FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/05/08(金)

2009年05月09日 12:06

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/05/08(金)

 06:00 99.10円 [Comment]
 06:02 99.09円 「ストレステストの結果、19行のうち10行で増資要、合計746億ドル」
 06:19 99.21円 ダウ先物は、8390ドル前後から8425ドル前後まで上昇
 06:20 99.23円 ストレステストの結果を受け、ドル円は99.33円まで一時上昇
 06:30 99.20円 
 07:00 99.29円 
 07:08 99.19円 [Comment]
 07:10 99.20円 為替市場はここまで小動き。一時円売りが進むも勢い続かず
 07:30 99.17円 オセアニア時間にシカゴ先物のNYダウは34ドル高で推移
 08:00 99.13円 

 08:30 99.10円 DC 
 09:00 99.17円 GC
 09:00 99.17円 日経平均株価は、前日比34円安の9351円で寄り付き
 09:10 99.28円 ドル円、クロス円とも膠着ながら、やや円が弱含み
 09:15 99.29円 ユーロでのドル買いから、99.10円前後から99.30円近辺まで反発
 09:27 99.38円 円がジリ安。日経平均株価が押し目買いに支えられてプラス回復
 09:30 99.37円 
 09:48 99.30円 99.42円までじり高。海外短期勢の買い観測
 09:52 99.27円 99円前半で若干上値重い、輸出の売り散見
 10:00 99.30円 
 10:25 99.28円 利益確定に伴ったドル買い戻しが継続。各通貨は下げ基調で推移
 10:30 99.27円 
 10:47 99.21円 日経平均は小動き。前日終値を挟んで小幅な動き
 11:00 99.21円 日経平均は-4.62円の9381.08円で前引け
 11:10 99.21円 ドル円は小動きだが、円はクロスで小幅に買い進められる展開 

 11:20 99.22円 DC
 11:30 99.15円 
 11:56 99.12円 ドル円は99円前半で推移。英系の売りが観測
 12:00 99.01円 ドル円じり安、99.01円まで本日安値を更新
 12:04 99.03円 ドル円が反落。米雇用統計や週末を控えた調整地合いが先行
 12:16 99.02円 [Comment]
 12:30 99.01円 日経平均株価は、前日比36円安の9349円で午後の取引を開始
 13:00 99.07円 
 13:13 99.08円 円高が一服。午後から日経平均が小幅プラスを回復
 13:30 99.07円 
 13:38 99.17円 シカゴ先物のNYダウは、前日比55ドル高と小幅反発で推移
 13:56 99.17円 ユーロドルは本日高値水準まで戻す。欧州系の買いが観測 

 14:00 99.17円 ドル円は、新規材料難の中で99.10円台で揉み合い推移に終始 GC
 14:10 99.18円 後場の日経平均株価は、小動き展開ながらも上げ幅を70円に拡大
 14:30 99.16円 
 15:00 99.28円 [Comment]
 15:25 99.20円 ユーロ円は、ユーロが反発からジリ高傾向を持続
 15:30 99.19円 
 15:53 99.23円 ドルが下落。ドル円は他通貨の円安により、ドル安圧力が限定的
 16:00 99.25円 
 16:30 99.31円 
 16:44 99.41円 クロス円の上昇につられてドル円は99.47円まで上昇
 17:00 99.38円 
 17:07 99.37円 [Comment]
 17:10 99.43円 [Comment]
 17:25 99.38円 ユーロは、対ポンドや対スイスフランで堅調地合を維持
 17:30 99.38円 
 18:00 99.41円 
 18:25 99.41円 ユーロドルは、1.3433ドル前後の本日高値を示現後は、小幅反落
 18:30 99.41円 
 18:50 99.46円 米株先物取引では、NYダウ平均先物が80ドル前後の上昇推移
 19:00 99.36円 
 19:30 99.38円 
 19:45 99.41円 欧州外為市場中盤の取引では、ドル円は99.40円付近で膠着化 

 20:00 99.37円 DC
 20:30 99.27円 ドル円はもみ合い。米雇用統計の発表を控え、上値も重い
 20:53 99.36円 米雇用統計を前にして、各通貨ともポジション調整の動きに終始
 21:00 99.36円 
 21:30 99.38円 [Comment]
 21:35 99.08円 [Comment]
 21:36 99.04円 ドル円はドル上昇後に反落。対円以外でのドル安に連れ安
 21:38 99.11円 米雇用統計を受けて市場は乱高下。ドル売りが優勢
 21:42 99.11円 ユーロとスイスが対ドル、対円で上昇
 21:57 99.13円 ドル売りが優勢の展開。ユーロドルは本日高値を更新
 22:00 99.06円 
 22:05 99.05円 シカゴ先物市場でNYダウは続伸。米雇用統計の改善が要因
 22:11 99.07円 ドル円は99.00円近辺で下げ渋り。米系からの買いが観測
 22:30 99.13円 ダウ平均は前日比+0.88ドルの8410.73ドルで寄り付き
 22:40 99.12円 NYダウは110ドル高へと上げ幅を拡大。円安地合いが継続
 22:55 99.18円 米株は大幅反発。ダウ平均は一時142ドル高まで上昇
 23:00 99.16円 
 23:24 99.13円 やや円が強含み。円売りの勢いが一服
 23:30 99.08円 欧州通貨や資源国通貨が伸び悩み、ドルや円が反発
 23:45 99.07円 雇用統計後は全体的に動意薄に。ドル円は99円前半で膠着

