FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/04/24(金)

2009年04月25日 14:34

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/24(金)

 06:00 97.96円 [Comment]
 06:30 98.07円 
 07:00 98.00円 
 07:10 97.99円 オセアニアタイムの為替市場は小幅に円高。短期筋の売買が目立つ
 07:30 97.96円 

 08:00 97.93円 DC
 08:30 97.91円 
 09:00 97.86円 日経平均、寄り付きは-14.91円の8832.10円
 09:20 97.78円 97.70円台まで下落。為替市場は円買い優勢
 09:30 97.81円 
 10:00 97.76円 
 10:05 97.77円 ドル買い・円買いとなるなか、ドル円は97.74円まで下落
 10:30 97.77円 
 11:00 97.79円 日経平均株価は、前日比29円安の8817円で午前の取引を終了
 11:16 97.31円 97.31円まで下落、新たに米系の売り観測
 11:23 97.27円 [Comment]
 11:30 97.33円 
 11:36 97.35円
 11:57 97.23円 下げ渋り。97.20-30円から97.00円にかけては、押し目買いが散見
 12:00 97.23円 
 12:12 97.33円 97.12円まで下落幅を拡大。97.00円以下には、断続的に買いが観測
 12:20 97.30円 NYダウ先物は前日比35ドル安で推移
 12:30 97.32円 日経平均株価は、前日比35円安の8811円で午前の取引を開始
 12:35 97.31円 [Comment]
 13:00 97.35円 
 13:05 97.38円 日経平均が午後から下げ渋り、円高圧力が小康状態
 13:15 97.28円 日経平均株価は再び下げ幅を拡大。前日比100円安に下落
 13:22 97.18円 [Comment]
 13:30 97.17円 
 13:41 97.02円 日経平均は一時、前日比-137.60円の8709.41まで下げ幅を拡大
 13:43 97.05円 続落。一時3月30日以来となる96円割れの場面が見られた
 14:00 97.12円 
 14:15 97.07円 シカゴ先物のNYダウは前日比60ドル安で推移
 14:30 97.02円 
 14:38 97.03円 後場の日経平均株価は、100円超下落の軟調推移
 14:43 96.96円 ドル売りが強まり、96.90円まで下落幅拡大
 14:45 97.06円 [Comment]
 15:00 97.03円 [Comment]
 15:20 97.09円 シカゴ先物のNYダウは前日比42ドル安と下げ渋りで推移
 15:30 96.89円 
 15:40 96.81円 96.70円まで下げ幅を拡大。海外ヘッジファンドの投げが出ている
 15:58 96.73円 米国株の先物取引ではNYダウが前日比36ドル安と下げ渋るり
 16:00 96.70円 
 16:07 96.73円 誘発ストップロスを巻き込み、一時96.60-65円の安値まで下落
 16:30 96.77円 欧州株市場は小幅高でスタート

 17:00 97.06円 GC 
 17:03 97.15円 [Comment]
 17:30 97.06円 
 18:00 97.01円 
 18:30 97.03円 
 19:00 97.01円 
 19:15 97.07円 97円前後で膠着。欧州時間後半は材料難で様子見 

 19:30 96.98円 DC
 20:00 96.95円 
 20:21 97.03円 ダウ先物が上昇。前日比+43ドルの7958ドルまで上昇
 20:24 96.98円 96円台後半で揉み合いながらも、堅調に推移
 20:30 97.01円 
 20:32 97.03円 米国の耐久財受注が懸念ほど悪化せず、ドル円はやや反発
 21:00 96.83円 
 21:18 96.99円 [Comment]
 21:30 96.98円  

 21:40 97.07円 GC
 22:00 96.98円 
 22:10 97.01円 シカゴ先物のNYダウは小幅高で推移。前日比32ドル高の7947ドル
 22:30 97.14円 ダウ平均は前日比+0.39ドルの7957.45ドルで寄り付き
 22:34 97.13円 NYダウが上昇スタートとなっており、円安が進展
 23:00 97.25円 
 23:06 97.35円 強い米3月新築住宅販売件数の結果を受けて、ドル円はやや反発
 23:10 97.34円 米株は続伸。企業決算の結果を好感
 23:30 97.22円 
 23:51 97.38円 反発後に上げ渋り。97.40-60円にかけてドルの戻り売りが厚い
 23:55 97.34円 ダウ平均は堅調、8053.83ドル(+96.77)で推移

