FC2ブログ

週刊ドル円の流れ 2009/05/18週

2009年05月24日 11:25

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/05/18(月)
 07:00 95.08円 
 07:10 95.12円 週明けオセアニア為替市場では小幅に円高。ドル円は軟調推移 

 07:20 95.06円 DC
 07:30 94.92円 
 08:00 95.13円 
 08:09 95.04円 米系からクロス円の買いが観測
 08:27 95.01円 ユーロドルはやや軟調な展開。一時1.3450ドルを示現
 08:30 95.09円 シカゴ先物のNYダウは、先週末比5ドル安で推移
 08:40 95.12円 ドル円は朝方に一時94.73円まで下落。米系などからも買い観測
 09:00 95.00円 日経平均株価は、先週末比97円安の9167円で寄り付き
 09:07 95.01円 本邦輸入勢からのドル円買い観測
 09:10 94.96円 やや円高も総じて揉み合い。ドル円は95円挟みの値動き
 09:15 94.93円 円全面高の流れが継続。日経平均株価は180円安へと急落
 09:20 94.87円 株安の動きから、ドル買い・円買いの動きが優勢
 09:30 94.78円 
 09:34 94.85円 ドル円は一時94.68円まで下値を拡大。株安と円買いの動きが継続
 10:00 94.85円 
 10:30 94.77円 
 10:50 94.59円 ドル円は94.70円割れからドル売り誘発ストップロスを巻き込んだ
 10:55 94.60円 日経平均株価は一段安となり9000円の節目を下回った
 11:00 94.61円 日経平均株価は、先週末比264円安の9000円で午前の取引を終了
 11:30 94.66円 
 11:52 94.73円 [Comment]
 11:55 94.73円 [Comment]
 12:00 94.83円 
 12:17 94.78円 ドル円はドル続落後に下げ渋り。94.50円に押し目買いを観測 

 12:20 94.78円 GC
 12:30 94.83円 日経平均株価は、先週末比260円の9004円で午後の取引を開始
 12:53 94.88円 ドル円、クロス円で円全面高が一服
 13:00 94.82円 
 13:30 94.85円 
 13:40 94.76円 ドル円、クロス円とも円高地合いの中で膠着。円買い一服
 13:45 94.77円 日経平均やシカゴ先物のNYダウが続落後に下げ渋り
 14:00 94.77円 
 14:23 95.06円 ドル円、クロス円で円高が一服。円買いに警戒感
 14:30 95.04円 
 14:31 95.01円 クロス円・ドル円は買い戻し優勢。ドル円は、95円台を回復
 14:47 95.03円 [Comment]
 15:00 95.01円 [Comment]
 15:05 94.85円 [Comment]
 15:12 94.83円 ドル円に欧州系の売りが観測
 15:27 94.91円 インド株式市場は、株価急騰を受けて終日取引を停止
 15:30 94.92円 
 15:59 94.85円 ドル円は94円後半で推移。欧州系の売りが入るが小動き
 16:00 94.87円 
 16:13 95.18円 NYダウ先物がインド株の高騰などにより30ドル安へ下げ幅縮小
 16:25 95.17円 ドル円は95.28円まで上昇。本日高値を更新
 16:30 95.28円 
 16:34 95.38円 [Comment]
 16:48 95.41円 ドルストレートでもリスク資産通貨が買い戻しの動き
 16:55 95.39円 [Comment]
 16:59 95.38円 ドル円はドルが下げ止まり。米株先物が下げ幅を縮小
 17:00 95.39円 
 17:27 95.48円 NYダウ平均先物は前週末比小幅安で推移
 17:30 95.41円
 17:45 95.72円 [Comment]
 17:48 95.79円 ドル円は95.92円へ上昇。ロンドン勢の本格参入で買いが活発化
 18:00 95.76円 
 18:10 95.77円 ドル円は一時95.92円まで反発後、95.75円付近へやや下押し
 18:23 95.68円 ダウ先物は反発地合いを継続し、一時8308ドル(+41)まで上昇
 18:30 95.78円 
 18:42 95.79円 クロス円を中心に上昇幅拡大。ロンドン勢参入以降の買いが継続
 18:55 95.68円 米株先物が前日比プラス圏を回復、欧州株も持ち直しに転じた
 19:00 95.66円 
 19:05 95.66円 米株先物は依然プラス圏を維持。ダウ平均先物は前週末比25ドル高
 19:30 95.68円 
 19:42 95.67円 シカゴ市場の米株先物は、前週末比21ドル高の8288ドルで推移
 20:00 95.72円 
 20:16 95.76円 ドル円は96円レベルが上値抵抗に。方向感はなく乱高下
 20:30 95.80円 
 20:42 95.93円 ドル円は96円乗せ、一時96.02円へ上昇
 20:44 95.88円 シカゴ市場の米株先物は、前週末比62ドル高の8329ドルで推移
 20:45 95.93円 [Comment]
 21:00 95.83円 
 21:05 95.85円 NY勢が徐々に参入してくるなか、円売り・ドル売り優勢
 21:15 95.78円 欧州株が概ね前週末比1%前後の上げ、ダウ先物も60ドル高
 21:30 95.76円 
 21:40 95.75円 ダウ先物は一時8337ドル(+70ドル)まで上昇
 21:58 95.75円 NY外為市場では、欧米株の上昇を受けて円売り・ドル売りが優勢
 22:00 95.74円 
 22:14 95.77円 クロス円はじり高。ダウ先物や欧州株が底堅く推移
 22:28 95.72円 ドル円は欧州時間後半から膠着。本日は経済指標も少なく材料難
 22:30 95.75円 NYダウは、先週末比100ドル前後上昇の8369ドルでスタート
 22:50 95.78円 [Comment]
 22:55 95.74円 [Comment]
 23:00 95.77円 
 23:07 95.75円 ドル円は方向感なし。米株はプラススタートだが上値は重い
 23:27 95.87円 ドル円、クロス円とも膠着ながら、円が小幅に続落
 23:30 95.85円 
 23:42 95.88円 NY外為市場では対円や対ユーロでドルが底堅く推移

