FC2ブログ

ドル円の流れ4月28日 早刷1版

2009年04月28日 15:46

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/28(火)①

 06:00 96.76円
 NYタイム為替市場はドル買い・円買いが優勢に。WHOが豚インフルエンザの警戒レベルをフェーズ4へと引き上げたことや、メキシコで大規模な地震が起きたことなどを背景にリスク回避の動きが活発化し、ドル買い・円買いの動きが目立った。特に軟調となったのがユーロ。ユーロドルは1.2999ドルまで下落。ユーロ円も125.65円まで下押した。ドル円はドル買い・円買い地合いの中で落ち着いた値動きに。96円後半の水準で、もみ合いとなった。

 06:30 96.67円 
 07:00 96.72円 
 07:05 96.72円 早朝オセアニアタイムの為替市場はここまでは、やや揉み合い
 07:30 96.68円 
 07:43 96.55円 円がじり安。ユーロ円は昨日安値125.63円をわずかに更新
 08:00 96.53円 
 08:02 96.53円 一時96.45円まで下落。NYタイムの流れを引継いで売りが先行
 08:16 96.43円 早朝の東京外為市場でもドル円、クロス円で円高が継続
 08:22 96.35円 96.54円のストップロスの売りを巻き込んで一時96.34円まで下落
 08:30 96.31円 
 08:34 96.28円 ユーロ円には米系の売り観測、125.36円で推移
 08:43 96.33円 売り継続。一時96.27円まで下落
 09:00 96.36円 日経平均株価は、前日比48円安の8678円で寄り付き

 09:20 96.45円
 東京株式市場で日経平均株価は、前日比20円安と小幅安。シカゴ先物のNYダウも45ドル安と下げ幅は限定的に。豚インフルエンザの影響拡大への警戒感が株価の上値を抑える一方、最近の経済指標や企業決算の持ち直しといったファンダメにタルズの改善が信用不安を抑制している。

 09:25 96.43円 ユーロドルが下落。昨日安値を下回り一時1.2996ドルまで下落
 09:30 96.43円 
 09:35 96.53円 日経平均株価はプラスを回復。GMの追加リストラ策などを好感
 09:46 96.53円 円高が一服。日経平均やNYダウ先物が底堅く推移
 10:00 96.53円 

 10:10 96.57円 GC
 10:30 96.51円 
 10:43 96.53円 膠着ながら円が強含み。日経平均が反発後に上げ渋り
 11:00 96.56円 日経平均株価は、前日比38円高の8764円で午前の取引を終了

 11:01 96.55円
 ドル円・クロス円は上値の重い動き。クロス円には短期筋の買い戻しが入り、それぞれ戻したが反発も限られ、上値も重い。ドル円は、96.00-20円に控えていた米系短期筋の買いが意識され、下押しも限定的。96円半ばまで反発したが、クロス円の戻りが限られたこともあり、こちらも上値は重い。
 

 11:20 96.45円 DC
 11:30 96.43円 
 11:40 96.37円 96.30円台と再びドルの下値をうかがう展開
 12:00 96.33円 
 12:03 96.31円 NZドル円、豪ドル円が急落、他のクロス円も軒並み安値を更新

 12:12 96.27円
 為替市場東京タイム午前は、引き続き豚インフルエンザへの懸念によるリスク回避を背景として、ユーロ円を中心にドル円・クロス円はそれぞれ下げ幅を広げ、ドルストレートもクロス円の動きに連れて軟調。ドル円もクロス円の下落が重石となり96.27円まで下落。同水準では96.00-96.20円にあった米系短期筋の買いが意識されて96円半ばまで戻したが、上値の重い状況に変化はなく再び96.26円まで水準を下げた。

 12:30 96.25円 日経平均株価は、前日比7円安の8718円で午後の取引を開始
 12:42 96.23円 ダウ先物は軟調、前日比-63ドルの7939ドルで推移
 12:52 96.33円 日経平均株価は午後から前日水準で膠着
 13:00 96.31円 ユーロ円はユーロが弱含みで推移。リスク回避がユーロ安を支援
 13:10 96.22円 後場の日経平均株価は、世界的な株安懸念が強まり軟調に推移
 13:13 96.18円 ユーロ円は3月12日以来の125円割れ。一時124.93円まで下落
 13:29 96.08円 ドル円は続落。豚インフル懸念を受けて96円割れの攻防
 13:30 96.04円 

 14:00 96.03円 
 ドル円はドル安地合いが持続。96円前後に観測されるオプション絡みの大口ドル防戦買いと、下抜けた場合のドル売り誘発ストップロスを巡る攻防となっている。
一方で日本の政府は景気テコ入れのために大型補正予算案を決めた直後であり、このまま円高・株安が加速すれば補正の効果を帳消しにしかねない。そのため財務省と日銀による政策対応にも神経質な地合いとなっている。

 14:13 96.11円
 日経平均株価は、アジア株の軟調やシカゴ先物の下落など豚インフルエンザ拡大を受けた世界的な株安懸念、さらにFRBがシティ・グループとバンク・オブ・アメリカに対して資本増強を要請すると発表したことを受け、来週の米銀ストレステストへの警戒感が強まり、節目の25日移動平均(8700円)を割り込み下げ幅を広げている。

 14:30 96.14円 
 14:33 96.11円 ドル円は一時95.97円をつけた後96円台前半で揉み合い
 14:56 95.93円 ドル円、95.88円まで本日安値を更新

 15:00 95.94円
 日経平均は-232.57円の8493.77円で大引け。序盤は発表本格化の主要企業の今期業績見通しに対する期待感が支えとなり上げに転じたものの、豚インフルエンザ問題の拡大に伴う円高や後場に入りアジア株の軟調やシカゴ先物取引の下落に加え、FRBが米シティ・グループとバンク・オブ・アメリカに対して資本増強を要請するとの報道を受け、来週の米銀ストレステストへの警戒感が強まり、節目の8700円を割り込み下げ幅を広げ、結局、前日比232円安の8493円と大幅反落で取引を終えた。

・・・・・・・・・・・・・・  To be Continue  〓 〓


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/134-5cdf4c45
    この記事へのトラックバック


    最近の記事