FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/05/11(月)

2009年05月12日 08:47

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/05/09(土)06:00 98.50円
 週末8日NYタイムはドルが全面安。米雇用統計が予想を上回り、米株高となる一方、失業率が高水準となったことや昨日の急落からの調整で米債高に。リスク許容度の改善に伴うドル売りと米債利回り低下に伴うドル売りが重なり、主要通貨に対して売られる展開となった。ドル円は株高のなかで、米雇用統計後の高値99.60円からほぼ一貫して軟調となり、98.32円まで下落した。

2009/05/11(月)
 07:00 98.49円 
 07:10 98.60円 為替市場は小幅に円安。ドル円相場は一時98.80円台まで上昇 

 07:20 98.58円 GC
 07:30 98.59円 
 08:00 98.67円 
 08:30 98.77円 
 08:55 99.75円 ユーロドルはじり安。ユーロ円は底堅く、134.80円まで上昇
 09:00 98.73円 日経平均株価は、先週末比27円高の9460円で寄り付き
 09:08 98.75円 クロス円が買い優勢。ドル円は98.75円で推移
 09:30 98.74円 

 09:50 98.50円 DC
 09:45 98.58円 日経平均が一時、前営業日比マイナス圏に転じた
 10:00 98.49円 
 10:05 98.42円 やや円買い優勢。ドル円は98円半ば割れをうかがう展開
 10:10 98.43円 日経平均株価は反落。9500円の高値のあとに利益確定売り優勢
 10:14 98.43円 クロス円が軟調。一部メディアが米ストレステストの結果に懸念
 10:30 98.43円 
 10:40 98.44円 ユーロにはアジア系の売り観測。ユーロ円にはモデル系の売り
 10:45 98.41円 ドルストレートには英系の断続的な買いが観測
 10:50 98.37円 ドル円にはモデル系の纏まった売りが観測。一時98.36円まで下落
 11:00 98.33円 日経平均株価は、先週末比60円安の9371円で午前の取引を終了
 11:05 98.38円 円買いが優勢。ドル円は98.32円の先週末ドル安値を一時割り込む
 11:30 98.37円 
 11:56 98.38円 [Comment]
 12:00 98.32円 
 12:11 98.23円 円が強含み。日経平均が午前に反落、円売りの勢いが一服
 12:30 98.22円 日経平均株価は、先週末比66円安の9366円で午後の取引を開始
 13:00 98.23円 
 13:03 98.22円 日経平均は後場も軟調。-76.03円の9362.90円で推移
 13:18 98.27円 日経平均が午後から続落後に24円安と下渋り、円買いの勢いが鈍化
 13:30 98.28円 日経平均株価は午後から下げ幅を縮小。リスク回避の円高が一服 

 13:56 98.39円 GC
 14:00 98.44円 
 14:10 98.47円 日経平均株価は午後から小幅反発。為替相場でも円が弱含み
 14:16 98.45円 ドルは小幅上昇。ドル円は98.16円を付けた後は98円半ばまで回復
 14:23 98.43円 日経平均は小動き、前日比-21円の9410円前後で推移
 14:30 98.43円 シカゴ先物のNYダウは先週末比30ドル安で推移
 15:00 98.41円 [Comment]
 15:11 98.46円 ドル円は98円半ばで推移。輸入勢の買いが観測
 15:30 98.49円 
 16:00 98.60円 
 16:10 98.63円 欧州外為市場ではドル安が一服。シカゴ先物のNYダウが小幅反落
 16:30 98.58円 
 16:34 98.55円 欧州勢参入後、ユーロ売りが優勢に。ダウ平均先物が軟調に推移
 16:45 98.38円 ドル円、クロス円で円買いが優勢。NYダウ先物が反落 