2009/05/19(火)
 00:00 95.76円 
 00:17 95.74円 LDNFIXにかけてのドル円は動意みられず、95.80円前後で推移
 00:18 94.83円 ドル円は、底堅い値動きだが95円台後半の狭いレンジで推移
 00:30 95.83円 
 00:48 96.08円 ドル円・クロス円が上昇。ドル円は96.08円まで本日高値を更新
 01:00 96.05円 
 01:05 96.07円 ドル円に本邦勢の買い観測、96.07円で推移
 01:25 96.15円 ドル円が上昇。一時96.26円まで上昇幅を拡大
 01:30 96.16円 
 02:00 96.28円 
 02:02 96.27円 ドル円が上昇。ダウ平均が堅調となるなか、じり高基調を継続
 02:30 96.24円 
 02:43 96.25円 ドル円は、96.33円をつけて本日高値を更新
 03:00 96.27円
 03:19 96.31円 ドル円はもみ合い。本日高値を示現後は上昇の動きも一服
 03:30 96.26円 
 03:50 96.44円 NYダウは、上げ幅を200ドル超に拡大。8,475.04(前日比+206.40) 
 04:00 96.41円
 04:30 96.34円 
 05:00 96.37円 [Comment]
 05:30 96.35円 シカゴ日経先物は大幅続伸。9月限終値は9,375(+200) 

 06:00 96.30円 [Comment] DC
 06:30 96.23円 
 07:00 96.25円 
 07:05 96.24円 オセアニアタイム為替市場は揉み合い。、ドル円は小動き
 07:30 96.32円  

 07:40 96.34円 GC
 08:00 96.38円 
 08:05 96.37円 オセアニア時間にNYダウ先物は前日比小幅高で推移
 08:10 96.38円 ドル円、クロス円で円安地合いが継続
 08:30 96.39円 
 08:37 96.42円 米系からのユーロ円売り観測、ユーロ円は130.70円で推移
 08:55 96.33円 ドル円は96.46円まで上昇後、は96.30円付近まで小緩む動き
 09:00 96.30円 日経平均株価は、前日比133円高の9172円で寄り付き
 09:10 96.48円 円が小幅に下落。日経平均株価が250円高と急反発
 09:16 96.51円 本邦証券系もドル円買いで参入、ドル円は96.57円へ
 09:30 96.44円 本邦輸出勢からのドル円売り観測、ドル円は96.40円台へ
 09:42 96.33円 [Comment]
 09:48 96.26円 ドル円は96.20円まで下落。輸出勢によるドル円売り観測 

