FC2ブログ

週刊ドル円の流れ 2009/04/13週

2009年04月19日 09:55

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン


2009/04/13(月)
 07:00 100.24円 GC
 07:10 100.37円 本日もオセアニア市場が休場のため週明け早朝の為替市場は静か
 07:30 100.37円 
 07:56 100.38円 シカゴ先物のNYダウは、前営業日比40ドル安で推移
 08:00 100.33円 
 08:30 100.38円 
 08:55 100.33円 アジア市場も市場は閑散で静かなスタート
 09:00 100.41円 日経平均、寄り付きは-33.76円の8930.35円

 09:10 100.27円 DC
 09:17 100.27円 本邦機関投資家からの売り観測され、ドル円は100.24円まで小緩む
 09:30 100.23円 
 09:37 100.33円 日経平均株価は下落スタートののち小幅に反発。先週末比11円高

 10:00 100.36円 GC 
 10:03 100.44円 100.44円前後で揉み合い。イースター休日で引き続き様子見ムード
 10:10 100.43円 100.40円台で推移。モデル系からの売りに反応せず
 10:26 100.41円 日経平均株価は一時9000円台を回復したが、その後再び反落
 10:30 100.36円 
 10:49 100.46円 イースター休日で市場参加者が少ない中で様子見ムードが強い
 11:00 100.39円 日経平均は前週末比6円安の8957円と小幅反落で前場取引を終了
 11:30 100.36円 

 11:40 100.35円 DC
 11:51 100.35円 [Comment]
 11:55 100.36円 米財務省がGMに破産法を準備するよう指示との報道も反応は限定的
 12:00 100.35円 
 12:30 100.34円 後場の日経平均株価は、前週末比29円の8934円と小幅反落で寄付き
 13:00 100.38円 日経平均株価は小幅反落で寄り付いた後、32円高の小幅続伸 GC
 13:25 100.43円 シカゴ先物のNYダウは前営業日比30ドル安で推移
 13:30 100.38円  

 13:40 100.42円 GC
 13:47 100.43円 アジア株式市場は総じて堅調に推移。リスク回避後退の流れは持続
 13:50 100.44円 日経平均は小幅高、+22.78円の8986.89円で推移
 14:00 100.47円 
 14:04 100.45円 100.44円前後で膠着。市場参加者が少なく様子見ムードが強い
 14:28 100.38円 日経平均は小幅安に反落してきたが、動意の乏しい展開
 14:30 100.37円 [Comment]
 15:00 100.41円 [Comment]
 15:22 100.42円 じり高の動きに。底堅く100円半ばで推移
 15:30 100.41円 
 16:00 100.48円 
 16:20 100.64円 ドル買い誘発ストップロスを巻き込み、一時100.73円まで上昇
 16:30 100.61円 
 16:49 100.56円 [Comment]
 17:00 100.65円 
 17:30 100.64円 
 18:00 100.65円 
 18:30 100.56円 

 19:00 100.55円 DC
 19:22 100.62円 100.60円付近で揉み合い。米株先物はやや軟調に推移
 19:30 100.57円 
 20:00 100.53円 
 20:13 100.58円 やや軟調ながら底堅く、100.55-60円レベルで推移
 20:18 100.52円 ダウ先物は小幅安。-46ドルの7971ドルで推移している。
 20:30 100.53円 
 20:50 100.45円 [Comment]
 21:00 100.52円 
 21:27 100.41円 100円半ばでの推移。101.00円には売りオーダーが観測
 21:30 100.45円 
 21:35 100.43円 NY外為市場でもこう着ながら、ドルが底堅さを維持
 21:55 100.43円 シカゴ先物のNYダウは、前営業日比50ドル安で推移
 22:00 100.40円 
 22:15 100.29円 シカゴ先物のNYダウは反落が持続。金融機関の決算発表などを警戒
 22:30 100.28円 ダウ平均は前日比-1.36ドルの8082.02ドルで寄り付き
 22:43 100.28円 円の買い戻しが優勢に。NYダウが100ドル安と下げ幅を拡大
 22:48 100.30円 反落し、100.27-32円レベルでの推移。NYダウは軟調な展開継続
 23:00 100.29円 
 23:05 100.28円 米株は大幅反落。GMへの破産申請法の準備命令の報道などが要因
 23:09 100.33円 円高が一服。NYダウが反落のあと、90ドル安で下げ渋り
 23:14 100.26円 [Comment]
 23:27 100.28円 円高が一服。NYダウが大幅な反落ののち、下げ幅を縮小
 23:30 100.30円 
 23:45 100.29円 NYダウが再下落。自動車大手の破産法申請リスクなどが重石
 23:55 100.28円 ドル売りが優勢に。欧州通貨を中心としてドル売りが再び優勢
2009/04/14(火)
 00:00 100.29円 
 00:19 100.25円 LDNFIXにかけて全般的なドル売りの流れとなり、100.25円に反落
 00:30 100.29円 
 00:45 100.07円 米株式市場は、前日比100ドル以上のマイナス
 00:45 100.07円 ドル売りが継続。ユーロドル、ポンドドルも上昇幅を拡大
 01:00 100.12円 
 01:10 100.05円 NYダウは一時前日比約200ドル安(2.5%安)の7,963.75ドルまで下落
 01:30 100.10円 ドル円が本日の安値圏での取引ながら、やや買い戻されて取引
 01:53 100.03円 ドル売りの流れにじり安の展開となり、100.03円まで下げ幅拡大
 02:00 100.06円 
 02:20 100.15円 100.03円の本日安値を更新後、やや反発してもみ合いで推移
 02:30 100.16円 
 02:52 100.09円 NYダウは、約120ドル安の急落から約40ドル安まで反発
 03:00 100.12円 
 03:30 100.10円 
 03:40 100.08円 [Comment]
 04:00 100.07円 
 04:30 100.14円 
 04:33 100.11円 株式市場は反発。ダウ平均は前日終値(8083.38ドル)近辺まで回復+
 04:40 100.08円 NYダウは、終盤にかけ反発し、前日比プラス圏まで戻した
 05:00 100.03円 ダウ平均比は13日、前日比-25.57ドルの8057.81ドルで引け
 05:30 100.09円 
 05:35 100.05円 シカゴ日経先物は、前日比100円安の9,020円で終了
 06:00 100.09円 [Comment]
 06:30 100.03円 
 07:00 100.05円 
 07:10 100.09円 オセアニアタイムの為替市場は揉み合い。ここまでは小動き
 07:30 100.05円 
 08:00 100.03円

