FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/04/23(木)

2009年04月24日 09:28

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/23(木)

 06:00 98.01円 [Comment]
 06:30 98.00円  

 07:00 97.97円 GC
 07:15 98.09円 オセアニアタイムの為替市場はここまで揉み合い
 07:30 98.12円 
 08:00 98.15円 
 08:30 98.03円 
 09:00 98.04円 日経平均株価は、前日比49円高の8776円で寄り付き
 09:30 98.05円 
 09:40 97.95円 日経平均は小幅マイナスに反落。為替相場はやや円買いが優勢
 09:44 97.83円 97.80円まで安値更新。米系ファンドの売りを観測
 09:45 97.83円 日経平均はマイナス圏へ下落。一時8706円(-21)円まで下落 

 09:50 97.95円 DC
 09:51 97.79円 97.79円まで下落で、売り優勢
 10:00 97.84円 
 10:06 97.83円 軟調。97.77円まで下値を拡大
 10:25 97.77円 97.70円台へと値を崩し、昨日示現したドル安値をうかがう展開
 10:30 97.68円 
 10:31 97.69円 97.65円まで本日安値更新。欧州系銀行から断続的な売り観測
 10:34 97.69円 アジア系の売りも追随し、97.70円台を軟調に推移
 11:00 97.76円 日経平均株価は、前日比40円安の8686円で午前の取引を終了
 11:30 97.74円 
 11:36 97.74円 97.70円台で揉み合い推移。97.50円にバリア・オプションが観測
 11:57 97.75円 [Comment]
 12:00 97.77円 
 12:18 97.77円 NYダウ先物は、前日比15ドル安と小幅安で推移
 12:30 97.74円 日経平均株価は、前日比58円安の8668円で午後の取引を開始
 12:38 97.64円 一時97.64円と本日安値をわずかに更新。日経平均が下げ幅を拡大
 12:57 97.71円 [Comment]
 13:00 97.68円 
 13:15 97.77円 「産業革新機構」の報道を受け、日経平均株は小幅プラスを回復 

 13:30 97.78円 GC
 14:00 97.80円 
 14:10 97.83円 [Comment]
 14:23 97.96円 ドル円、クロス円で円がジリ安。円買いが一服
 14:24 97.95円 堅調なクロス円の上昇に連れ高となり、98円近辺を目指す動き
 14:28 97.99円 23日後場の日経平均株価は、前日比98円高と上げ幅を拡大
 14:52 98.11円 株価上げ幅拡大で円買いが後退、98円台を回復
 15:00 98.05円 [Comment]
 15:27 98.03円 NYダウ先物は前日比45ドル高で推移
 15:30 98.03円 
 16:00 97.95円 
 16:30 98.04円 
 16:59 98.11円 [Comment]
 17:00 98.13円 
 17:03 98.12円 反転し、98円台で推移。日経平均上昇でリスク選好の動き
 17:24 98.27円 小幅ながら続伸。98.40-50円にかけて厚いドル売りが観測
 17:30 98.32円 
 17:31 98.31円 98.38円まで本日高値を更新、クロス円も堅調
 17:36 98.33円 ダウ先物が堅調な動きを見せ、円売りの動きが優勢
 18:00 98.28円 
 18:05 98.21円 上昇が一服。98円前半の水準での動きが中心
 18:30 98.21円 
 18:58 98.32円 米株先物が上昇幅を広げ、欧州株も概ね前日比プラス圏を回復
 19:30 98.30円 
 19:50 98.20円 [Comment]
 20:00 98.32円 
 20:26 98.37円 ドル円・クロス円が上昇、ドル円は98.45円まで本日高値更新
 20:30 98.37円 
 21:00 98.27円 [Comment]
 21:12 98.24円 シカゴ市場の米株先物は、前日比59ドル高の7875ドルで推移
 21:30 98.37円 
 21:46 98.37円 ドル円は小幅レンジ。米経済指標はほぼ予想通りで反応薄
 22:00 98.36円 
 22:06 98.31円 シカゴ市場の米株先物は、前日比36ドル高の7852ドルで推移 

 22:20 98.27円 DC
 22:30 98.29円 ダウ平均株価は、前日比7ドル高の7894ドルと小幅続伸して寄付き
 22:55 98.27円 NYダウ平均株価は、前日比25ドル安と下げ、軟調に推移
 23:00 98.26円 
 23:03 98.11円 [Comment]
 23:09 98.04円 米株は経済指標の悪化を嫌気して下落
 23:20 98.09円 98円前半での上値の重い展開。海外勢の売りが観測
 23:23 98.10円 ダウ平均は中古住宅販売件数の悪化を受けて、前日比38円安と反落
 23:30 98.12円
 23:56 97.95円 [Comment]

2009/04/24(金) 
 00:00 97.90円 
 00:30 97.85円 
 01:00 97.88円 
 01:30 97.83円 
 01:37 97.82円 97円後半でもみ合い推移。ダウ平均は軟調に推移
 01:41 97.85円 ドル円には米系の売りが観測され、上値が重い
 02:00 97.87円 
 02:30 97.96円 

 02:40 98.06円 GC
 02:34 97.99円 欧州通貨は買い優勢。ユーロドルは、一時1.3098ドルまで上昇
 02:40 98.06円 欧州通貨は買い優勢。ポンド円・ユーロ円も本日高値を更新
 03:00 98.05円 
 03:30 97.97円 
 03:44 98.01円 ユーロドルはストップ買いつけ、一時1.3115ドルへ上昇
 03:47 97.97円 [Comment] 