 16:50 98.24円 DC
 17:03 98.24円 [Comment]
 17:10 98.11円 欧州市場序盤の取引では、欧州株が前週末比1%前後の反落スタート
 17:14 97.98円 ドル円が続落。ストップロスを巻き込み、98.80円の安値を記録
 17:15 98.00円 クロス円も軒並み本日安値を更新する動き
 17:25 97.78円 株安を受けて、ドル売りが再び優勢。ドル円は97.70円付近で推移
 17:30 97.87円 
 17:37 97.77円 [Comment]
 17:50 97.84円 米株先物や欧州株が下げ幅を広げ、円買いが全般的に進行
 18:00 98.01円 
 18:02 97.95円 円買いの動きが一服。ドル円は97.69円から98円付近まで反発
 18:20 97.93円 ドル売りが一服。ドル円は一時98円台を回復
 18:30 97.75円 
 18:34 97.71円 小幅に反発していたドル円が再び売り優勢。一時97.59円まで下落
 18:55 97.90円 [Comment]
 19:00 97.88円 
 19:30 97.93円 
 20:00 97.89円 
 20:02 97.89円 ドル円は下落後、一時的な買戻しもあったが上値の重い展開
 20:30 97.85円 
 20:55 97.87円 シカゴ市場の米株先物は、前日比90ドル安の8426ドルで推移
 21:00 97.85円 
 21:07 97.89円 [Comment]
 21:30 97.72円 
 22:00 97.70円 
 22:05 97.59円 ダウ先物は8430ドル(-86)で推移
 22:11 97.35円 ドル円、下値のストップつけ97.35円まで下落
 22:20 97.46円 NYダウ先物は大幅反落。先週までの大幅高の過熱調整などが要因
 22:21 97.48円 ドル円は一時97.34円まで下落後、97.40円台に戻して推移
 22:30 97.47円 ダウ平均は前週末比-5.42ドルの8569.23ドルで寄り付き
 22:50 97.29円 ドル円は97.26円まで下落、本日安値を更新した
 22:55 97.31円 ダウ平均が前週末比150ドル超の下落、クロス円が売り優勢の展開
 23:00 97.32円 
 23:05 97.32円 米株は大幅反落。先週末の大幅反発を受け、利益の確定売りが先行
 23:10 97.40円 NYダウは反落スタート後に安値もみ合い
 23:15 97.43円 円高が一服。NYダウが利益確定売りが一巡してくると下げ渋り
 23:25 97.74円 ドル円は97円半ばで推移、97.65円にストップロス買い観測
 23:30 97.48円 
 23:45 97.48円 ドル円は反発。米国株の下げ止まりが下支え

2009/05/12(火)
 00:00 97.63円 
 00:05 97.53円 NYダウは序盤から売られ、前日比100ドル以上の下げ
 00:20 97.58円 ダウ平均が下げ渋ったことを受け、クロス円も下げ渋る動き
 00:30 97.84円 
 01:00 97.44円 [Comment]
 01:23 97.43円 ドル円は本日安値97.26円から一時97.60円台まで反発
 01:30 97.50円 本日の欧州株式市場は全般に小幅安で取引を終了
 01:50 97.46円 NY時間のドル円は、97円台半ばの狭いレンジでの取引が継続
 02:00 97.42円 
 02:12 97.39円 ダウ平均は、再び軟化。一時8432ドルまで下押し
 02:30 97.44円 
 02:35 97.41円 NYダウは前日比100ドル安近辺が重く、安値圏での小動き 

 02:50 97.53円 GC
 03:00 97.49円 
 03:25 97.55円 ドル円、クロス円は、NY時間の午後材料難でこう着状態
 03:30 97.52円 

 03:40 97.45円 DC
 04:00 97.41円 
 04:30 97.33円 
 04:49 97.36円 ドル円は97円台半ばからやや円高方向への動き
 05:00 97.42円 [Comment]
 05:30 97.37円 シカゴ日経先物はNY株式の下落につれ、前日比-145の9,395で終了 

 05:50 97.53円 GC
 06:00 97.47円 [Comment] 



[Comment]