 08:10 100.09円 GC
 08:30 100.14円 
 08:49 100.37円 一時100.43円まで上昇。ドル円・クロス円が堅調な動き
 09:00 100.31円 日経平均、寄り付きは+31.47円の8955.90円
 09:05 100.31円 100.30円台と本日のドル高値圏で推移
 09:19 100.38円 円安地合いが持続。日経平均株価は反落に転じている
 09:30 100.29円 
 09:32 100.32円 日経平均が反落。好材料の出尽くしでの利益確定売りが観測
 09:34 100.28円 100.20円台まで反落。クロス円の下落に連れ安
 10:00 100.24円 
 10:05 100.05円 100円を割り込み、99.95円まで下落。邦銀からの売り観測 

 10:20 100.07円 DC
 10:30 99.92円 [Comment]
 10:34 99.91円 下落が継続。99.86円まで下げ幅を拡大
 10:54 99.83円 昨日安値も下抜けて、99.79円まで下落
 10:58 99.84円 下値を窺う動きを継続。デル系の売りがドル円に集中
 11:00 99.86円 日経平均は-113.35円の8811.08円で前引け
 11:30 99.78円 
 11:38 99.68円 本邦資本筋からの売り観測、99.61円まで下落
 11:40 99.68円 円買いの動きが止まらず。99円半ばをうかがう様相
 11:57 99.68円 [Comment]
 12:00 99.72円 
 12:03 99.73円 本邦勢からの売りが継続。99.60円台では底堅く下げ渋り
 12:30 99.75円 日経平均株価は、前日比97円安の8827円で午後の取引を開始
 12:42 99.88円 円高が一服。日経平均が午後から下げ幅を縮小させ、円買い鈍化
 13:00 99.82円 
 13:15 99.85円 [Comment] 
 13:30 99.87円 
 13:33 99.88円 円買い・ドル売りが相まって99.88円前後で軟調裡に推移
 13:54 99.82円 99円後半で推移。経済指標などの材料にも乏しく様子見ムード
 14:00 99.83円 
 14:22 99.78円 日経平均は軟調地合い継続し-79.25円の8845.18円で推移
 14:30 99.78円 
 15:00 99.77円 日経平均株価は、前日比81円安の8842円で取引を終了
 15:22 99.80円 シカゴ市場の米株先物は、前日比48ドル安の7947ドルで推移
 15:30 99.68円 
 15:44 99.73円 NYダウ先物は前日比60ドル安で推移
 15:47 99.69円 日経平均が軟調に引け、米株価先物も安値水準で推移
 16:00 99.70円 
 16:07 99.51円 ロンドン勢の利食い売りなどが入り、99.49円まで本日安値を更新
 16:30 99.58円 
 16:44 99.54円 [Comment]
 16:45 99.60円 [Comment]
 17:00 99.64円 
 17:11 99.73円 北朝鮮の6カ国協議脱退表明など地政学リスク要因で円高が一服 

 17:30 99.71円 GC
 18:00 99.70円 
 18:30 99.69円 
 19:00 99.78円 
 19:19 99.87円 やや反転ぎみに堅調に推移。100円の大台に近づく展開
 19:20 99.87円 一時99.43円まで下落進んだが、やや買い戻され99円後半で推移
 19:30 99.85円 
 20:00 99.82円 
 20:08 99.82円 NYダウ平均先物は反発し、一時8010ドル(+15)まで上昇
 20:30 99.82円 
 20:42 99.72円 シカゴ市場の米株先物は、前日比18ドル安の7977ドルで推移
 21:00 99.80円 
 21:15 99.85円 米株先物は、バーナンキFRB議長の発言を好感して小幅反発
 21:25 99.91円 ダウ先物が買い戻されるなか、一時99.90円台まで上昇

 21:30 99.85円 DC
 21:37 99.63円 米小売売上高の予想外の減少でドルが売られ99.70円に軟化
 21:40 99.52円 [Comment]
 21:55 99.61円 一時99.50円台まで下落後、いったん99.70円近辺へ戻す動き
 22:00 99.33円 
 22:05 99.39円 一時99.17円まで本日安値を更新後、いったん99円半ばへ反発
 22:15 99.41円 ダウ先物は、8030ドル前後から7932ドル前後まで下落
 22:24 99.33円 小売売上高の悪化で下落する展開を強め、一時99.18円まで下落
 22:30 99.36円 ダウ平均は前日比-0.40ドルの8057.41ドルで寄り付き
 22:41 99.29円 上値の重い軟調な動きだが、99円割れでは買い意欲も強い
 22:50 99.13円 ジリ安。本日安値をわずかに更新して99.03円まで下押し
 22:54 99.09円 [Comment]
 23:00 99.19円 
 23:06 99.24円 弱い米企業在庫の指標を受けたドル円の反応は限定的
 23:15 99.15円 NYダウは、前日比133ドル安から徐々に下げ幅を縮小
 23:30 99.15円 一時98.98円まで下落したが、その後徐々に値を戻す展開
 23:45 99.31円 事前公表されたオバマ大統領の経済演説などを好感して下げ幅縮小
2009/04/15(水)
 00:00 99.23円
 00:23 99.04円 [Comment]
 00:30 99.06円 
 00:40 99.06円 98.93円付近の200日移動平均線を強く意識し、99.10円前後で推移
 01:00 99.08円 欧州系のまとまった売りが観測され、小幅に下落
 01:16 98.93円 ドル売りの流れに98.87円まで本日安値を更新
 01:30 99.01円 
 01:51 98.94円 下げ渋り。98.80円近辺には海外勢の買いが観測
 01:55 98.98円 [Comment]
 02:00 98.96円 
 02:02 98.91円 ダウ平均は下げ幅を拡大し、前日比-152.84ドルまで下落
 02:08 98.84円 98.77円まで本日安値を更新
 02:15 98.82円 NYダウは前日比-152.84ドル、ドル円は98.77円の安値を示現
 02:30 98.87円 
 02:51 98.87円 売り一巡後は98.90円前後でのもみ合いが継続
 03:00 98.86円 
 03:28 98.85円 98.75円前後から98.95円前後まで小幅に反発
 03:30 98.86円 
 03:56 98.74円 98.74円示現。ジリ安地合い継続僅かに本日安値を更新
 04:00 98.83円 98.74円示現後は上値の重たい中98.80円台を挟んだ小動き
 04:10 98.78円 欧州株は上昇。米GSの1-3月期決算が予想を上回ったことなど好感
 04:30 98.82円 
 05:00 98.88円 [Comment]

