FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/04/30(木)

2009年05月01日 09:43

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/30(木)

 06:00 97.65円 [Comment]
 06:30 97.57円 
 07:00 97.66円 
 07:02 97.64円 オセアニアタイムではNZドルが急落
 07:10 97.58円 円売り優勢。月末ゴトー日にあたるための需給要因 

 07:20 97.52円 DC
 07:30 97.52円 
 07:50 97.53円 NYダウ先物は前日比20ドル安で推移。前日の大幅上昇の反動調整
 08:00 97.50円 
 08:30 97.53円 
 09:00 97.60円 日経平均株価は、前営業日比121円高の8615円で寄り付き
 09:10 97.51円 日経平均は上げ幅を拡大。外需関連や金融株などが堅調に推移
 09:15 97.57円 日経平均は前日比200円を超える上昇 

 09:20 97.61円 GC
 09:28 97.68円 円が全面安。日経平均株価が前営業日比300円高へと上げ幅を拡大
 09:30 97.65円 
 09:38 97.67円 ドル円・クロス円は買い継続、ドル円は97.72円まで上昇
 09:39 97.66円 ユーロ円は昨日高値の130.02円を超えて130.05円示現
 09:48 97.77円 97.80円まで上昇。日経平均が前日比300円を超えて上昇
 09:52 97.83円 97.80円付近を堅調に推移。98.00円前後にドル戻り売り観測
 10:00 97.74円 
 10:10 97.69円 97.80円台から97.60円台へと徐々に軟調推移
 10:15 97.67円 クロス円も買い一服。一巡後は小幅に水準を下げている
 10:30 97.79円 
 10:40 97.79円 [Comment]
 11:00 97.73円 日経平均株価は、前営業日比339円高の8833円で午前の取引を終了
 11:20 97.57円 シカゴ先物のNYダウは前日比40ドル高と小幅続伸で推移
 11:26 97.57円 97.50円台に水準を下げて推移。輸出筋の売りを観測
 11:30 97.60円 

 11:30 97.57円 DC 
 11:40 97.57円 97.50円台で推移。輸出企業が断続的に円買いを継続
 12:00 97.55円 
 12:30 97.53円 日経平均株価は、前営業日比341円高の8835円で午後の取引を開始
 12:57 97.35円 やや円が強含み。日経平均が330円高で高止まりし、円売リ一服
 13:00 97.38円 クロス円に投資家筋の売り観測、ユーロ円は129円半ばで推移
 13:03 97.29円 クライスラー再建法回避の交渉決裂、木曜にも申請へとの報道
 13:07 97.17円 米クライスラーの報道を受けて、ドル円・クロス円は総売り
 13:12 97.24円 [Comment]
 13:24 97.17円 ダウ先物は上昇幅を縮小。クライスラーの報道を受けて反落
 13:30 97.24円 円買い・外貨売りが再燃。一方で日経平均株価は315円高を維持
 14:00 97.35円 
 14:30 97.28円 
 15:00 97.36円 [Comment]
 15:30 97.36円 

 15:40 97.33円 GC
 15:37 97.33円 ダウ先物は小幅水準を戻す。8160ドル前後まで戻した
 16:00 97.48円 
 16:03 97.57円 円売りが再燃。欧州株や米国株の先物が上昇しており、円売り優勢
 16:15 97.70円 東京終盤から欧州入りにかけてはドル売り・円売りが進む展開
 16:30 97.64円 
 17:00 97.68円 [Comment]
 17:10 97.66円 [Comment]
 17:30 97.64円 
 18:00 97.74円 
 18:28 97.75円 ド97円台後半で底堅い展開。欧州株や米株先物が大幅高水準を維持
 18:30 97.76円 
 18:34 97.77円 ユーロドルはじり安。1.33ドルを割り込む水準まで下落
 18:54 97.94円 ドル円は98円乗せ、一時98.01円へ上昇
 19:00 97.95円 
 19:05 98.11円 ジリ高基調が続いて98円台に続伸し、本日高値を更新中
 19:11 98.19円 一時98.20円まで上昇。ダウ先物や欧州株の上昇も要因
 19:30 98.16円 
 19:35 98.07円 [Comment]
 20:00 98.14円 
 20:05 98.10円 シカゴ市場の米株先物は、前日比125ドル高の8250ドルで推移
 20:30 98.22円 
 20:46 98.31円 [Comment]
 21:00 98.22円
 21:30 98.13円 
 21:47 98.26円 米経済指標発表後、ドルは対ユーロで上昇したが反応は限定的
 22:00 98.41円
 22:15 98.38円 シカゴ市場の米株先物は、前日比107ドル高の8232ドルと続伸
 22:22 98.40円 [Comment]
 22:30 98.41円 NYダウ平均株価は、前日比60ドル高の8244ドルと続伸して寄付き
 22:55 98.34円 NYダウは、一時前日比111ドル高まで上昇し、その後やや反落
 23:00 98.41円 
 23:02 98.38円 ロンドンフィックスにかけてドル円で円買いとの噂
 23:15 98.32円 [Comment]
 23:27 98.17円 欧州系からのドル円売り観測、ドル円は98.10円台の動きに
 23:30 98.24円 
 23:50 98.28円 98円前半で揉み合い。米経済指標がまちまちで反応が限定的

