FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/04/15(水)

2009年04月16日 09:17

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/15(水)
 06:00 98.97円 [Comment]
 06:21 98.90円 NYクローズ直後に一時円高が進み、98.72円と昨日の安値を更新 

 06:30 98.81円 DC
 07:00 98.80円 
 07:10 98.80円 早朝オセアニアタイムの為替市場はやや円高で推移
 07:30 98.90円 

 07:40 98.88円 GC
 08:00 98.98円 
 08:30 98.88円 
 09:00 98.99円 日経平均、寄り付きは-65.00円の8777.68円
 09:23 99.08円 ゴトー日仲値決済という要因により、やや円が弱含み
 09:27 99.06円 小幅に上昇。やや買い優勢に。99.15円まで上昇
 09:30 99.04円 
 09:50 98.87円 輸出企業などから散発的な円買いが持ち込まれ、ジリ安の傾向
 09:59 98.71円 98.68円まで下押し、昨日安値を下抜ける 

 10:00 98.74円 DC
 10:09 98.82円 98.68円まで下落し、昨日のNY時間に示現した安値を下抜け
 10:30 98.78円 
 10:55 98.61円 98円半ば割れをうかがう値動き。円が再び買われる展開
 10:57 98.59円 ドル円はファンド系からの売りも入り、98.58円へ下押し
 11:00 98.63円 日経平均は-74.33円の8768.35円で前引け
 11:30 98.62円 
 11:51 99.47円 [Comment]
 12:00 98.54円 
 12:30 99.48円 日経平均株価は、前日比103円安の8739円で午後の取引を開始
 13:00 98.38円 
 13:13 98.33円 [Comment]
 13:30 98.31円 
 13:51 98.31円 98.15円まで下落。ドル円・クロス円ともに軟調
 14:00 98.32円 
 14:30 98.41円 円高が一服。日経平均株価が80円安へと下げ幅を縮小
 14:45 98.47円 200日移動平均線が位置する98.96円を意識した上値の重い展開に 

 14:50 98.46円 GC
 15:00 98.47円 [Comment]

 15:10 98.46円 DC
 15:15 98.44円 シカゴ先物のNYダウは45ドル安で推移
 15:30 98.28円 

 16:00 98.43円 GC
 16:07 98.52円 欧州外為市場ではドル買い戻しが先行。ドル円の下支えに作用
 16:30 98.57円 
 16:33 98.57円 シカゴ先物のNYダウは20ドル安へと下げ幅を縮小
 17:00 98.74円 
 17:05 98.76円 欧州時間にはいり、小幅に反発し98円後半で堅調に推移
 17:17 98.93円 99円台に迫る展開で堅調に推移継続
 17:28 98.82円 ダウ先物が前日比プラスを回復するなか、一時99円近辺まで上昇
 17:30 98.83円 
 17:51 99.03円 [Comment]
 17:59 99.11円 99.17円まで上昇。わずかながら本日高値を更新
 18:00 99.10円 
 18:30 98.95円 
 19:00 99.03円 
 19:30 98.97円 
 20:00 99.12円 
 20:16 99.37円 99.42円まで本日高値を更新。ダウ先物が7900ドル大台を回復
 20:22 99.33円 シカゴ市場の米株先物は、前日比16ドル高の7900ドルで推移
 20:30 99.32円 
 21:00 99.40円 
 21:21 99.23円 ダウ先物は7917ドルまで上昇した後は反落
 21:30 99.24円 
 21:34 99.38円 [Comment]
 22:00 99.37円 
 22:05 99.45円 ドル円は99.50円にストップ買い、100.00円に売り観測
 22:09 99.55円 ドル円は99円半ばのストップこなし、一時99.64円へ上昇
 22:17 99.53円 [Comment]
 22:25 99.42円 99.68円まで本日高値を更新。その後小幅に水準を下げて推移
 22:30 99.43円 ダウ平均は前日比-5.26ドルの7914.92ドルで寄り付き
 22:50 99.43円 99.50円には本邦勢の売りが観測され上値の重い動き
 23:00 99.52円 
 23:06 99.49円 99.50円前後まで水準を上げて推移。ダウ平均が前日比プラスに反発
 23:15 99.53円 15日米国株市場でNYダウは小幅に上昇。決算発表の業績上振れ期待
 23:18 99.51円 99円半ばでもみ合い。邦銀の買いと米系の売りが観測されている
 23:30 99.54円 
 23:55 99.47円 前日比プラス域で推移していたNYダウは、上げ幅を縮小 


2009/04/16(木)
 00:00 99.40円 
 00:00 99.40円 
 00:03 99.40円 NYダウの小幅な値動きとあいまって、動意なく99.40円付近で推移 