 05:10 98.86円 GC
 05:30 98.99円 シカゴ日経先物は続落。前日比135円安の8,885円で引け
 06:00 98.97円 [Comment]
 06:21 98.90円 NYクローズ直後に一時円高が進み、98.72円と昨日の安値を更新 

 06:30 98.81円 DC
 07:00 98.80円 
 07:10 98.80円 早朝オセアニアタイムの為替市場はやや円高で推移
 07:30 98.90円 

 07:40 98.88円 GC
 08:00 98.98円 
 08:30 98.88円 
 09:00 98.99円 日経平均、寄り付きは-65.00円の8777.68円
 09:23 99.08円 ゴトー日仲値決済という要因により、やや円が弱含み
 09:27 99.06円 小幅に上昇。やや買い優勢に。99.15円まで上昇
 09:30 99.04円 
 09:50 98.87円 輸出企業などから散発的な円買いが持ち込まれ、ジリ安の傾向
 09:59 98.71円 98.68円まで下押し、昨日安値を下抜ける 

 10:00 98.74円 DC
 10:09 98.82円 98.68円まで下落し、昨日のNY時間に示現した安値を下抜け
 10:30 98.78円 
 10:55 98.61円 98円半ば割れをうかがう値動き。円が再び買われる展開
 10:57 98.59円 ドル円はファンド系からの売りも入り、98.58円へ下押し
 11:00 98.63円 日経平均は-74.33円の8768.35円で前引け
 11:30 98.62円 
 11:51 99.47円 [Comment]
 12:00 98.54円 
 12:30 99.48円 日経平均株価は、前日比103円安の8739円で午後の取引を開始
 13:00 98.38円 
 13:13 98.33円 [Comment]
 13:30 98.31円 
 13:51 98.31円 98.15円まで下落。ドル円・クロス円ともに軟調
 14:00 98.32円 
 14:30 98.41円 円高が一服。日経平均株価が80円安へと下げ幅を縮小
 14:45 98.47円 200日移動平均線が位置する98.96円を意識した上値の重い展開に 

 14:50 98.46円 GC
 15:00 98.47円 [Comment]

 15:10 98.46円 DC
 15:15 98.44円 シカゴ先物のNYダウは45ドル安で推移
 15:30 98.28円 

 16:00 98.43円 GC
 16:07 98.52円 欧州外為市場ではドル買い戻しが先行。ドル円の下支えに作用
 16:30 98.57円 
 16:33 98.57円 シカゴ先物のNYダウは20ドル安へと下げ幅を縮小
 17:00 98.74円 
 17:05 98.76円 欧州時間にはいり、小幅に反発し98円後半で堅調に推移
 17:17 98.93円 99円台に迫る展開で堅調に推移継続
 17:28 98.82円 ダウ先物が前日比プラスを回復するなか、一時99円近辺まで上昇
 17:30 98.83円 
 17:51 99.03円 [Comment]
 17:59 99.11円 99.17円まで上昇。わずかながら本日高値を更新
 18:00 99.10円 
 18:30 98.95円 
 19:00 99.03円 
 19:30 98.97円 
 20:00 99.12円 
 20:16 99.37円 99.42円まで本日高値を更新。ダウ先物が7900ドル大台を回復
 20:22 99.33円 シカゴ市場の米株先物は、前日比16ドル高の7900ドルで推移
 20:30 99.32円 
 21:00 99.40円 
 21:21 99.23円 ダウ先物は7917ドルまで上昇した後は反落
 21:30 99.24円 
 21:34 99.38円 [Comment]
 22:00 99.37円 
 22:05 99.45円 ドル円は99.50円にストップ買い、100.00円に売り観測
 22:09 99.55円 ドル円は99円半ばのストップこなし、一時99.64円へ上昇
 22:17 99.53円 [Comment]
 22:25 99.42円 99.68円まで本日高値を更新。その後小幅に水準を下げて推移
 22:30 99.43円 ダウ平均は前日比-5.26ドルの7914.92ドルで寄り付き
 22:50 99.43円 99.50円には本邦勢の売りが観測され上値の重い動き
 23:00 99.52円 
 23:06 99.49円 99.50円前後まで水準を上げて推移。ダウ平均が前日比プラスに反発
 23:15 99.53円 15日米国株市場でNYダウは小幅に上昇。決算発表の業績上振れ期待
 23:18 99.51円 99円半ばでもみ合い。邦銀の買いと米系の売りが観測されている
 23:30 99.54円 
 23:55 99.47円 前日比プラス域で推移していたNYダウは、上げ幅を縮小
2009/04/16(木)
 00:00 99.40円 
 00:00 99.40円 
 00:03 99.40円 NYダウの小幅な値動きとあいまって、動意なく99.40円付近で推移 

 00:10 99.34円 DC
 00:30 99.36円 [Comment]
 00:50 99.34円 欧州株式市場は総じて軟調な展開
 01:00 99.37円 
 01:30 99.31円 
 02:00 99.32円 
 02:10 99.27円 ダウ平均は上昇幅を拡大し一時8000ドルを回復
 02:30 99.12円 
 02:38 99.11円 99.10円台水準まで下落。調整と見られる円の買い戻しで反落
 02:56 99.02円 円高の動き継続。一時98円台の取引
 03:00 99.09円 
 03:15 99.17円 公表されたベージュブックを好感し、一時99.30円まで反発
 03:19 99.13円 ベージュブックへの市場の反応は限定的。99.10円前後で推移
 03:30 99.09円 
 03:35 99.14円 欧州株は反落。セクター別では素材や金融などが軟調に推移
 03:42 99.15円 ダウ平均は7980ドル近辺まで反発後、は7920ドル前後まで反落
 03:52 98.19円 NYダウは、一時8,000ドル回復後、は上値の重い取引
 04:00 99.21円 
 04:25 99.25円 全般動意は小さいものの99円前半で底堅く推移
 04:30 99.22円 

 04:40 99.24円 GC
 05:00 99.31円 [Comment]
 05:25 99.23円 ダウ平均が反発したことを受けて、99.45円前後までジリ高
 05:30 99.42円 
 05:45 99.36円 シカゴ日経先物は小幅反発して、前日比40円高の8,925円で引けた
 06:00 99.37円 [Comment]
 06:30 99.40円 
 07:00 99.35円 
 07:05 99.34円 オセアニアタイム早朝の為替市場は揉み合い、動意なく小動き 