 10:00 96.19円 DC
 10:10 96.18円 円買い優勢。ドル円は96.10円台と再び96円割れをうかがう展開
 10:30 96.21円 
 11:00 96.31円 日経平均株価は、前日比254円高の9293円で午前の取引を終了
 11:10 96.27円 シンガポール先物でインド株は続伸
 11:30 96.26円 
 11:35 96.40円 為替市場は揉み合い。ドル円も狭いレンジ内での一進一退 

 11:40 96.44円 GC
 11:55 96.47円 [Comment]
 12:00 96.48円 
 12:30 96.45円 日経平均株価は、前日比259円高の9297円で午後の取引を開始
 13:00 96.42円 
 13:03 96.47円 シカゴ先物のNYダウ先物は、前日水準で横這い。日経平均も堅調
 13:13 96.51円 ユーロ円はストップをこなし、131.08円まで上昇
 13:30 96.40円 
 13:35 96.40円 インド株が寄り後に前日比マイナス圏へ下落、クロス円に売り
 13:50 96.39円 [Comment]
 14:00 96.44円 

 14:10 96.34円 DC
 14:12 96.33円 ユーロ円は130円後半で推移。一時、131.09円まで上昇
 14:25 96.33円 アジア市場でインド株は反落後にプラスを回復
 14:30 96.39円 
 15:00 96.39円 [Comment]
 15:28 96.38円 NYダウ先物は30ドル高。アジア株の堅調さなどから底堅い推移
 15:30 96.42円 
 15:37 96.53円 ダウ先物は8493ドル(+23)で推移
 15:45 96.61円 ドル円、投信系の円売り受けて13日以来高値96.69円
 15:50 96.62円 クロス円上伸、本邦短期筋の買いも押し上げ要因に
 16:00 96.48円 
 16:05 96.49円 クロス円の上伸受け、各通貨は対ドルでも上昇
 16:30 96.59円 
 16:58 96.59円 [Comment]
 17:00 96.66円 
 17:03 96.65円 再びドル売り・円売り強まる、ドル円は96.71円まで上伸
 17:30 96.61円 

 18:00 96.49円 DC
 18:09 96.33円 ドル円はドルが反落。ユーロ円での円安が後退し、ドル全面安
 18:25 96.28円 [Comment]
 18:30 96.31円 
 19:00 96.29円 
 19:05 96.25円 ドル円は96.30円付近で揉みあい
 19:30 96.31円 
 19:55 96.30円 ダウ先物が前日比70ドル高へ、欧州株も上げ幅を拡大
 20:00 96.29円 
 20:11 96.27円 ダウ先物は一時8548ドル(+78)まで上昇するなど底堅い動き
 20:30 96.13円 
 20:48 96.19円 シカゴ市場の米株先物は、前日比50ドル高の8520ドルで推移
 20:57 96.12円 [Comment]
 21:00 96.07円 
 21:30 96.16円 
 21:32 96.08円 ドル円は、一時95.93円まで本日安値を更新
 21:40 95.95円 [Comment]
 21:58 96.06円 シカゴ市場の米株先物は、前日比2ドル安の8468ドルと小反落
 22:00 96.03円 
 22:12 96.02円 リスク回避の円買いドル売りが誘発されドル円は96円割れの攻防
 22:30 96.07円 NYダウ平均株価は、前日比11ドル安の494ドルと小反落で寄り付き
 22:39 96.17円 ドル円に、マクロ系の買い観測
 22:50 96.15円 米4月住宅着工件数が過去最低を更新したことから、米株は反落 

 23:00 96.13円 GC
 23:15 96.22円 ドル円は上値が重い。米経済指標の下方修正も影響
 23:25 96.24円 ドル円はロンドンフィキシングでは売り優勢の観測
 23:30 96.31円 
 23:40 96.29円 ドル円は96円台を回復したものの、上昇幅は今のところ限定的
 23:59 96.13円 ドル円が小幅下押し。96.30円前後から96.15円前後まで下落

2009/05/20(水)
 00:00 96.13円 
 00:17 96.16円 [Comment]
 00:30 96.18円 
 01:00 96.09円 

 01:20 96.13円 DC
 01:30 96.12円 
 01:56 96.07円 ドル円・クロス円はもみ合い。ドル円は96円前半で膠着
 02:00 96.10円 
 02:30 96.05円 
 03:00 96.04円 
 03:10 96.05円 ドル円は、96.00円付近まで小幅に軟化
 03:30 96.08円 
 04:00 96.12円 