 04:00 97.85円 DC
 04:08 97.76円 ドル円は、ドル売り圧力が強まり、97.70円近辺まで軟化
 04:30 97.84円 
 05:00 97.92円 [Comment]
 05:30 97.87円 シカゴ日経先物は8,900台で終了。終値は8,920(前日比+125) 

 05:40 98.01円 GC
 06:00 97.96円 [Comment]



[Comment]

2009/04/23(木)06:00 98.01円
 NYタイムはユーロ買いが優勢。市場が注目していたモルガン・スタンレーの1-3月期決算は赤字となったものの、為替相場への影響は限定的に。それよりも、短期筋の買いなどから上昇していたユーロポンドにつれる形で、ユーロドルやユーロ円が大きく上昇幅を拡大させた。ドル円は97.57円まで下落後は、97円後半から98円前半での動きに終始した。

2009/04/23(木)11:57 97.75円
 東京午前はドル円・クロス円ともに上値の重い状況に。ドル円は98円前後でNYタイムからの動きを引き継いだものの、地合いの悪さは変わらず。仲値を過ぎて投信設定絡みの買いがなかったことや日経平均が小幅マイナスで推移したこともあり、海外勢を中心に売りがかさむと一時97.65円まで下落。ただ、97.50円にバリアOPが観測されるなか、シンガポール勢の買いもあって、下げ渋ると安値圏でもみ合いとなった。

2009/04/23(木)12:57 97.71円
 ドル円は97円後半の本日安値圏でもみ合い。市場では97.50円のバリアOPとそれに伴う防戦買いが話題となっているが、98.00円のOPピンの影響もかなり大きいという。下のバリアをつけない限りは、現時点の97.63-98.20円のレンジから抜け出すには、時間か大きな手がかりが必要と言えそうだ。

2009/04/23(木)14:10 97.83円
 午後の東京外為市場ドル円は株価を睨みつつも97.84円前後で膠着感を強めている。米財務省が24日にも資産査定(ストレステスト)結果を金融機関に通知すると伝わり金融不安再燃への警戒感から投資家のリスク回避の円買い・ドル売り圧力が優勢だが、日経平均株価が上げに転じて揉み合っている。

2009/04/23(木)15:00 98.05円
 23日の日経平均株価は、24日にも発表されるストレステストへの警戒感や主要企業決算発表に対する警戒感が広がり利益確定売りに押されて前日比80円安の8647円まで下落したが、13:00頃から上げに転じ、引けにかけて上げ幅を広げ、結局、前日比119円高の8847円と続伸して取引を終えた。

2009/04/23(木)16:59 98.11円
 東京タイム午後は円売り・ドル売り優勢の展開に。ロシア勢からの買いが入ったポンドを中心に欧州通貨が堅調。この動きに連れてクロス円も反発、ドル円も底堅い地合いとなった。ドル円は午前の段階で97.50円のバリアOPに絡んだ防戦買いが意識されたこともあり、午後は買い優勢の動きに。98.10円台まで上昇する場面も見られた。しかし、98円ちょうどに観測されているOPピンの影響も大きく、同水準からは上値も伸ばせず。次第に98円近辺に収束した。

2009/04/23(木)19:50 98.20円
 欧州市場中盤の取引では、ポンド円が143円台を割り込んだことに連れて、全般的な円売りの勢いが失速して、ドル円は98.15円付近まで下押する展開となった。また、ユーロ円は128円台半ば越えの水準、スイス/円も85円台では戻り売り圧力が強く、円買いが再び優勢となっている。

2009/04/23(木)21:00 98.27円
 LDN午前はドル売り・円売りが優勢に。特にヒルデブランド・スイス国立銀行(SNB)副総裁の発言を受けたスイスフラン(CHF)買いの動きが目立った。また、ユーロドルも1.3088ドルまで上値を拡大した。クロス円もダウ先物が堅調な展開となっていたことも手伝って、総じて堅調。ドル円も98.45円まで小幅ながら上値を伸ばす動きを見せた。

2009/04/23(木)23:03 98.11円
 弱い米住宅指標を受け、ドル円・クロス円は売りで反応。ドル円は98.20円水準から98円ちょうど近辺へ下落。クロス円は、ユーロ円が127.80円近辺から127.50円程度まで下げた。

2009/04/23(木)23:56 97.95円
 NY外為市場のドル円は3月中古住宅販売件数が年率457万件、前月比-3.0%と事前予想(年率465万件、前月比-1.5%)を下回ってドルが売られ、98円を割り込んでいる。一方、NYダウ平均は前日比25ドル安と軟調裡の推移が続いている。

2009/04/24(金)03:47 97.97円
 欧州株は反落。英バークレイズの業績報告やクレディスイスの予想を上回る黒字決算を好感し、買い優勢となる場面がみられた。しかし、終盤にかけ勢いが失速し、売りへ転落した。

2009/04/24(金)05:00 97.92円
 米株は上昇。住宅指標の悪化を嫌気する場面がみられたが、終盤に切り返した。ダウ平均は寄付きは一時25ドル高まで上昇したが、経済指標が重石となってマイナス82ドル安まで売られた。終盤にかけシェブロンやアメックスなどが指数をけん引し、92ドル高まで上昇し、70ドル高で終了した。

2009/04/24(金)06:00 97.96円
 NYタイムはドル売り優勢。ドルストレートが全般的にドル売り・他通貨買いの動きとなった。クロス円もドルストレートの動きが波及し、ユーロ円が一時128.95円、ポンド円は144.47円まで上昇幅を拡大させた。ドル円はドルストレートでのドル売りを受けて上値も重く、98円前半から97.70円近辺まで反落した。ただ、下値も限定的だった。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/127-7b2a1a17
    この記事へのトラックバック


    最近の記事