 07:20 99.26円 DC
 07:30 99.30円 
 08:00 99.23円 
 08:30 99.32円 
 08:50 99.29円 ドル円は米系の買いを邦銀の売りが抑える展開
 09:00 99.25円 日経平均、寄り付きは+105.47円の8848.43円
 09:14 99.33円 日経平均株価は上げ拡大。為替は膠着ながら、円安地合いが継続 

 09:20 99.36円 GC
 09:24 99.47円 99.40円台へジリ高。中国の指標改善期待などから上げ幅を拡大
 09:30 99.44円 
 09:35 99.44円 買い戻し優勢。99.50円のストップをうかがう展開
 09:40 99.40円 日経平均が寄り付きから上げ幅を拡大、前日比+200円超に
 09:54 99.43円 99.52円まで上昇。日経平均が堅調な推移で円売り地合いで推移
 10:00 99.45円 
 10:05 99.43円 日経平均が9000円台を回復、ドル円・クロス円も堅調推移に
 10:30 99.42円 
 10:55 99.43円 堅調ながらレンジ内で小動き。中国のGDP発表を様子見
 11:00 99.39円 日経平均は+253.43円の8996.39円で前引け
 11:04 99.27円 [Comment]

 11:10 99.23円 DC
 11:17 99.24円 99.20円台で軟調に推移。円買いの地合いに反転
 11:20 99.17円 シカゴ先物のNYダウは続伸から前日比10ドル安の小幅マイナス
 11:30 99.19円 
 11:50 99.14円 99.10円台で軟調に推移。マーケットでは円買いが優勢
 12:00 99.09円 
 12:06 99.11円 [Comment]
 12:12 99.13円 99円前半で軟調に推移。円高地合いの中で膠着化
 12:30 99.16円 日経平均株価は、前日比181円高の8924円で午後の取引を開始
 13:00 99.13円 
 13:02 99.14円 日経平均は後場軟調、8800円台まで上げ幅を縮小する動きに
 13:30 99.14円 
 13:44 99.03円 円高地合い継続。中国GDPの失望を受けた株安・円高の流れ継続
 13:53 98.95円 99円を割り込み98.92円へ下落。円買いの流れが継続
 14:00 98.94円 
 14:06 98.96円 [Comment]
 14:21 98.95円 後場の日経平均株価は、前場300円高に迫った上げ幅を急速に縮小
 14:25 98.91円 円買いの流れが継続。日経平均が大幅に下落しており、円買い優勢
 14:30 98.89円 
 14:44 98.83円 一時98.84円まで下落。海外勢を中心とした売りが観測
 15:00 98.89円 [Comment]
 15:21 98.93円 98円後半で底堅く推移。欧州外為市場ではやや下げ渋りの展開
 15:30 98.95円 
 15:40 98.86円 シカゴ市場の米株先物は、前日比5ドル安の7975ドルで推移
 15:50 98.80円 98.76円まで本日安値を更新するなど、再び下値を試す動き
 16:00 98.76円 
 16:05 98.68円 再び売りが活発に。98.67円まで下落幅を拡大
 16:13 98.73円 [Comment]
 16:30 98.78円 
 16:37 98.73円 欧州株は小幅高でのスタートとなっており、円高が一服
 16:50 98.59円 ダウ先物は一時8000ドルを上抜けたものの、7925ドルまで反落
 16:52 98.61円 [Comment]
 17:00 98.65円 
 17:08 98.61円 欧州株式相場が軟調に推移し、円が主要通貨に対して全面高で推移
 17:35 98.72円 米株先物が下げ幅を広げ、ドル円は一時98円台半ばへ下値拡大
 18:00 98.62円 
 18:30 98.72円 
 19:00 98.69円 

 19:10 98.78円 GC
 19:24 98.86円 短期投機筋からのショートカバーにより、一時98.90円台へ反発
 19:30 98.90円 
 19:42 98.81円 米JPモルガンの決算の好結果を受けて、一時99円台へ上昇
 20:00 98.86円 
 20:10 98.78円 一時99円台を回復したが、上値重く98.75-80レベルへ下落
 20:20 98.77円 ダウ平均先物が再びマイナス圏に転じ、円買いが再び優勢
 20:30 98.85円 
 20:52 98.82円 [Comment]
 21:00 98.78円 
 21:20 99.03円 再び99円台に上昇。下値を攻めきれずにジリジリと値を戻す展開
 21:30 99.11円 
 21:38 99.03円 [Comment]
 21:40 99.01円 シカゴ市場の米株先物は、前日比34ドル高の8014ドルと小幅続伸
 22:00 99.11円 
 22:01 99.16円 99.15円と堅調裡に推移、ユーロ円も131円台を回復
 22:15 99.19円 99円台に反発。ダウ平均先物がプラス圏を再び回復
 22:30 99.14円 ダウ平均は前日比-0.48ドルの8029.14ドルで寄り付き
 22:55 99.09円 [Comment]
 23:00 98.97円
 23:03 99.10円 強いフィラデルフィア連銀指数を受けて99.10円前後まで上昇
 23:05 99.07円 米株は小幅続伸。ダウ平均は一時44ドル高まで上昇
 23:15 99.03円 NYダウは、堅調な寄付きとなった後、徐々に値を下げる展開
 23:18 99.03円 上昇は限定的。99.15円前後まで上昇後、99円前後まで反落
 23:20 99.05円 株価反落を受け、円買い戻しに一時99円を割りこんだ
 23:30 99.11円 
2009/04/17(金)
 00:00 99.16円 
 00:10 99.14円 ドル円には海外勢の買い観測、99.15円前後で推移
 00:30 99.15円 
 00:37 99.33円 [Comment]
 00:40 99.32円 16日のNYダウは反落、前日比マイナス圏の8,000ドル付近での取引
 00:55 99.27円 ダウ平均は安値水準から反発、8024ドル近辺まで戻す
 01:00 99.29円 
 01:30 99.27円 
 01:57 99.24円 99円前半で動意の小さい展開に。特段目立った材料も見当たらず
 02:00 99.24円 
 02:28 99.26円 99.20円を挟んだ動き。NY時午後に入って小動きに留まっている
 02:30 99.27円 
 03:00 99.20円 
 03:30 99.30円 
 03:40 99.33円 NYダウが上昇幅を拡大し、8,100ドル台を窺う展開
 04:00 99.32円 
 04:28 99.32円 ダウ平均はジリ高。前日比+126ドルの8156ドル前後まで上昇
 04:30 99.34円 
 05:00 99.31円 [Comment]
 05:30 99.35円 
 05:40 99.32円 シカゴ日経先物は続伸、前日比15円高の8,940円で引け