2009/05/09(土)
 00:00 98.91円 
 00:02 98.86円 ドル円が一時98.76円と本日安値を更新
 00:13 98.85円 [Comment]
 00:30 98.89円 
 01:00 99.01円 
 01:12 98.87円 ドル売りが優勢に。ドル円は再度、98.80円台に下落
 01:30 98.89円 NYダウは、米雇用統計を好感する動きで、8,500ドル台を回復
 01:41 98.75円 ドル全面安状態、ドル円も98.74円まで下落
 02:00 98.75円 NYダウは堅調に推移しているものの、ドル離れの動きが見られる
 02:05 98.75円 ドル売りが継続。ドル円が98.73円まで安値を更新
 02:30 98.77円 
 02:50 98.56円 ドル売りが拡大。ドル円は98.48円まで下落
 03:00 98.51円 
 03:30 98.58円 NYダウは金融関連株が主導する形で、堅調推移を継続
 03:45 98.37円 [Comment]
 03:55 98.37円 欧州株は上昇。寄付きから上値を切り上げ、大引けは高値圏で終了
 03:58 98.39円 ドル円はじりじりと下げる展開が続き、安値98.32円を示現
 04:00 98.38円 
 04:30 98.45円 
 05:00 98.47円 [Comment]
 05:02 98.40円 ドル円は98円前半で下げ渋り
 05:30 98.46円 シカゴ日経先物は9,500円台を回復。前日比+220の9,540で終了
 05:58 98.45円 ユーロ引けにかけて上伸、1.3652ドル
 06:00 98.50円 [Comment]



[Comment]

2009/05/08(金)06:00 99.10円
 7日NYタイムはドルと円が買い戻される展開。ダウ平均が100ドルを超える反落となったことや米雇用統計前のポジション調整などから、足元のリスク許容度の改善が一服と
なった。ドル円は新規失業保険申請件数が予想より強い数字となったことを受けた買いで99.80円まで上昇したが、株安のなかで99円割れ水準まで下押し。その後は様子見ムードが漂う中で99円を挟んだもみ合いに終始した。

2009/05/08(金)07:08 99.19円
 各通貨ともに小動き。事前に各方面から情報が出ていたこともあり、米ストレステストの結果を受けた市場の反応は限定的。ドル円は99.20円前半、ユーロドルは1.33ドル後半、ユーロ円は132円後半での推移となっている。

2009/05/08(金)12:16 99.02円
 東京タイム午前は円を除く対主要通貨でドルが強含み。特段の材料が見当たらないなか、米雇用統計を控えポジション調整のドル買い戻しが優勢となった。ドル円は仲値需給が大きく不足するとの噂から99.42円まで上昇したが、その影響がはく落すると99円前半まで押し戻された。終盤には98.99円まで本日安値を更新した。

2009/05/08(金)15:00 99.28円
 日経平均は+47.13円の9432.83円で大引け。小反落で始まり上げに転じ、後場は内外景気底入れ期待から押し目買いに上げ幅を広げて9400円台に乗せ、結局、前日比47円高の9432円と小幅続伸で取引を終えた。

2009/05/08(金)2009/05/08(金)17:07 99.37円
 東京タイム午後のクロス円は、ポンド円主導で買い戻しが優勢となった。クロス円の動きは各々対ドルでの動きにも影響し、下落からの戻りを試した。一方ドル円は、材料不足から99円前半を中心として動意の鈍い展開が続いた。ただ、終盤にはクロス円の上昇に連れて99.49円まで水準を上げたが、戻りも限られた。

2009/05/08(金)17:10 99.43円
 欧州市場序盤の取引では、米株先物や欧州株が金融株を中心に堅調裡推移となっていることを背景に、ドルと円が主要通貨に対して弱含み推移となってきた。もっとも、米雇用統計の発表を控え、今のところ小幅な値動きに留まっている。

2009/05/08(金)21:30 99.38円
 米4月非農業部門雇用者数は-53.9万人となり、市場予想の-60.0万人より強い結果となった。 また、同失業率は8.9%となり、市場予想通りの結果となった。

2009/05/08(金)21:35 99.08円
 ドル安・円安の展開に。米雇用統計の改善を受けて、米株先物が続伸。安全逃避のドル買いが剥落し、ドルが広範な通貨に対して下落している。一方でリスク許容度の改善が円安を支援。対ドル以外でのクロス円では円安の動きも見られている。

2009/05/09(土)00:13 98.85円
 米雇用統計は市場予想を上回ったものの、これに伴うドル買いは限定的。ドル円は予想より強い米雇用統計を受け、一時99.60円と本日高値を示現。しかし、その後は米10年債利回りを中心に米金利が低下するなかで、一時98.76円まで本日安値を更新する展開となった。

2009/05/09(土)03:45 98.37円
 ドルがさらに下値を探る展開。ドル円が98.32円を示現したほか、ドル・スイスフランが1.1062CHF、ドル・加ドルが1.1511加ドルと安値を更新。またユーロドルが1.3623ドル、ポンドドルが1.5193ドル、豪ドル・ドルが0.7699ドル、NZドル・ドルが0.6055ドルと高値を更新している。

2009/05/09(土)05:00 98.47円
 ダウ平均は前日比+164.80ドルの8574.65ドルで引け。雇用統計とストレステストの結果を材料に金融関連株を中心に買われた。また、NY原油先物上昇も後押しとなり、商品株も上昇。終始底堅い動きを続け、前日比+164.80ドルの8,574.65ドルで取引を終えた。

2009/05/09(土)06:00 98.50円
 8日NYタイムはドルが全面安。米雇用統計が予想を上回る結果となったことを受けて米株高となる一方、失業率が高水準となったことや昨日の急落からの調整で米債高に。リスク許容度の改善に伴うドル売りと米債利回り低下に伴うドル売りが重なり、主要通貨に対して売られる展開となった。ドル円は株高のなかで、米雇用統計後の高値99.60円からほぼ一貫して軟調となり、98.32円まで下落した。

相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/161-ca81eb4d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事