 04:00 96.12円 GC
 04:30 96.13円 

 04:40 96.09円 DC
 04:55 96.07円 NYダウが取引終盤にマイナスに転じ、クロス円全般に軟調な展開
 05:00 96.02円 [Comment]
 05:30 95.95円 シカゴ日経先物9月限終値は9,335円(前日比-30円)で終了
 06:00 95.96円 [Comment]
 06:30 96.02円 
 07:00 95.98円 
 07:15 96.09円 為替市場はここまで揉み合い。96円を挟んだレンジ内の値動き 

 07:30 96.09円 GC
 08:00 96.12円 
 08:30 96.20円 
 08:50 96.14円 GDP1次速報値は前期比-4.0%となり、予想の-4.3%より強い結果
 08:55 96.20円 [Comment]
 09:00 96.20円 日経平均株価は、前日比82円高の8372円で寄り付き
 09:16 96.03円 ドル円、クロス円でやや円買いが優勢に 

 09:30 95.97円 DC
 09:50 95.92円 ドル円・クロス円が軟調。ドル円は95.87円まで下押し
 10:00 95.84円 
 10:30 95.86円 
 10:49 95.67円 95.65円まで下値を拡大。本邦証券系や信託筋からの売り観測
 11:00 95.73円 日経平均は+40.17円の9330.46円で前引け
 11:21 95.58円 95.70円割り込んだ後、誘発のストップロスを巻き込み続落
 11:22 95.54円 売りが続いており、95.50円の買いをこなして95.48円まで下落
 11:30 95.59円 
 11:54 97.57円 [Comment]
 12:00 95.64円 NYダウ先物は14ドル安で推移
 12:30 95.58円 日経平均株価は、前日比24円高の9315円で午後の取引を開始
 13:00 95.65円 
 13:10 95.74円 日経平均株価は50円高。商社など資源関連株が堅調な推移 

 13:30 95.74円 GC
 13:31 95.59円 95.60円近辺まで小幅に反発。米系・欧州系からの買いが観測
 13:35 95.78円 円高が一服。日経平均が反落後に小高く推移
 13:50 95.78円 シカゴ先物のNYダウは13ドル安で推移。リスク回避の円買い一服
 14:00 95.70円 

 14:20 95.61円 DC
 14:30 95.66円 
 14:36 95.61円 95.67円前後で小動きに終始。円の上げ圧力が一服
 14:48 95.55円 徐々に円買いが強まる展開。ドル円は95円半ばまで反落
 15:00 95.50円 [Comment]
 15:24 95.67円 シカゴ市場の米株先物は、前日と変わらずの8449ドルで推移 

 15:40 95.58円 GC
 16:00 95.73円 
 16:08 95.78円 ドル円、円高が一服。米株先物が前日比横這いで下げ渋り
 16:17 95.87円 95.80円台へ上昇。投信の買い観測
 16:22 95.83円 NYダウ先物が小幅プラスを回復、円買い・外貨売りが後退
 16:30 95.92円 
 16:32 95.93円 欧州勢の参入とともに、ドル円、クロス円で円が反落
 16:55 95.93円 [Comment]
 17:00 95.97円 
 17:05 96.01円 NYダウ先物が前日比50ドル高とジリ高。円全面安の流れが持続
 17:30 96.04円 
 18:00 95.84円 
 18:20 95.89円 米株先物や欧州株が上げ渋り、ドル売り・円売りが一服
 18:30 95.91円 
 18:45 95.91円 ダウ先物は本日高値8508(+59)をつけてから下押し
 18:56 95.85円 ドル円は方向感無くもみ合いとなり、95円後半で推移
 19:00 95.85円 