 06:00 99.26円 [Comment] DC
 06:30 99.31円 GC
 07:00 99.37円 
 07:05 99.37円 為替市場は揉み合い。主要通貨ペアはレンジ内での小動き
 07:30 99.32円 
 08:00 99.33円 
 08:30 99.47円 
 08:39 99.51円 ドル円は99.54円まで上昇、昨日高値をわずかに上抜け
 08:58 99.52円 ドル円は99.50円付近で小高く推移。底堅い展開
 09:00 99.47円 日経平均、寄り付きは+99.07円の8854.33円
 09:05 99.48円 一時99.60円まで上昇するが上値重く上げ渋り
 09:20 99.55円 日経平均が140円高と堅調に推移しており、円安地合いが継続
 09:30 99.61円 
 09:58 99.67円 一時99.77円まで上昇。ドル買い優勢の地合いがみられる
 10:00 99.66円 
 10:24 99.63円 ジリ高で推移。日経平均が200円近く上昇し、ドル買い優勢
 10:30 99.59円 
 10:54 99.56円 ドル買いの動きは一服。99円半ばで小動きで推移
 11:00 99.55円 日経平均株価は、前日比194円高の8949円で午前の取引を終了

 11:30 99.48円 DC
 12:00 99.53円 [Comment]
 12:13 99.53円 小幅反落ののち上げ渋り。ユーロ円でのユーロ売りに連れ安
 12:30 99.42円 日経平均株価は、前日比172円高で午後の取引を開始
 12:33 99.39円 99.30円台まで反落し、本日安値99.21円がうかがう展開
 12:49 99.43円 やや円買いが優勢。日経平均の上げ渋りなどが円買い戻し材料
 13:00 99.36円 
 13:24 99.48円 小幅に反発。トリシェECB総裁「米国の強いドル政策に同意する」
 13:30 99.40円 
 13:45 99.39円 日経平均株価は上げ幅を縮小。ユーロ円を中心に為替が円高傾向
 14:00 99.49円 
 14:30 99.41円 [Comment]

 15:00 99.51円 日経平均は+152.32円の8907.58円で大引け GC
 15:30 99.53円 
 16:00 99.56円 
 16:22 99.59円 シカゴ市場の米株先物は、前日比29ドル安の8034ドルで推移
 16:30 99.55円 
 16:38 99.47円 ダウ先物じり安、8026ドル(-37)で推移 

 16:50 99.40円 DC
 16:55 99.39円 東京市場午後も欧州通貨売りの流れが継続。ドル円は99円半ばを推移
 17:00 99.39円 
 17:10 99.30円
 17:30 99.25円 
 17:32 99.27円 HF勢の売りが入ったことで、99.10円まで下落
 17:50 99.37円 [Comment]
 18:00 99.38円 
 18:30 99.33円 
 19:00 99.39円 
 19:45 99.38円 シカゴ市場の米株先物は、前日比7ドル高の8070ドルで推移
 20:00 99.25円 
 20:30 99.28円 [Comment]
 21:00 99.24円 [Comment]
 21:18 99.24円 ダウ先物は底堅く推移。+26ドルの8089ドルで推移
 21:30 99.33円 
 21:40 99.34円 99円前半レンジ内で膠着。動意乏しく小幅にもみ合い商状展開
 22:00 99.25円 シカゴ先物のNYダウは前日比で横這い。前日比8ドル安の8056ドル
 22:16 99.13円 一時99円ちょうどへ下振れ。米系のまとまった売りを観測
 22:30 99.12円 ダウ平均は前日比±0.0ドルの8125.43ドルで寄り付き
 22:50 99.13円 NYダウはレンジ内で膠着。前日比33ドル高の8158ドル
 22:52 99.12円 軟調。ユーロ円の下落を受けて、一時99.00円まで下押し
 23:00 99.11円 米株はまちまち。ダウ平均は一時34ドル高まで上昇
 23:18 99.03円 ジリ安。99円を割込み98.98円まで本日安値を更新
 23:20 99.03円 クロス円通貨の下落の影響もあり、99円台を割り込む展開
 23:30 98.93円 
 23:33 98.88円 [Comment]
 23:45 98.83円 ダウ平均は前日比+34近辺まで上昇したが、上値が重く反落
 23:54 98.73円 98.71円まで下げ幅を拡大。その他のクロス円もじり安の展開
2009/04/18(土)
 00:00 98.96円 ストップ・ロスを巻き込んで98.71円まで下落
 00:27 98.92円 [Comment]
 00:30 99.00円 
 00:40 99.06円 ふたたび99円台の推移。NYダウは前日比プラス圏を回復
 00:51 99.12円 99.10円前後で下げ渋り。LDNFIXを過ぎて市場は若干落ち着いた

 01:00 99.21円 GC
 01:23 99.14円 NYダウは前日終値を挟んだ値動きとなっている
 01:30 99.15円 
 02:00 99.17円 
 02:30 99.33円
 02:40 99.38円 99.40円レベルで推移。NYダウは前日比プラス圏で落ち着いた取引
 03:00 99.30円 
 03:10 99.28円 ダウ平均は8086.88ドル(-38.55ドル)の示現後はジリ高基調
 03:30 99.22円 
 03:35 99.26円 取引閑散で小動き。やや下げて99.20円台の取引
 03:45 99.33円 NYダウは終盤再び上昇に転じ、8,190.34ドルの本日高値更新
 04:00 99.22円 欧州株は続伸。米シティグループやGEの1-3月期決算が好感
 04:30 99.27円 
 05:00 99.23円 [Comment] 

 05:10 99.25円 DC
 05:30 99.22円 シカゴ日経先物は続伸。9月限終値は9,000(+60)
 06:00 99.20円 [Comment]



[Comment]

2009/04/13(月)11:51 100.35円
 午前の東京為替市場は本日も欧州などがイースター休暇で休場のため、市場参加者が少なく目立った動きも見られないまま取引を終えた。ドル円は本邦機関投資家やモデル系の売りで100.23円まで下押したが、100円割れを窺う動きとはならず、その後は100.53円まで反発。その後レンジ内での小動きな推移となった。