2009/05/11(月)11:56 98.38円
 午前の東京市場はドル円・クロス円ともに小動き。一部メディアが米ストレステストの結果に懸念を示したことを受けて、リスク回避的な円買いの動きが入る場面も見られたが、限定的なものにとどまった。ユーロ円は朝方に一時134.80円まで買われたが、133.98円まで下落。しかし、積極的に売り進む状況とはならず、下値も限定的だった。ドル円も上値の重い展開。朝方こそ買いが先行し、98.83円まで上昇したが、その後はモデル系のまとまった売りが入ったこともあり、一時98.29円まで反落した。

2009/05/11(月)15:00 98.41円
 日経平均は+19.15円の9451.98円で大引け。前週末8日米国株の大幅上昇や米金融不安の後退による投資家心理の改善を受けて買いが先行し、約半年ぶりに9500円を上回ったが、後場には9340円水準へと下げ幅を広げたものの、個人投資家などの押し目買い意欲が強く、先物に大口の買いが入り、結局、前週末比19円高の9451円と小幅5日続伸してこの日の取引を終えた。

2009/05/11(月)17:03 98.24円
 東京タイム午後はオセアニア通貨中心に買いが集まる展開。豪ドル円が76.18円まで上昇したほか、NZドル円が60.37円と年初来高値を更新。ドル円も昼過ぎに98.16円で安値をつけた後は、98円後半までじり高となった。ただ欧州勢が参入すると、ダウ平均先物が下落。つれて、ユーロドルが1.3592ドルまで下落したほか、ドル円が再度98円前半まで下落した。ユーロ円も一時133.60円まで本日安値を更新した。

2009/05/11(月)17:37 97.77円
 ドル円・クロス円が本日安値更新。ダウ先物が下落幅を広げるなか、円を買い戻す動きが強まると、ドル円は98円のストップロスの売りをこなして97.70円まで下落した。また、クロス円も軒並み下げ幅を広げ、ユーロ円は133.16円、ポンド円は148.36円、豪ドル円は74.85円までそれぞれ水準を下げた。

2009/05/11(月)18:55 97.90円
 欧州勢本格参入後、ポンド円を中心に円買いが活発化、クロス円は全般的に急速に値を崩し本日安値を更新したが、押し目買い圧力にも支えられて、ようやく円買いの動きにも一服感が見られ始めた。欧州株や米株先物は依然軟調ながらも、下げ渋る様相を呈してきたこともクロス円が持ち直す一因になっていると見られる。

2009/05/11(月)21:07 97.89円
 LDNタイム午前は特段手がかりがない中で、先週末までのドル売り・円売りの調整が進む展開に。ドル円が97.59円まで下落したほか、ユーロドルが1.3558ドルまで下落。他ドルストレートでもドルの買い戻しが進んだ。クロス円もドル買い・円買いが進むなかでそれぞれ下値を拡大した。

2009/05/12(火)01:00 97.44円 
 NY入りにかけてはリスク回避の動きが先行。ダウ平均が寄り付き後に大幅下落すると、クロス円全般が下落。ドル円も97.26円まで本日安値を更新した。しかし、その後はダウ平均が下げ渋ったことを受け、いったん強まったリスク回避の動きが後退。クロス円も下げ渋った。ドル円にも英系の買いが入り、97円半ばまで上昇した。

2009/05/12(火)05:00 97.42円
 ダウ平均は、前週末比-155.88ドルの8418.77ドルで引け。NYダウは、IT関連など上昇する銘柄も一部あったものの、バンカメ、JPモルガンチェースなどの大手銀行が大幅に売られたことで指数を圧迫し、前日比約1.8%安となった。

2009/05/12(火)06:00 97.47円
 11日NYタイムはリスク回避の動きが先行。GMの破産法申請の可能性が高まったとの報道が流れるなか、ダウ平均が寄り付き後に-151ドル安まで下落すると、クロス円はそれぞれ下落。ドル円も97.26円まで本日安値を更新した。しかしダウが下げ渋り、その後はクロス円も株価に合わせて上下。ドル円は下値で英系の買いが観測され97円半ばまで上昇したが、その後は方向感なく推移した。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/164-1972c864
    この記事へのトラックバック


    最近の記事