 19:10 95.83円 DC
 19:30 95.79円 
 19:35 95.80円 ダウ先物が前日終値付近へ反落、欧州株も上昇幅を縮小
 20:00 95.82円 
 20:30 95.76円 
 20:55 95.77円 [Comment]
 21:00 95.72円 
 21:17 95.74円 ドル円は上値が重い。日足一目均衡表では雲の中を推移
 21:30 95.63円 
 22:00 95.76円 
 22:10 95.75円 20日米国株市場でシカゴ先物のNYダウは小幅反発が持続
 22:30 95.75円 NYダウは、前日比60ドル前後上昇の8535ドルと反発スタート
 22:50 95.52円 ダウ平均は上昇幅を拡大、前日比+80ドルの8555ドル
 22:53 95.53円 NYダウが100ドル高へと続伸する中で、ドル安・円安が進展
 23:00 95.29円 ドル円は下値を探る。ガイドナー発言や米株の上昇は反応薄
 23:10 95.43円 ドル全面安が一服。クロス円では円が弱含み
 23:30 95.33円 

2009/05/21(木)
 00:00 95.33円 
 00:12 95.31円 95.20円付近まで値を下落。対ユーロでのドル売りが優勢
 00:15 95.29円 95.20円まで下落した後は95.30円前後での推移
 00:24 95.33円 NYダウは、8,500ドル台前半へと軟化
 00:30 95.38円 
 00:40 95.72円 [Comment]
 00:59 95.20円 クダウ平均が反落するなか、クロス円が上昇幅を縮小
 01:00 95.16円 
 01:03 95.09円 95.07円をつけて本日安値を更新。クロス円つれて下げ幅を拡大
 01:02 95.09円 ドル円の売りは米系が主導との噂も、95.05円まで下押す
 01:30 94.91円 
 01:34 94.96円 軟調な展開が続き、一時94.87円まで下げ幅を拡大
 02:00 94.97円 
 02:30 95.04円 
 02:55 95.02円 クロス円は売り一巡後は小幅に水準を戻す
 03:00 95.00円 
 03:30 94.95円 
 03:45 94.82円 欧州株はまちまち、独・仏株は上昇も、英株は利益の確定売り
 03:57 94.90円 94円台後半の本日安値圏で引き続き軟調に推移
 04:00 94.92円 
 04:30 94.73円 ダウ平均は下げ幅拡大、前日比-30ドルの8443で推移
 04:33 94.72円 ドル円・クロス円は軟調継続。ドル円は94.70円まで下押す
 04:42 94.73円 94.69円をつけて本日安値を更新した後も同レベルで推移
 05:00 94.73円 [Comment]
 05:30 94.76円 シカゴ日経先物は急落。6月限終値は9,320(-25)
 06:00 94.89円 [Comment]

 06:20 94.82円 GC
 06:30 94.87円 
 07:00 94.83円 
 07:15 94.88円 オセアニアタイムの為替市場はここまで揉み合い
 07:30 94.88円 
 08:00 94.90円 

 08:20 94.64円 DC
 08:24 94.47円 対円で円が全面高。クロス円でも円を連れ高
 08:26 94.53円 ドル円は一時94.44円示現、18日安値をブレーク
 08:30 94.62円 
 09:00 94.58円 日経平均、寄り付きは-64.29円の9280.35円
 09:12 94.43円 日経平均が反落スタートとなり、円買い・外貨売りが優勢
 09:30 94.48円 
 09:59 94.39円 本邦機関投資家からのドル円売り観測
 10:00 94.37円 
 10:10 94.41円 94.10円レベルにはまとまったストップロスオーダー観測
 10:25 94.36円 円買いが再び優勢。クロス中心にドル円も下値を探る展開
 10:30 94.31円 
 10:41 94.36円 ドル円・クロス円軟調、ドル円は94.28円まで下押し
 11:00 94.42円 日経平均は-109.49円の9235.15円で前引け
 11:30 94.47円 
 12:00 94.49円 ドル円などは円がやや売られる展開
 12:02 94.51円 [Comment] 

 12:19 94.46円 GC
 12:30 94.50円 日経平均株価は、前日比128円安の9216円で午後の取引を開始
 12:47 94.63円 円高一服で膠着。日経平均が午後から続落後、下げ渋り
 13:00 94.53円 
 13:23 94.53円 NYダウ先物は、前日比30ドル安で推移している
 13:30 94.51円 
 13:52 94.53円 ドル円は、ドル安が一服もドルの上値が重い展開
 14:00 94.48円 
 14:30 94.48円 ドル円・クロス円は小動き、ロシア・中東の欧州通貨売り一服
 15:00 94.54円 [Comment]
 15:16 94.66円 やや円が売り戻し。シカゴ先物NYダウが10ドル安と下げ幅を縮小
 15:30 94.70円 
 16:00 94.69円 
 16:10 94.67円 ダウ先物は8381ドル(-14)で推移
 16:30 94.78円 
 16:55 94.77円 [Comment]
 17:00 94.75円 