2009/04/13(月)14:30 100.37円
 為替相場は小動き継続。先週末に続き英欧など主要市場が休場となることから、市場参加者が乏しい状況で取引は閑散としている。ドル円は100円前半での小動き。クロス円も動意は見られず、ユーロ円は132.20円近辺、ポンド円は147.30円前後で推移している。

2009/04/13(月)15:00 100.41円
 日経平均は-39.68円の8924.43円で大引け。週明け13日の日経平均株価は寄り付き直後こそ80円近く下落し8900円を割り込んだが、その後底堅さを評価する買いが主力株に入り、指数先物にまとまった買いが入って一時9000円台を回復、その後再び軟化するも一進一退の展開に終始、結局、前週末比39円安の8924円と小幅反落で取引を終えた。

2009/04/13(月)16:49 100.56円
 東京市場午後はもみ合いを上放れ、各通貨とも対ドル・クロス円で上昇。先週末に続いて、アジアや欧州など多くの市場がイースター休暇で市場参加者が乏しく取引も薄く、売りが一巡して明確な方向感に欠けるなかで買いが強まった。ドル円もクロス円の上昇につれ高となり、一時100.73円まで上昇した。

2009/04/13(月)20:50 100.45円
 東京タイムの為替相場は、先週末に続いてアジアや欧州などがイースター休暇で市場参加者が乏しく、明確な方向感に欠ける動きを続けた。ドル円は100.73円まで上昇後は100円半ばでの推移となり、わずか30pほどの狭いレンジでもみ合った。

2009/04/13(月)23:14 100.26円
 NY序盤は、ユーロが堅調。ユーロは対加ドルで買いが優勢となると、対ドル、対円でも上昇基調に。ただ、高値水準では売りが観測されたほか、ダウ平均が下落基調となったことを受けて上値は抑えられた。ドル円は、ユーロドルの上昇が全般的なドル売りの流となったほか、株価の下落を受けたクロス円の売りも加わり100.25円前後まで水準を下げた。

2009/04/14(火)03:40 100.08円
 為替市場はドル安水準でもみ合い。主要国がまだイースター休暇中と言うこともあり、方向性の見定め難い中、ドル安水準でもみ合いとなっている。ドル円は100.10円前後、ユーロドルは1.3370ドル前後、ポンドドルは1.4845ドル前後での推移となっている。
 
2009/04/14(火)06:00 100.09円
 週明けNYタイムでドルは全面安。欧州市場がイースター休暇中であったことから方向性の見定め難いなか、米株価が銀行決算への期待感から上昇したことを受けて避難通貨としてのドル買いが後退した。ドルストレート通貨はそれぞれ上昇幅を拡大、クロス円も底堅い推移となった。ドル円は、ドル売りの流れを受けてジリ安に。米大手銀行の決算発表後に一時99.86円まで下押した。

2009/04/14(火)10:30 99.92円
 ドル円は反落。日経平均株価が前日比145円安と軟調に推移しており、ドル買いが一服している。日本株は景気対策期待で過熱感の出ていた不動産関連が売られているほか、米自動車大手の破産法申請懸念によって自動車関連にも利益確定売りが見られている。

2009/04/14(火)11:57 99.68円
 東京為替市場午前は円買いが優勢の展開。オバマ米大統領が経済に関して重要な演説すると報道された序盤こそ円売りの動きが見られたが、株価が寄り付きから軟調な推移となると次第に円買い方向へと傾いた。ドル円はオバマ大統領絡みの報道直後には一時100.43円まで上昇したが、株安を受けてクロス円が崩れ始めるとドル円も連れ安に。邦銀・英系・モデル系・本邦資本筋と次々に入る売り観測に押されて、99.61円まで下げ幅を拡大した。

2009/04/14(火)13:15 99.85円 
 後場の日経平均株価は、米ゴールドマン・サックスが日本時間早朝予定より1日早く発表した1-3月期決算が市場予想を上回ったが、すでに事前に好決算が織り込まれ、むしろ利益確定売りに押されて軟調裡の推移。ゼネラル・モーターズ(GM)の破産法適用申請の可能性も警戒され相場の重石になっている。

2009/04/14(火)16:44 99.54円
 東京市場では午後も円買い・ドル買いが優勢。クロス円、ドル円は、株価が軟調に引けるなか、売り優勢で推移。ユーロ円・ポンド円は本日安値を更新。ドル円もクロス円が下げ足を速めると、午前につけた安値99.61円を割り込み、99.43円まで下落幅を拡大。モデル系の売りが入り、邦銀にも追随の動きが見られた。

2009/04/14(火)16:45 99.60円
 欧州外為市場ではドル円、クロス円とも円高地合いながらレンジ内で膠着。シカゴ先物のNYダウが35ドル安と下げ幅を縮小させているほか、欧州株は米系金融大手ゴールドマン・サックスの好決算などを評価する形で小幅高となっており、リスク回避の円高自体は抑制されている。

2009/04/14(火)21:40 99.52円
 弱い米PPI、小売売上高の発表後は、リスク回避を意識したドル買い・円買いが優勢。ドル円は、指標発表前の水準99.85円前後から99.50円台まで下落。ユーロドルは1.3260ドル近辺から1.3232ドルまで、ユーロ円は132.40円近辺から131.71円まで、それぞれ本日安値を更新した。

2009/04/14(火)22:54 99.09円
 NYダウ平均株価は、3月小売売上高が前月比-1.1%と市場予想に反して減少したことが嫌気されて売りが優勢となり、前日比116ドル安の7943ドル前後と続落して推移している。一方、株安を受けて投資家のリスク回避の円買いにドル円は99円割れを窺う軟調推移となっている。

2009/04/15(水)00:23 99.04円
 LDNFIXにかけては、予想より弱い米小売売上高の結果を受けて、ダウ先物が急落。為替市場でもリスク回避的なドル買い・円買いの動きが強まった。ドル円は99円割れを示現。一時98.98円まで下押した。その後下げ渋り、短期筋の買い戻しから99.30円前後まで反発したが上値は限られた。

2009/04/15(水)01:55 98.98円
 一時、前日比130ドル超安となったNYダウは、その後オバマ大統領の演説の内容が伝えられると約100ドル買い戻された。しかし買い戻し一巡後は8,000ドル台を維持できずにじり安となって再び売られ、現在は朝方の安値を下回って取引されている。

