 99.46円 
 03:30 99.38円 
 03:50 99.35円 英株は反落。週末要因のため動きは限定的で小幅反落 

 04:00 99.35円 DC
 04:04 99.34円 99円台前半に軟化。NYダウの騰落に左右される状況
 04:30 99.25円 
 04:40 99.25円 NYダウが再びマイナス圏へと転落。クロス円も値を崩す展開で推移
 05:00 99.25円 [Comment]
 05:30 99.31円 シカゴ日経先物は3日続伸。終値は9,150.0(前日比+255.0)
 06:00 89.14円 [Comment]



[Comment]

2009/05/01(金)06:00 98.62円
 NYタイムはややドル買い優勢の展開。クライスラーが破綻申請をしたものの、同時に再建に向けて政府支援の継続が発表されたことも好感されたため、リスク回避の動きは限定的なものに止まった。欧州時間からのユーロ売りの流れも一服。ドル円も米銀からの買いで99.00円まで上昇したロンドンフィックス後も、98円後半の水準を維持した。

2009/05/01(金)07:10 98.57円
 オセアニアタイムの為替市場はここまで小動き。シドニーやウェリントンはオープンしているものの、アジアタイムは中国、香港、韓国、シンガポールなどが休場となることもあり、このあとも大きな価格変動は期待できないとの声は少なくない。

2009/05/01(金)12:00 98.95円
 東京タイムの午前では、アジア各国がメーデーのため休暇中で取引量が少ない状況のなか、ドル円・クロス円は買い先行でストップロスを巻き込みながら上昇した。ドル円は、ユーロ円に米系短期筋からの買い戻しが入って131.52円まで上昇幅を広げる動きに合わせ、一時99.17円まで上昇した。その他のクロス円もこの動きにつられ、それぞれ本日高値を更新した。

2009/05/01(金)14:38 98.83円
 日経平均株価は再び上げ幅を拡大。連休を前に先物などで買い戻しが見られ、前日比110円高へと上げ幅を拡大させてきた。為替相場では大型連休を控えた国内輸出企業などのドル売りやユーロ売りが厚く、円安は限定的に。

2009/05/01(金)17:00 99.29円
 午後の東京市場はドル円・クロス円が堅調。クロス円に実需筋の買いが入ったことも追い風となった。ユーロ円は、一時132.00円まで上昇した。その他クロス円通過もそれぞれ上昇幅を拡大させた。ドル円はクロス円の上昇に連れ高となったほか、米系の買いが断続的に入っていたことから、一時99.36円まで買われた。

2009/05/01(金)17:09 99.36円
 欧州市場序盤の取引では、欧州大陸の市場の大半が休場となるなかで、ドル円は99円台に乗せた後も、しっかりとした足取りで本日高値を更新中である。銀行関係者によると、98円台半ばでは厚い押し目買い注文が下値を支えてきたと観測され、ドル急落前の4月20日高値99.42円レベルを窺っている。

2009/05/01(金)20:48 99.22円
 午前のロンドン市場はクロス円が上昇。欧州がメーデーで主要市場が休場となるなか、ロンドン勢の動きを中心とした相場となった。ポンド円は、一時148.35円まで上昇、その他のクロス円もつれ高となり、それぞれ上昇幅を拡大させた。ドル円については、クロス円の上昇とドルストレートのドル売りに挟まれ、動きは鈍く、99円前半を中心としたもみ合いとなった。

2009/05/01(金)22:15 99.38円
 NYダウ先物は上げ幅を縮小。経済指標や企業決算の改善を受けた底堅さは続く一方、週末調整や豚インフルの被害拡大、来週のストレステスト結果発表などに神経質な地合いとなっている。

2009/05/02(土)00:00 99.32円 
 ロンドンフィックスまでの為替相場は手がかりに乏しいなかでもみ合う展開。強い米指標群に対する反応も極めて限定的だった。ドル円は、99円前半の高値圏でもみ合い。米株が週末要因の利食いで下げると、つれて99.10円台を窺ったものの下値は限定的だった。

2009/05/02(土)02:34 99.52円
 NYダウが8.200ドルの節目を試す水準まで上値を拡大している事を受け、ドル円は徐々に下値を切り上げ、99.50円付近で推移。他通貨では動意薄の展開が続く中、本日高値を窺う水準まで上昇している。