 17:30 94.48円 DC
 17:34 94.43円 欧州外為市場ではドル円がドル反落後に下げ渋り
 18:00 94.66円 
 18:30 94.64円 
 19:00 94.68円 

 19:10 94.74円 GC
 19:25 94.77円 シカゴ市場米株先物は、前日比42ドル安の8353ドルで推移
 19:30 94.95円 [Comment]
 20:00 95.01円 
 20:30 94.89円 
 20:47 94.87円 シカゴ市場米株先物は、前日比50ドル安の8345ドルで推移
 20:56 95.00円 [Comment]
 21:00 94.98円 
 21:30 94.96円 米新規失業保険申請件数は63.1万件、予想より弱い
 21:46 94.81円 ドル円は米経済指標には反応薄。若干下振れしたが、限定的 

 22:00 94.75円 DC
 22:16 94.59円 94円半ばで推移。一時95円前後まで反発したが、反落
 22:20 94.54円 ダウ先物は下落幅拡大、前日比-78の8317ドルで推移
 22:30 94.63円 ダウ平均は前日比-5.97ドルの8416.07ドルで寄り付き
 22:50 94.73円 米株は大幅に3日続落、欧州株安が波及
 23:00 94.35円 米5月フィリー製造業指数は-22.6、予想より弱いほか
 23:10 94.65円 強弱まちまちの指標結果に市場の反応は鈍い
 23:30 94.56円 
 23:57 94.58円 [Comment] 

2009/05/22(金)
 00:00 94.56円 
 00:05 94.67円 ダウ平均はじり安、前日比-165の8256ドル近辺まで下落
 00:29 94.91円 94.90円前後までは小幅上昇、日銀のレートチェックの噂に反応 

 00:30 94.92円 GC
 00:38 95.09円 ストップロスを巻き込み95.15円まで上昇
 00:40 95.13円 95.19円まで上昇、本日高値を更新
 00:45 95.11円 [Comment] 
 01:00 94.97円 
 01:30 94.93円 

 01:50 94.33円 DC
 01:58 94.50円 94円台前半の本日安値圏へと下落
 02:00 94.40円 
 02:30 94.50円 
 03:00 94.40円 
 03:02 94.24円 ドル円は年初来高安の半値押し下抜け、94.19円まで下落
 03:06 94.13円 ドル売り優勢となり、ドル円は94.10円をつけて本日安値を更新
 03:12 94.07円 ドル売り加速、ユーロドルは1.3924ドルまで上昇幅拡大
 03:15 94.02円 ダウ平均はもみ合いから下振れへ、前日比-187の8230へ
 03:20 94.05円 ドル円は3/19以来の93円台示現、93.96円まで下落
 03:30 94.12円 NYダウは、8,228.18ドルまで一時下落
 04:00 94.21円 
 04:12 94.27円 ドル円は売り一巡後は下げ渋り。94.30円前後で推移
 04:30 94.28円 
 05:00 94.29円 [Comment]
 05:30 94.30円 シカゴ日経先物は続落。6月限終値は9,130(-190) 

 05:40 94.35円 GC
 06:00 94.40円 [Comment]
 06:30 94.44円 
 07:00 94.35円 
 07:15 94.23円 オセアニア市場では、ドル円は94.20円台へと若干弱含みで推移 

 07:20 94.23円 DC
 07:30 94.24円 
 08:00 94.14円 
 08:30 94.22円 
 08:45 94.03円 与謝野財務相が為替介入否定発言、海外勢からの円買い進む
 08:47 93.98円 ドル円は93.65-80円にまとまった買い観測
 08:55 93.92円 輸出勢やマクロ系ファンドからもドル円売り観測
 09:00 93.88円 日経平均株価は、前日比108円安の9156円で寄り付き
 09:08 93.97円 ドル円にアジア勢からの買い観測
 09:10 93.95円 欧州系がドル円の買い、利食いと見られる
 09:18 94.14円 アジアネームからの買いを再び観測、ドル円が上昇
 09:30 94.06円 
 09:55 94.13円 円高が一服。日経平均が反落後、円買いが小康状態
 10:00 94.12円 
 10:05 94.23円 シカゴ先物のNYダウは前日比12ドル安で推移
 10:10 94.24円 ドル売りの動きが優勢、クロス円も対ドルでの上昇に連れ高へ 