2009/04/15(水)05:00 98.88円
 ダウ平均比は14日、前日比-137.63ドルの7920.18ドルで引け。朝方発表された3月小売売上高が、予想を大幅に下回る前月比-1.1%となったことからオープン直後から売られた。バーナンキFRB議長の発言に一旦は買い戻される場面もあったものの、午後に入るとJPモルガン・チェースなど金融株が売られ安値を更新、そのまま安値圏で取引を終えた。

2009/04/15(水)06:00 98.97円
 NYタイムでは米経済指標の悪化を受けてダウ平均が下落するなか、リスク回避に伴った円買い戻しが優勢となった。ドル円は、東京タイムでの安値を下抜けると、売りが加速。一時98.74円まで下落した。同水準では、押し目買い意欲も強いようで下げ渋ったが、反発も限られると、その後は98.80円を中心としてもみ合った。

2009/04/15(水)11:51 99.47円
 午前の東京市場は円買い優勢の展開に。前日の米株安を受けて日経平均が軟調推移となったこともあり、リスク回避の円買いの動きが継続した。ドル円もゴトー日にもかかわらず不足額が少く売り優勢の動きとなった。本邦機関投資家やファンド勢からの売りもあって、98.40円まで下落し、昨日安値を早い段階で下抜けた。

2009/04/15(水)13:13 98.33円
 15日東京外為市場ではドル円、クロス円で円高が継続。日経平均が130円安と下げ幅を拡大させており、15日の米鉱工業生産の悪化懸念もあってリスク回避の円買い戻しと外貨の売り戻し地合いが続いている。ドル円は断続的にドル売り誘発ストップロスを巻き込み、一時98.30-35円のドル安値まで値を下げた。25日移動平均線の位置する98.50-55円の本格維持を巡る攻防になってきた。

2009/04/15(水)15:00 98.47円
 日経平均は-99.72円の8742.96円で大引け。米国で前日発表された3月小売売上高が減少したことを受け先行きの輸出動向に対する警戒感が広がり、円相場が98円台前半へと円高が進んだことも嫌気されて主力輸出関連株中心に売られ、結局、前日比99円安の8742円と3日続落して取引を終えた。

2009/04/15(水)17:51 99.03円
 欧州外為市場でドル円はドルが続伸。米株先物の反発や16日の中国経済指標の上振れ観測などから、リスク回避の円高が一服している。ドル円は99円超えからドル買い誘発ストップロスをこなし、堅調な推移を継続。

2009/04/15(水)21:34 99.38円
 NY外為市場でドル円は、ドルが上げ渋りも底堅さを維持。米国の4月NY連銀製造業景況指数が予想ほど悪化せず、4月からの景気下げ止まりが再確認されたほか、コアCPIが予想を上回ったことでデフレ懸念も後退している。

2009/04/15(水)22:17 99.53円
 NY外為市場でドル円はドルが上げ渋り。米国の鉱工業生産が予想を下回り、改めて米国減速の根深さが確認された。一方で他の経済指標は上振れが相次いでおり、ドル買い遅れオーダーや買い戻しの取り残しもあって下値は限られている。

2009/04/16(木)00:30 99.36円
 LDNFIXにかけては、発表され米経済指標が強弱まちまちとなり、ドル円・クロス円は全般方向性の見定め難い展開となった。ドル円は、予想より強いNY連銀製造業景況指数を受けて買いが先行し、一時99.68円まで本日高値を更新したが、次に発表された米鉱工業生産が弱い結果となったことで上値は重くなり99.40円前後まで押し戻された。その後は、邦銀の買いと米系の売りが拮抗する格好となり99円半ばでもみ合った。

2009/04/16(木)05:00 99.31円
 ダウ平均は、前日比+109.44ドルの8029.62ドルで引け。朝方発表された3月鉱工業生産が予想を下回ったことからオープン直後から売られた。しかしその後公表されたベージュ・ブックで「一部縮小ペースが鈍化」したことが確認されると、カード大手アメックスや銀行大手JPモルガン・チェースなど金融株などが大きく買われ指数を押し上げ、結局この日の高値圏で引けた。

2009/04/16(木)06:00 99.37円
 為替相場のNYタイムでは方向感の見定め難いなか、ドル円・クロス円は株価の上昇を受けて全般底堅い推移。ドル円は、NY連銀製造業景況指数が予想より強かったことなどから買いが先行。一時99.68円まで本日高値を更新。その後、株価が軟調となったことでいったん99円前後まで下押したが、終盤にかけ株価が大幅反発すると、99円半ばまで水準を戻した。

2009/04/16(木)11:04 99.27円 
 中GDPがほぼ市場予想通りの結果となったことを受けて、ドル円・クロス円が売り優勢に。8-9%の成長になるといった噂が流れていたことから、予想通りにもかかわらず失望売りを誘ったようだ。ドル円は発表直後に99.17円まで下落、ユーロ円も131円近辺まで下押した。

2009/04/16(木)12:06 99.11円
 午前の東京為替相場は円買い・ドル買いが優勢の展開。序盤は日経平均が堅調な推移となったことで、円安傾向で推移。しかし、中国GDP発表後はほぼ予想どおりの結果にもかかわらず、過剰な期待感からの失望売りを招いた。結果的にドル円・クロス円は上値試しの後に急反落。ドル円は99.52円まで上昇後に99.05円まで下落した。

2009/04/16(木)14:06 98.96円
 午後の東京外為市場は、中国1-3月期GDPが市場予想より弱い数字となって日経平均株価が反落、海外ファンドなど短期筋中心に円買い戻しが優勢となり、ドル円は99円を割り込んでいる。中国GDP発表前は日経平均株価が9000円台に乗せて、円売り・ドル買いが優勢となり99.50円まで円安が進んでいた。

2009/04/16(木)15:00 98.89円
 日経平均は+12.30円の8755.26円で大引け。中国の1-3月期GDPが予想より弱めの数字となり、過度な期待から前場に買い上がっていた投資家による手じまい売りが断続的に出て一時300円に迫った上げ幅を急速に縮め、結局、前日比12円高の8755円と4日ぶりに小幅反発して取引を終えた。