2009/05/02(土)05:00 99.25円
 ダウ平均は前日比+44.29ドルの8212.41ドルで引け。売買が交錯し方向感に欠ける推移だったが、引けにかけて急速に買い戻されて8,200ドル台を回復した。

2009/05/02(土)06:00 89.14円
 NYタイムの為替相場は手がかりに乏しいなかでもみ合う展開。月初のフィックスでも、大きな動きも見られなかったほか、強い米指標群に対する反応も極めて限定的。ドル円は、99円前半の高値圏でもみ合い。米株が週末要因の利食いで下げると、つれて99.10円台を窺ったものの下値は限定的だった。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ドル円の流れ5月01日 早刷1版

2009年05月01日 15:26

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/05/01(金)①

 06:00 98.62円
 NYタイムはややドル買い優勢の展開。クライスラーが破綻申請をしたものの、同時に再建に向けて政府支援の継続が発表されたことも好感されたため、リスク回避の動きは限定的なものに止まった。欧州時間からのユーロ売りの流れも一服。ドル円も米銀からの買いで99.00円まで上昇したロンドンフィックス後も、98円後半の水準を維持した。

 06:26 98.56円 オセアニア市場でのドル円は、98円台半ば底堅く推移
 06:30 98.55円 
 07:00 98.54円 

 07:10 98.57円
 オセアニアタイムの為替市場はここまで小動き。シドニーやウェリントンはオープンしているものの、アジアタイムは中国、香港、韓国、シンガポールなどが休場となることもあり、このあとも大きな価格変動は期待できないとの声は少なくない。

 07:30 98.55円 
 07:46 98.62円 シカゴ先物のNYダウは、前日比20ドル安で推移 

 07:50 98.66円 GC
 08:00 98.69円 
 08:09 98.73円 クロス円主導で円売りが先行、ユーロ円は130.82円で推移
 08:25 98.70円 ユーロ円は、一時130.87円まで上昇。米系の買いが観測
 08:30 98.71円 
 08:37 98.81円 3月失業率は予想より悪い結果となったが、市場の反応は限定的
 08:55 98.91円 98.99円まで上昇。円売りの流れが継続
 09:00 98.88円 日経平均株価は、前日比20円高の8848円で寄り付き
 09:11 99.12円 続伸。買い誘発ストップロスを巻きみ、一時99.15円まで上昇
 09:30 99.01円 
 09:48 99.10円 99円近辺で堅調。海外勢のショートカバーなどの買戻し
 10:00 98.95円 
 10:30 98.90円 
 10:35 98.88円 円安が一服。日経平均が続伸スタートのあと、上げ渋り
 10:57 98.81円 小幅反落。個人投資家の利益確定売りを観測 

 11:00 98.81円 DC
 11:00 98.81円 日経平均株価は、前日比23円高の8851円で午前の取引を終了 

 11:30 98.88円 GC
 11:37 98.93円 米系の買い観測、98.93円で推移
 11:39 98.97円 シカゴ先物のNYダウは前日比10ドル安で推移
 11:50 98.94円 99円台をうかがう展開。再びジワリと円安が進行

 12:00 98.95円
 東京タイムの午前では、アジア各国がメーデーのため休暇中で取引量が少ない状況のなか、ドル円・クロス円は買い先行でストップロスを巻き込みながら上昇した。ドル円は、ユーロ円に米系短期筋からの買い戻しが入って131.52円まで上昇幅を広げる動きに合わせ、一時99.17円まで上昇した。その他のクロス円もこの動きにつられ、それぞれ本日高値を更新した。

 12:15 98.89円 ダウ先物は、8084ドルから8125ドルの狭い値幅での推移 

 12:30 98.89円 DC
 12:30 98.89円 日経平均株価は、前日比1円安の8827円で午後の取引を開始

 13:00 98.88円 日経平均株価は午後から再反発。円高一服などが押し目買いを支援
 13:03 98.87円 98円後半で推移。為替市場は動意の小さい展開となっている
 13:30 98.81円 
 14:00 98.78円 NYダウ先物は前日比18ドル安で推移。週末の調整ムード
 14:28 98.76円 98円後半でのもみ合い。依然として方向感に乏しい展開
 14:30 98.75円 

 14:38 98.83円
 日経平均株価は再び上げ幅を拡大。連休を前に先物などで買い戻しが見られ、前日比110円高へと上げ幅を拡大させてきた。為替相場では大型連休を控えた国内輸出企業などのドル売りやユーロ売りが厚く、円安は限定的に。