2009/04/25(土)
 00:00 97.38円 
 00:05 97.37円 [Comment]
 00:30 97.32円 

 01:00 97.07円 DC
 01:01 97.04円 NYダウは、序盤の高値を上抜けて8,090ドル台へと上げ幅を拡大
 01:10 97.04円 97.30円近辺から97.00円付近へ反落。複数の米系の売りが観測
 01:30 96.99円 
 02:00 96.98円 
 02:10 97.00円 欧州株は、米リスク選好の動きから買いが進み高値引けとなった
 02:30 96.94円 
 03:00 96.94円 
 03:28 96.99円 NY時間午後になって、97.00円近辺の狭いレンジで値動き
 03:30 96.98円 
 03:46 97.02円 97円前半を中心とした動き。じり安も明確な方向性は乏しい
 04:00 97.03円 

 04:00 97.16円 GC
 04:20 97.12円 NYダウは、8,020ドル近辺から反発、8,127.50ドルへと高値更新
 04:30 97.12円 
 05:00 97.10円 ダウ平均は24日、前日比+119.23ドルの8076.29ドルで引け
 05:30 97.17円 
 05:45 97.11円 シカゴ日経平均先物は続伸。6月限終値は8,960(+40)
 06:00 97.20円 [Comment]



[Comment]

2009/04/24(金)06:00 97.96円
 NYタイムはドル売り優勢。ドルストレートが全般的にドル売り・他通貨買いの動きとなった。クロス円もドルストレートの動きが波及し、ユーロ円が一時128.95円、ポンド円は144.47円まで上昇幅を拡大させた。ドル円はドルストレートでのドル売りを受けて上値も重く、98円前半から97.70円近辺まで反落した。ただ、下値も限定的だった。

2009/04/24(金)11:23 97.27円
 ドル円は22日の安値97.57円を下抜け、3月30日以来の安値97.21円まで下落。それ以前に売りを出していた米系以外に、別の米系の売りも加わって、99.50円のストップロスの売りをつけて下落が加速した。

2009/04/24(金)12:35 97.31円
 東京タイム午前、序盤ドル円やクロス円は上値の重い展開ながら限定的な値動き。しかし、次第にドル円にストップロス狙いや海外リアルマネー系の売りが入って下落が進行。22日の安値97.57円、その下のストップロスの売りが観測された97.50円を下抜け、一時97.12円まで売られ、3月30日以来の安値水準に達した。クロス円も次第に売りが強まり、ユーロ円は127.75円まで本日安値を更新した。

2009/04/24(金)13:22 97.18円
 ドル円は上値の重い動き。96.50-97.00円にかけては米系短期筋や本邦輸入の買いが並んでいるとあって、一時97.40円手前まで反発した。ただ、下値を拾って買い上げていく動きも限られ戻りは鈍く、上値の重い動きとなっている。

2009/04/24(金)14:45 97.06円
 午後の東京外為市場のドル円は、米財務省が米自動車大手クライスラーに対して破産法適用の申請を準備するよう指示したとの米紙報道や日経平均株価の軟調を受けた投資家のリスク回避の円買いが優勢となり97円割れ攻防。

2009/04/24(金)15:00 97.03円
 日経平均は-139.02円の8707.99円で大引け。本格化する09年3月期の決算発表を見極めたいとして積極的な買いが控えられる中、米財務省が米自動車大手クライスラーに対して破産法適用の申請を準備するよう指示したとの米紙報道や96円台への円高進展などが嫌気されて後場一段安を辿り、結局、前日比139円安の8707円と反落して取引を終えた。

2009/04/24(金)17:03 97.15円
 午後の東京市場では、午前に引き続きドル円・クロス円が下落。ドル円は97円前半では、輸出筋の買い戻しが観測され、下げ渋る局面も見られたが、海外ヘッジファンド勢の売りが断続的に観測されると、96.63円まで下げ幅を拡大した。

2009/04/24(金)21:18 96.99円
 LDN午前は欧州通貨が乱高下。ユーロドルは買いが先行したが、1.32ドル前半まで下落するなど荒い動きとなった。ポンドは、ユーロドルに連れて上昇したが、景気後退が鮮明となったこともあり、下落に転じた。ユーロ円やポンド円は対ドルでの動きに連れる展開に。一方でドル円は、欧州通貨を中心とした動きとなるなか、方向性の見定め難い動きとなり、97円前後での推移が継続した。

2009/04/25(土)00:05 97.37円
 LDNFIXにかけてはポンドの買い戻しが優勢。ポンドドルの上昇は、その他のドルストレートの動きに波及。また、クロス円も上昇基調となり、ドル円はドルストレートでのドル売りが上値の重石となる一方で、クロス円の上昇がサポートとなり上下ともに動き難い状態で、97円前半を中心に小幅な値動きとなった。

2009/04/25(土)06:00 97.20円
 NYタイムはポンドの買い戻しが優勢。ポンドドルの上昇は、その他のドルストレートの動きに波及。また、クロス円も上昇基調となった。ドル円はドルストレートでのドル売りが上値の重石となる一方で、クロス円の上昇がサポートとなり上下ともに動き難い状態。97円前半での小幅な値動きとなった。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/129-8ab1dda1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事