FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/04/21(火)

2009年04月22日 08:54

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/21(火)

 06:00 97.87円 [Comment]
 06:30 97.97円 
 07:00 97.99円 
 07:10 98.01円 オセアニア為替市場はここまで目立った値動きは見られず揉み合い
 07:30 98.07円 
 08:00 98.07円 
 08:02 98.06円 98円前半で推移。米系ファンドからの売り観測され上値は重い
 08:03 98.08円 円高が一服。シカゴ先物のNYダウ先物は前日水準で下げ止まり
 08:30 97.98円 
 08:42 99.31円 一時は98.18円まで戻すが,その後98円ちょうど近辺で推移 

 08:50 97.98円 DC
 09:00 97.76円 日日経平均株価は、前日比122円安の8802円で寄り付き
 09:05 97.81円 一時97.75円まで下落。CTA系の売りもみられる
 09:30 97.85円 
 09:56 98.01円 仲値にかけて98円台を回復したが,引き続き上値は重く推移 

 10:00 98.07円 GC
 10:10 98.22円 98円台を回復して小高い値動き。円が総じて弱含み
 10:12 98.25円 一時98.35円まで上昇。邦銀からの大量の買い観測
 10:25 98.23円 シカゴ先物の米国株市場では、小幅プラスに反発
 10:30 98.16円 
 10:32 98.15円 98.35円まで上昇後、徐々に上値が重くなりつつある
 11:00 97.98円 日経平均株価は、前日比299円安の8625円で午前の取引を終了
 11:30 97.99円
 12:00 98.15円 [Comment]
 12:12 98.23円 98円前半で推移。買いと得りの均衡状態で推移
 12:22 98.28円 シカゴ先物のNYダウは前日比横這いで推移。過度な信用不安が一服
 12:30 98.23円 日経平均株価は、前日比280円安の8644円で午後の取引を開始
 13:00 98.24円 
 13:30 98.19円 
 13:40 98.37円 やや円が弱含み。午後から日経平均が下げ渋りに転じている
 13:42 98.39円 一時98.44円へ上昇。ドル円・クロス円に買い戻しの動き優勢
 13:50 98.33円 買い戻しの動きが優勢に。98.47円まで上昇
 14:00 98.30円 
 14:19 98.32円 円高一服の中で膠着。欧州勢参入後のユーロの動向をにらむ展開
 14:22 98.32円 日経平均が大幅安となるなか、ダウ先物は動意の小さい展開
 14:30 98.32円 
 14:35 98.36円 一時98.47円まで上昇後、98.30円前後でもみ合い
 15:00 98.38円 日経平均株価は、前日比213円安の8711円と大幅反落で取引を終了

 15:30 98.24円 DC
 15:41 98.13円 欧州勢の参入とともに円買いが先行し、ドルが再び反落
 16:00 98.03円 
 16:18 97.88円 欧州外為市場でドル円が再下落し、98円を割り込む
 16:30 97.94円 
 16:50 98.03円 [Comment]
 17:00 98.01円 
 17:05 98.03円 98円前半の小幅レンジ。スウェーデン利下げで若干のドル買い
 17:27 98.13円 ユーロ円は127円台で推移。欧州時間半ばはじり高推移
 17:30 98.12円 
 17:44 98.18円 ポンド円は英経済指標の好結果などもあり、現在は巻き戻し優勢 

 18:00 98.15円 GC
 18:30 98.31円 
 19:00 98.17円 98円台前半で推移。米株先物及び欧州株が伸び悩み
 19:25 98.22円 シカゴ市場の米株先物は、前日比6ドル高の7826ドルで推移
 19:30 98.24円 
 19:55 98.10円 98.10円付近で推移。欧州市場中盤の取引では、円買いが再び優勢
 20:00 98.12円 
 20:10 98.12円 ユーロ円は、再び126円台まで値を下げる展開
 20:16 98.12円 ダウ平均が下落、前日比-44ドルの7776ドル近辺まで下押し 

 20:20 98.16円 DC
 20:30 98.10円 
 20:45 98.13円 シカゴ市場の米株先物は、前日比58ドル安の7762ドルで推移
 21:00 98.13円 
 21:17 98.06円 [Comment]
 21:21 98.05円 ドル円は98.00-05円に買い観測
 21:30 98.02円 
 21:48 98.08円 下げ一服。98.05-10円に米系からの買いが観測
 22:00 98.07円 
 22:30 97.88円 NYダウ平均株価は、前日比30ドル安の7811ドルと小幅続落で寄付き
 23:00 98.12円 
 23:02 98.19円 98円前半で推移。NY勢の本格参入後は円売り・ドル売り優勢
 23:04 98.16円 米株はまちまち。前日に引き続き金融セクターが弱く軟調に推移 