2009/04/16(木)16:13 98.73円
 欧州外為市場ではドル円、クロス円で円買い・外貨売りが持続。中国GDP失望のほか、米国企業の決算発表に対する警戒感がリスク回避の円買い戻しを優勢にさせている。さらに米国ではリテール不動産投資信託(REIT)大手の破綻も報じられており、リスク回避の円高の流れを後押ししている。

2009/04/16(木)16:52 98.61円
 東京市場は午後もリスク回避を意識した円買いの流れが継続。日経平均が引けに向けて上昇幅を縮小、一時マイナス圏へ下落する場面も見られたなか、ドル円、クロス円が幅広く下落。海外短期筋の円買いも後押しとなり、ドル円は98.57円まで本日安値を更新した。

2009/04/16(木)20:52 98.82円
 ロンドンタイムは円買い・ドル買いの動きが継続。ユーロドルは、一時1.3128ドルまで下落。ユーロ円も一時129.36円まで下落した。ドル円は98.51円まで下落後はJPモルガンの決算を受けて99円台を回復。ただ、後に買いが続かず98円後半でのもみ合いとなった。

2009/04/16(木)21:38 99.03円
 米経済指標は、米新規失業保険申請件数が予想より強め、住宅・建設関連指標は予想より弱めの結果となったが、ドル円は一時99.20円近辺へ。その後は99円をやや上回る水準で推移している。

2009/04/16(木)22:55 99.09円
 米国株市場のNYダウ平均株価は、新規失業保険申請件数が61万件と事前予想の66万件より好数字となり、米金融大手JPモルガン・チェースが発表した1-3月期決算の純損益が21億ドルの黒字と市場予想を上回って買いが先行したものの上値の重さが嫌気されて一時下げに転じた後、やや反発。一方、株価反落を受けて投資家のリスク回避の円買い戻しにドル円は99円割れの攻防にある。

2009/04/17(金)00:37 99.33円
 LDNFIXにかけては、予想を上回る米JPモルガン決算を受け、ユーロ買いが先行。ただ、ダウ平均が再び8000ドルを割込む動きとなったことで、全般方向性の見定め難い展開となった。ドル円はクロス円の上昇につれたほか、米新規失業保険申請件数が強かったことで99.25円前後まで上昇したが、株価の下落にクロス円が伸び悩んだことで上昇幅は限られた。

2009/04/17(金)05:00 99.31円
 ダウ平均比は続伸、前日比+95.81ドルの8125.43ドルで引け。銀行大手JPモルガン・チェースの第1四半期決算が予想を上回ったこと、新規失業保険申請件数が予想を下回ったことなどで買われた。またヒューレット・パッカードやマイクロソフトなどの情報技術関連株も大きく値を上げ指数を押し上げた。

2009/04/17(金)06:00 99.26円
 NYタイムでは、欧州の景気後退への懸念からユーロ売りが優勢となった。ただ、特段目立った材料も見当たらず、下落幅は小幅なものに留まった。ドル円は他通貨が対ドルで軟調となったことで底堅く推移したが、クロス円の上値が重かったことで方向性の見定め難い展開となり99円前半を中心として推移した。

2009/04/17(金)12:00 99.53円
 午前の東京市場は材料も乏しい中で欧州通貨売りの動きが優勢。ユーロドルやポンドドルは、本邦証券系や英系の売りが入り、軟調に推移。その動きに連れ、それぞれクロス円も上値が重い。ドル円も99.70円のストップをひっかけて99.77円まで上昇した後は伸び悩み、99円半ばでのもみ合いへと転じた。

2009/04/17(金)14:30 99.41円
 午後の東京外為市場ドル円は、世界的に景気低迷の長期化が懸念される一方で16日の米国株高や17日の日経平均株価の堅調を受けて投資家のリスク選好思惑から円売り・ドル買いがやや優勢となっている。一方、後場の日経平均株価は、上海株や台湾株が冴えない動きが心理的な重石となり、前日比123円高水準でもみ合っている。

2009/04/17(金)17:50 99.37円
 欧州勢参入後、スイスフランなど対欧州通貨を中心にドルが全面高で取引される中で、ドル円は、全般的なドル買い圧力が下値を支える一方、クロス円での円買い圧力が上値を圧迫して、前日終値水準の99円台前半で方向感を欠き、揉み合い商状が続いてきた。

2009/04/17(金)20:30 99.28円 米シティ1-3月期決算は1株当たり損益が18セントの損失と、事前予想の-32セントほど損失が膨らんでいなかったことが判明したが、ドル円への影響はほとんど見られなかった。

2009/04/17(金)21:00 99.24円
 ロンドンタイムは欧州通貨売りの流れが継続。ロートSNB総裁の発言をきっかけに、スイスフラン売りが活発化したほか、他の欧州通貨もロンドン勢の参入後は軒並み下げ幅を広げた。ドル円は欧州通貨を中心にクロス円が下落したことにつれ、一時99.10円まで下落。その後は99円前半で推移した。

2009/04/17(金)23:33 98.88円
 NY外為市場でドル円は続落。米国の株安や週末調整を受けたクロス円での円買い戻しのほか、GMトップの記者会見に対する警戒などがドル売り材料となっている。99円割れからドル売り誘発ストップロスを巻き込んだ。

2009/04/18(土)0:27 98.92円
 LDNFIXにかけてはユーロ円を中心として円を買い戻す動きが強まった。ユーロ円は129円のストップロスの売りを巻き込むと128.84円まで下落。ドル円やその他のクロス円も下落基調が鮮明となり、ドル円は98.71円まで本日安値を更新した。ただ、売り一巡後は更に下押しする動きとはならず、その後は安値圏でもみ合った。

2009/04/18(土)05:00 99.23円
 NYダウは、前日比5.90ドル高と小幅続伸して引けた。発表された4月ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を上回って、昨年のリーマン・ショック以来の水準となったこと、本日発表となった電機・金融大手GEや金融大手シティ・グループの決算が予想を上回ったことなどで市場の心理が好転した。

2009/04/18(土)06:00 99.20円
 NYタイムでは、LDNタイムからの流れを引き継ぎ欧州通貨中心にドル買い・円買いが優勢に。ユーロドルは、終盤にかけて1.3017ドルと本日安値を更新。ユーロ円は、一時128.84円まで下落した。ドル円はクロス円に連れて98.71円まで下押す局面が見られたが、主要通貨に対してドルが買われたことで下落幅が限られると、その後は99円前半まで戻してもみ合った。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/115-8d5b0e95
    この記事へのトラックバック


    最近の記事