 14:50 98.85円 日経平均先物6月物9000円台を回復、現物も174円高
 15:00 98.84円 日経平均株価は、前日比149円高の8977円で午前の取引を終了


・・・・・・・・・・・・・・  To be Continue  〓 〓


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



ドル円の流れ4月24日 早刷1版

2009年04月24日 16:59

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/24(金)①

 06:00 97.96円
 NYタイムはドル売り優勢。ドルストレートが全般的にドル売り・他通貨買いの動きとなった。クロス円もドルストレートの動きが波及し、ユーロ円が一時128.95円、ポンド円は144.47円まで上昇幅を拡大させた。ドル円はドルストレートでのドル売りを受けて上値も重く、98円前半から97.70円近辺まで反落した。ただ、下値も限定的だった。

 06:30 98.07円 
 07:00 98.00円 
 07:10 97.99円 オセアニアタイムの為替市場は小幅に円高。短期筋の売買が目立つ
 07:30 97.96円 

 08:00 97.93円 DC
 08:30 97.91円 
 09:00 97.86円 日経平均、寄り付きは-14.91円の8832.10円
 09:20 97.78円 97.70円台まで下落。為替市場は円買い優勢
 09:30 97.81円 
 10:00 97.76円 
 10:05 97.77円 ドル買い・円買いとなるなか、ドル円は97.74円まで下落
 10:30 97.77円 
 11:00 97.79円 日経平均株価は、前日比29円安の8817円で午前の取引を終了
 11:16 97.31円 97.31円まで下落、新たに米系の売り観測

 11:23 97.27円
 ドル円は22日の安値97.57円を下抜け、3月30日以来の安値97.21円まで下落。それ以前に売りを出していた米系以外に、別の米系の売りも加わって、99.50円のストップロスの売りをつけて下落が加速した。

 11:30 97.33円 

 11:36 97.35円
 ドル円にはストップロスをつける動きのほかに、海外リアルマネー系の売りがかなり入ったもようで、97.21円まで下落。この動きを受けて、クロス円も売られた。 ユーロ円は127.83円まで、ポンド円は142.58円まで本日安値を更新。

 11:57 97.23円 下げ渋り。97.20-30円から97.00円にかけては、押し目買いが散見
 12:00 97.23円 
 12:12 97.33円 97.12円まで下落幅を拡大。97.00円以下には、断続的に買いが観測
 12:20 97.30円 NYダウ先物は前日比35ドル安で推移
 12:30 97.32円 日経平均株価は、前日比35円安の8811円で午前の取引を開始

 12:35 97.31円
 東京タイム午前、序盤ドル円やクロス円は上値の重い展開ながら限定的な値動き。しかし、次第にドル円にストップロス狙いや海外リアルマネー系の売りが入って下落が進行。22日の安値97.57円、その下のストップロスの売りが観測された97.50円を下抜け、一時97.12円まで売られ、3月30日以来の安値水準に達した。クロス円も次第に売りが強まり、ユーロ円は127.75円まで本日安値を更新した。

 13:00 97.35円 
 13:05 97.38円 日経平均が午後から下げ渋り、円高圧力が小康状態
 13:15 97.28円 日経平均株価は再び下げ幅を拡大。前日比100円安に下落

 13:22 97.18円
 ドル円は上値の重い動き。96.50-97.00円にかけては米系短期筋や本邦輸入の買いが並んでいるとあって、一時97.40円手前まで反発した。ただ、下値を拾って買い上げていく動きも限られ戻りは鈍く、上値の重い動きとなっている。

 13:30 97.17円 
 13:41 97.02円 日経平均は一時、前日比-137.60円の8709.41まで下げ幅を拡大
 13:43 97.05円 続落。一時3月30日以来となる96円割れの場面が見られた
 14:00 97.12円 
 14:15 97.07円 シカゴ先物のNYダウは前日比60ドル安で推移
 14:30 97.02円 
 14:38 97.03円 後場の日経平均株価は、100円超下落の軟調推移
 14:43 96.96円 ドル売りが強まり、96.90円まで下落幅拡大

 14:45 97.06円
 午後の東京外為市場のドル円は、米財務省が米自動車大手クライスラーに対して破産法適用の申請を準備するよう指示したとの米紙報道や日経平均株価の軟調を受けた投資家のリスク回避の円買いが優勢となり97円割れ攻防。