 23:10 98.18円 GC
 23:27 98.11円 [Comment]
 23:30 98.13円 

2009/04/22(水)
 00:00 98.32円 
 00:16 98.55円 [Comment]
 00:20 98.55円 ガイトナー米財務長官の発言などを好感し、NYダウが上昇
 00:26 98.53円 98.64円まで上昇。ダウ平均が上昇幅を拡大し、買い優勢
 00:30 98.50円 CTA系の買いを観測、また98.70円にはストップロスの買い観測
 01:00 98.60円 
 01:30 98.51円 
 01:51 98.61円 堅調地合いを維持し、一時98.66円へ上昇
 02:00 98.62円 米系の買いが観測され、一時98.69円へ上昇
 02:15 98.65円 NYダウが7,900ドル台で堅調に推移し、円売りが活発化
 02:30 98.58円 
 03:00 98.60円 
 03:28 98.62円 98.66円をつけて高値を更新、その後は高値圏で膠着状態
 03:30 98.61円 
 03:48 98.81円 98.86円を示現。その後も同レベルで推移し99円台回復を窺う展開
 04:00 98.71円 
 04:05 98.74円 98.86円まで上昇後は上げ渋り、動きは限定的
 04:25 98.80円 NYダウは金融株が上昇。一時7,980ドル近辺まで上げ幅を拡大
 04:30 98.77円 
 05:00 98.73円 [Comment]
 05:30 98.73円 シカゴ日経先物は反発。先物9月限終値は8,880(+145)
 06:00 98.70円 [Comment]



[Comment]

2009/04/21(火)06:00 97.87円
 NYタイムはドル買い・円買い優勢。 米株市場は寄り付き直後から下落基調となり、ダウ平均は300ドル近く下げたが、一部メディアがストレステストで大半がパスすると報じたが、米当局がその報道を打ち消す発言をしたことが米株安につながった。ドル円は、クロス円の下落とドルストレートでのドル買いの動きに挟まれる形で98円半ばでは動きが鈍かったが、徐々に下げ幅を広げる展開に。97.70円のストップロスの売りをつけ、一時97.66円まで下落した。

2009/04/21(火)12:00 98.15円
 東京タイムはNYタイムの流れを引き継ぎ、大きな流れはリスク回避が意識される展開。ドル買い・円買いが強まった。ドル円は朝方からリスク回避の売りが優勢。ポンド円での仕組み債絡みの売りなども観測されるなか、一時97.73円まで下落したが、本邦大手機関投資家による邦銀を通じたドル円の買い、さらには海外勢による23日の投信設定に関する思惑買いが持ち込まれると、逆に98.35円と戻り高値をつけた。


2009/04/21(火)16:50 98.03円
 東京午後のドル円・クロス円は買い戻し先行後、終盤に上昇幅を縮める動き。ドル円は、午前に流れた23日の投信設定に絡んだ買い戻しが午後も継続したことで、一時98.47円まで上昇。ただ、欧州勢参入後は対欧州通貨を中心として円買いの動きが強まったため、97円後半の本日安値圏まで水準を下げた。ユーロ円もドル円に連れて127.47円まで上昇したが、その後、126円前半まで反落する展開となった。

2009/04/21(火)21:17 98.06円
 LDN午前のドル円は方向性の定まらない動きで、ユーロ円やポンド円の動きに連れる展開に。ユーロ円が本日高値を示現する局面では98.40円前後まで上昇したが、その後は98円近辺まで下げた。

2009/04/21(火)23:27 98.11円
 米国株市場のNYダウ平均株価は、朝方発表の四半期決算と併せて収益見通しを下方修正する企業が相次ぎ、企業業績への警戒感が強まって売りが優勢となる一方、値ごろ感や自律反発狙いの買いが下支えとなるも、前日比41ドル安と一時7800ドルを割り込む続落。一方、ドル円は米国株の続落を受けて投資家のリスク回避の円買い戻しに98.11円水準で弱含み推移。

2009/04/22(水)00:16 98.55円
 LDNFIXにかけては、円売り・ドル売り優勢。ポンドドルは1.4657ドルまで、ユーロドルは1.2990ドルまで上昇幅を広げた。クロス円も買い優勢となり、ユーロ円は127.78円、ポンド円は144.43円まで上昇した。ドル円は方向感に乏しい動きとなっていたが、クロス円の上昇も後押しとなり、98.57円まで買われた。

2009/04/22(水)05:00 98.73円
 ダウ平均は、前日比+127.83ドルの7969.56ドルで引け。ガイトナー米財務長官が「ほとんどの米金融機関の資金力は充分」との見解を示したことなどから買い安心感が広がって反発したものの、8,000ドル台を回復することは出来なかった。

2009/04/22(水)06:00 98.70円
 NYタイムはドル円・クロス円堅調。ダウ平均が寄り付き直後は軟調に推移したことから、ドル円・クロス円は上値が重かった。しかし、売りが一巡し、ダウ平均が徐々に上昇基調となると、買い優勢の地合いが顕著となった。ドル円はCTA系や米系の買いが入ったことから、上昇幅を拡大。98.70円に観測されていたストップロスの買いをこなすと、一時98.92円まで上昇した。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/121-924a6b96
    この記事へのトラックバック


    最近の記事