 00:10 99.34円 DC
 00:30 99.36円 [Comment]
 00:50 99.34円 欧州株式市場は総じて軟調な展開
 01:00 99.37円 
 01:30 99.31円 
 02:00 99.32円 
 02:10 99.27円 ダウ平均は上昇幅を拡大し一時8000ドルを回復
 02:30 99.12円 
 02:38 99.11円 99.10円台水準まで下落。調整と見られる円の買い戻しで反落
 02:56 99.02円 円高の動き継続。一時98円台の取引
 03:00 99.09円 
 03:15 99.17円 公表されたベージュブックを好感し、一時99.30円まで反発
 03:19 99.13円 ベージュブックへの市場の反応は限定的。99.10円前後で推移
 03:30 99.09円 
 03:35 99.14円 欧州株は反落。セクター別では素材や金融などが軟調に推移
 03:42 99.15円 ダウ平均は7980ドル近辺まで反発後、は7920ドル前後まで反落
 03:52 98.19円 NYダウは、一時8,000ドル回復後、は上値の重い取引
 04:00 99.21円 
 04:25 99.25円 全般動意は小さいものの99円前半で底堅く推移
 04:30 99.22円 

 04:40 99.24円 GC
 05:00 99.31円 [Comment]
 05:25 99.23円 ダウ平均が反発したことを受けて、99.45円前後までジリ高
 05:30 99.42円 
 05:45 99.36円 シカゴ日経先物は小幅反発して、前日比40円高の8,925円で引けた
 06:00 99.37円 [Comment]



[Comment]

2009/04/15(水)06:00 98.97円
 NYタイムでは米経済指標の悪化を受けてダウ平均が下落するなか、リスク回避に伴った円買い戻しが優勢となった。ドル円は、東京タイムでの安値を下抜けると、売りが加速。一時98.74円まで下落した。同水準では、押し目買い意欲も強いようで下げ渋ったが、反発も限られると、その後は98.80円を中心としてもみ合った。

2009/04/15(水)11:51 99.47円
 午前の東京市場は円買い優勢の展開に。前日の米株安を受けて日経平均が軟調推移となったこともあり、リスク回避の円買いの動きが継続した。ドル円もゴトー日にもかかわらず不足額が少く売り優勢の動きとなった。本邦機関投資家やファンド勢からの売りもあって、98.40円まで下落し、昨日安値を早い段階で下抜けた。

2009/04/15(水)13:13 98.33円
 15日東京外為市場ではドル円、クロス円で円高が継続。日経平均が130円安と下げ幅を拡大させており、15日の米鉱工業生産の悪化懸念もあってリスク回避の円買い戻しと外貨の売り戻し地合いが続いている。ドル円は断続的にドル売り誘発ストップロスを巻き込み、一時98.30-35円のドル安値まで値を下げた。25日移動平均線の位置する98.50-55円の本格維持を巡る攻防になってきた。

2009/04/15(水)15:00 98.47円
 日経平均は-99.72円の8742.96円で大引け。米国で前日発表された3月小売売上高が減少したことを受け先行きの輸出動向に対する警戒感が広がり、円相場が98円台前半へと円高が進んだことも嫌気されて主力輸出関連株中心に売られ、結局、前日比99円安の8742円と3日続落して取引を終えた。

2009/04/15(水)17:51 99.03円
 欧州外為市場でドル円はドルが続伸。米株先物の反発や16日の中国経済指標の上振れ観測などから、リスク回避の円高が一服している。ドル円は99円超えからドル買い誘発ストップロスをこなし、堅調な推移を継続。

2009/04/15(水)21:34 99.38円
 NY外為市場でドル円は、ドルが上げ渋りも底堅さを維持。米国の4月NY連銀製造業景況指数が予想ほど悪化せず、4月からの景気下げ止まりが再確認されたほか、コアCPIが予想を上回ったことでデフレ懸念も後退している。

2009/04/15(水)22:17 99.53円
 NY外為市場でドル円はドルが上げ渋り。米国の鉱工業生産が予想を下回り、改めて米国減速の根深さが確認された。一方で他の経済指標は上振れが相次いでおり、ドル買い遅れオーダーや買い戻しの取り残しもあって下値は限られている。

2009/04/16(木)00:30 99.36円
 LDNFIXにかけては、発表され米経済指標が強弱まちまちとなり、ドル円・クロス円は全般方向性の見定め難い展開となった。ドル円は、予想より強いNY連銀製造業景況指数を受けて買いが先行し、一時99.68円まで本日高値を更新したが、次に発表された米鉱工業生産が弱い結果となったことで上値は重くなり99.40円前後まで押し戻された。その後は、邦銀の買いと米系の売りが拮抗する格好となり99円半ばでもみ合った。

2009/04/16(木)05:00 99.31円
 ダウ平均は、前日比+109.44ドルの8029.62ドルで引け。朝方発表された3月鉱工業生産が予想を下回ったことからオープン直後から売られた。しかしその後公表されたベージュ・ブックで「一部縮小ペースが鈍化」したことが確認されると、カード大手アメックスや銀行大手JPモルガン・チェースなど金融株などが大きく買われ指数を押し上げ、結局この日の高値圏で引けた。

2009/04/16(木)06:00 99.37円
 為替相場のNYタイムでは方向感の見定め難いなか、ドル円・クロス円は株価の上昇を受けて全般底堅い推移。ドル円は、NY連銀製造業景況指数が予想より強かったことなどから買いが先行。一時99.68円まで本日高値を更新。その後、株価が軟調となったことでいったん99円前後まで下押したが、終盤にかけ株価が大幅反発すると、99円半ばまで水準を戻した。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/108-1b11b5b0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事