 15:00 97.03円
 日経平均は-139.02円の8707.99円で大引け。本格化する09年3月期の決算発表を見極めたいとして積極的な買いが控えられる中、米財務省が米自動車大手クライスラーに対して破産法適用の申請を準備するよう指示したとの米紙報道や96円台への円高進展などが嫌気されて後場一段安を辿り、結局、前日比139円安の8707円と反落して取引を終えた。

 15:20 97.09円 シカゴ先物のNYダウは前日比42ドル安と下げ渋りで推移
 15:30 96.89円 
 15:40 96.81円 96.70円まで下げ幅を拡大。海外ヘッジファンドの投げが出ている
 15:58 96.73円 米国株の先物取引ではNYダウが前日比36ドル安と下げ渋るり
 16:00 96.70円 
 16:07 96.73円 誘発ストップロスを巻き込み、一時96.60-65円の安値まで下落
 16:30 96.77円 欧州株市場は小幅高でスタート



・・・・・・・・・・・・・・  To be Continue  〓 〓


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ドル円の流れ4月22日 早刷1版

2009年04月22日 15:11

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/22(水)①

 06:00 98.70円
 NYタイムはドル円・クロス円堅調。ダウ平均が寄り付き直後は軟調に推移したことから、ドル円・クロス円は上値が重かった。しかし、売りが一巡し、ダウ平均が徐々に上昇基調となると、買い優勢の地合いが顕著となった。ドル円はCTA系や米系の買いが入ったことから、上昇幅を拡大。98.70円に観測されていたストップロスの買いをこなすと、一時98.92円まで上昇した。
 

 06:20 98.71円 DC
 06:30 98.69円 
 07:00 98.65円 
 07:20 98.62円 オセアニアタイムの為替市場で主要通貨はここまで揉み合い
 07:30 98.61円 
 08:00 98.65円 
 08:30 98.69円 
 08:41 98.65円 99-100円には戻り売り・97円から下は買いオーダーが観測される
 08:54 98.58円 レンジ内で小動き。3月貿易統計は小幅黒字だが、反応は限定的
 09:00 98.52円 日経平均株価は、前日比66円高の8777円で寄り付き
 09:16 98.48円 膠着ながら、やや円が強含み。日経平均は上げ渋り、円高先行
 09:30 98.50円 98.49円まで下落。邦銀筋からの売りが観測
 09:49 98.58円 シカゴ先物のNYダウは前日比30ドル安で推移
 09:55 98.57円 機関投資家のドル買い・円売りが観測され、やや底堅い値動き
 10:00 98.56円 98.46円まで下落後、98円半ばで推移。英系の買いが観測
 10:25 98.45円 98.42円まで本日安値を更新。米系からまとまった売りが観測
 10:30 98.44円 
 10:45 98.36円 為替市場は円買い優勢。クロスでも円高が進行する展開
 11:00 98.26円 日経平均株価は、前日比1円安の8709円で午前の取引を終了
 11:05 98.23円 一時98.22円まで下落。日経平均が上値重く、ドル買い・円買いに
 11:30 98.30円 
 12:00 98.35円 

 12:03 98.35円
 東京タイム午前は、ガイトナー米財務長官発言で盛り返した基調が持続せず。日経平均が失速したこともあって、ドル買い・円買いの動きが強まるかたちとなった。ドル円はNYタイムで99円手前の重さを確認。99円台にはストップロスの買いが観測されたものの、それ以上に戻り売りが厚い状況となるなか、プロップ系の売りやクロス円での実需の売りなどがかさみ、一時98.22円まで下落した。

 12:30 98.28円 日経平均株価は、前日比8円安の8703円で午後の取引を開始
 12:37 98.21円 一時97.17円と本日安値を更新。クロス円が主導の円買いが優勢
 12:42 98.18円 円高地合いが継続。日経平均株価が午後から小幅マイナス
 12:55 98.13円 シカゴ先物のNYダウは、前日比40ドル安で推移
 12:59 98.12円 一時98.07円まで下値を拡大。輸出筋の売りが観測された
 13:00 98.11円 
 13:15 98.17円 円高地合いで膠着。日経平均株価は小幅プラスを回復され円高一服
 13:22 98.14円 ユーロ円はジリ安となっており、一時126.75円まで下落
 13:30 98.16円 
 14:00 98.25円

 14:20 98.28円 GC
 14:30 98.34円 
 15:00 98.28円 日経平均株価は、前日比15円高の8727円と小幅反発で大引け



・・・・・・・・・・・・・・  To be Continue  〓 〓


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ





最近の記事