2009/05/01(金)
 00:00 98.36円
 00:20 98.57円 [Comment]
 00:30 98.76円 98.90円まで本日高値を更新。クロス円も軒並み本日高値を更新
 01:00 98.75円 NYダウは、一時100ドル超まで上げ幅を拡大
 01:22 98.94円 クライスラーが破産法(チャプター11)を申請
 01:28 98.91円 [Comment]
 01:30 98.88円 ドル円は99.10-30円に断続的なストップ観測
 01:33 98.82円 クロス円と共にドル円が上昇し、99.00円を示現
 01:55 98.84円 クライスラーの破産法適用申請の報道後、NYダウは上げ幅を縮小
 02:00 98.88円 
 02:16 98.60円 98円後半で小動き。クライスラーの破綻申請の反応は一時的
 02:30 98.66円 
 02:50 98.65円 [Comment]
 03:00 98.66円 
 03:30 98.75円 
 03:34 98.72円 98.70円付近での揉み合い。一時98.50円レベルまで下落したが反発 

 03:50 98.65円 DC
 04:00 98.69円 
 04:30 98.64円 
 05:00 98.61円 [Comment]
 05:30 98.60円 シカゴ日経先物は続伸。終値8,895.0(前日比+80.0)
 06:00 98.62円 [Comment]



[Comment]

2009/04/30(木)06:00 97.65円
 NYタイムはドル売り・円売り優勢。米GDPの減速やクライスラー破綻絡みのニュース、豚インフルエンザの警戒レベル引き上げなどでリスク回避の展開となる場面もあったが、株高に支えられ、総じて底堅い展開となった。ドル円は米GDPの発表を受けて反落したが、ダウ平均が上値を拡大する動きに連れて上昇。さらに、FOMC声明で景気見通しに改善が見られると、一時98.00円まで上昇した。終盤には97円半ばまで反落したが、総じて堅調な地合いは維持された。

2009/04/30(木)10:40 97.79円
 午前の東京外為市場ドル円は、29日の米国株高を受けて日経平均株価の上げ幅が300円を超え、投資家のリスク許容度改善を意識した円売り・ドル買いが優勢となっている。ただ、世界的感染拡大を見せる豚インフルエンザが弱毒性にとどまるものの警戒水準が「5」に引き上げられる一方、米クライスラーの再建問題や米銀ストレステスト結果への警戒感が根強く、97円台後半ではドルの上値が重い。

2009/04/30(木)13:12 97.24円
 午後の東京外為市場ドル円は、ウォールストリート・ジャーナル紙がクライスラーの破産法申請を回避させるための協議が決裂したと報じ、日経平均株価の上げ幅縮小による投資家のリスク回避の円買い戻しに97円台前半へと急落した。後場の日経平均株価も、この報道を受けて上げ幅を縮小した。

2009/04/30(木)15:00 97.36円
日経平均は+334.49円の8828.26円で大引け。29日の米株高や円安など外部環境の改善と、朝方発表された3月鉱工業生産指数が半年ぶりに上昇に転じて景気底入れとされ上昇に拍車がかかり、上げ幅は300円を超えた。後場はウォールストリート・ジャーナルのクライスラーの破産法申請を回避させるための協議決裂の報道を受けて、一時8700円台後半に上げ幅を縮めたが、その後切り返し、結局、前日比334円高の8828円と大幅反発で取引を終えた。

2009/04/30(木)17:00 97.68円
 午後の東京市場はドル売り・円売り優勢。ドルストレートではドル売り・他通貨買いが旺盛に。また、クロス円も軒並み上昇。ドル円においてはクロス円の上昇が追い風となり97.70円前後まで上昇したが、他通貨におけるドル売りの流れに上昇幅は限られた。

 17:10 97.66円
 為替欧州市場では、欧州株や米株先物が大幅高で推移していることで、ドル売り・円売りが進行しており、ドルは対円を除き全面安で取引され、特にポンドドルは一時1.49ドル台半ばに上値を伸ばし、大幅上昇となった。一方、ドル円は、前日終値水準からほぼ横ばいで推移している為、クロス円は全面高で取引されている。

2009/04/30(木)19:35 98.07円
 欧州市場中盤の取引では、米株先物や欧州株が上昇幅を拡大、欧州主要株価指数は概ね前日比2%を超える上げとなったことで、円売りが進行、ドル円は98円台前半、ユーロ円は130.90円前後、ポンド円も146円台に乗せるなど円が全面安となった。

2009/04/30(木)20:46 98.31円
 午前のロンドン市場は、ドル円・クロス円が上昇。ダウ先物や欧州株が堅調に推移し、相場を押し上げた。ドル円は昨日高値を上抜けると、一時98.29円へ上昇した。また、クロス円も軒並み堅調となり、ドルストレートはドル買い優勢となる展開となった。

2009/04/30(木)22:22 98.40円
 NY外為市場は、米失業保険申請件数が予想を下回り、米政府がクライスラーの破産法の適用申請手続きを開始したとの報道に悪材料出尽くし感からドルが上昇したが、ドル買い戻し一巡後はややユーロや円が買い戻され、ドルは対円、対ユーロともに上げ渋っている。

2009/04/30(木)23:15 98.32円
 米株は大幅続伸。オバマ米大統領がクライスラーに関してチャプター11を申請する方針との報道は織り込み済みで、買いの流れが続いた。米新規失業保険申請件数が減少したことも追い風となり、高値圏での推移となっている。

2009/05/01(金)00:20 98.57円
 ドル円は一時98.63円まで本日高値を更新。ロンドンフィックスで米銀から500本あまりの買いが出ていたとのこと、ダウ平均が8300ドルを回復する上昇を達成していることも、クロス円との連れ高に繋がっている模様。

2009/05/01(金)01:28 98.91円
 ドル円、クロス円が上昇。オバマ米大統領がクライスラーの破産法適用を発表したものの、政府支援の継続や再建への資金援助を発表。ダウ平均は売りが優勢となったものの、ドル円・クロス円は買いが優勢となっている。ドル円は一時99.00円と本日高値を更新。ユーロ円も131.28円と高値を更新したほか、他クロス円も軒並み高値をつけた。

2009/05/01(金)02:50 98.65円
 欧州株式市場は続伸。一時100ポイント超の上昇幅を示現していたものの、米クライスラーの破産法適用申請との報道を受けて高値警戒感が強まり、上昇幅を大きく削っての引けとなった。

2009/05/01(金)05:00 98.61円
 ダウ平均は、前日比-17.61ドルの8168.12ドルで小幅反落引け。序盤に100ドル超の上げ幅を記録したが、米クライスラーの破産法適用申請が報じられ徐々に軟化。終盤は前日終値付近での揉み合いとなったが、結局前日比マイナスで大引けを迎えた。

2009/05/01(金)06:00 98.62円
 NYタイムはややドル買い優勢の展開。クライスラーが破綻申請をしたものの、同時に再建に向けて政府支援の継続が発表されたことも好感されたため、リスク回避の動きは限定的なものに止まった。欧州時間からのユーロ売りの流れも一服。ドル円も米銀からの買いで99.00円まで上昇したロンドンフィックス後も、98円後半の水準を維持した。

相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/142-4b5925dc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事