 10:20 94.19円 GC
 10:30 94.23円 
 10:40 94.31円 日経平均は下げ幅を縮小。内需関連株などが下支えの要因
 10:55 94.28円 日経平均株価は前日比プラスを回復
 11:00 94.26円 日経平均株価は、前日比7円安の9256円で午前の取引を終了
 11:30 94.15円 
 12:00 94.19円 [Comment] 
 12:20 94.23円 ドル安が一服。英米3連休を前にポジション調整の動きが警戒
 12:30 94.22円 

 13:00 94.17円 DC
 13:07 94.18円 日経平均は50円安と再び下落。一進一退の小動きが継続
 13:30 94.08円 
 13:40 94.10円 ドル円はドル安一服もレンジ内で膠着
 14:00 94.14円 
 14:23 94.14円 日経平均は-66.55円の9197.60円で推移
 14:30 94.13円 
 14:50 94.13円 ドル円・クロス円はもみ合い、ドル円は94円前半で推移 

 15:00 94.13円 GC
 15:00 94.13円 日経平均は-38.34円の9225.81円で引け
 15:10 94.23円 ダウ先物は8286ドル(-9)で推移
 15:30 94.26円 

 16:00 94.13円 DC
 16:00 94.13円 欧州外為市場でドル円は、ドル下げ止まりも上値の重い展開に
 16:30 94.03円 
 16:57 94.16円 [Comment]
 17:00 94.22円 

 17:10 94.20円 GC
 17:30 94.17円 
 18:00 94.14円 
 18:30 94.13円 
 19:00 94.16円 

 19:30 94.11円 DC
 20:00 93.98円 
 20:30 94.10円 
 20:45 94.09円 [Comment]
 21:00 93.94円 
 21:30 94.00円 
 22:00 94.11円 
 22:15 94.10円 22日米国株市場でNYダウ先物は30ドル高で推移 

 22:20 93.99円 GC
 22:30 94.17円 NYダウは、前日比30ドル前後上昇の8322ドルと小幅反発スタート
 22:37 94.23円 全般的なドル安が一服。米国株の上昇や英米3連休前の調整など
 22:52 94.23円 NY序盤はドル売り優勢。ドル円は、94円前半で上値の重い動き
 22:54 94.26円 ドル円は上昇に転じたが、米株がマイナス推移で上値は重い
 22:56 94.21円 ダウ平均は下落に転じる、前日比-20の8270ドル前後
 23:00 94.23円 
 23:15 94.37円 米株はまちまち。3連休を控え手控えムードが強い
 23:20 94.36円 ドル円、クロス円で円売りが優勢に。米国株は小幅高で推移
 23:30 94.46円 
 23:44 94.61円 ドル円は94.60円台まで反発
 23:48 94.61円 ダウ平均は反発に転じて上昇幅拡大、前日比+55の8347前後
 23:54 94.68円 ドル円はドルが続伸。NYダウが60ドル高へと上げ幅を拡大
 23:56 94.62円 ドル円は95円より上の水準にも断続的にストップロス観測 

2009/05/23(土)
 00:00 94.65円 
 00:30 94.47円 
 00:35 94.45円 [Comment]
 00:40 94.43円 ユーロドルは、1.4030ドルをつけて年初来高値を更新
 00:56 94.49円 ドル円・クロス円は徐々に落ち着いた動きに
 01:00 94.45円 
 01:23 94.45円 ユーロ円が132.58円と本日高値を僅かに更新
 01:30 94.46円 
 01:50 94.41円 ポンド円は、150.51円まで高値更新。150円台前半で堅調に推移
 02:00 94.43円 
 02:05 94.41円 ダウ平均は横ばい、8350ドル前後で推移 

 02:05 94.41円 DC
 02:25 94.46円 ドルがじり安、ユーロドルは1.4050ドルまで上昇幅拡大
 02:30 94.45円 
 02:31 94.45円 ユーロ円は、132.73円をつけて本日高値を更新
 02:35 94.39円 ドル円は、94.40円付近で小幅な値動き 

 03:00 94.50円 GC
 03:21 94.85円 ドル円・クロス円が上昇、ドル円は94.92円まで上昇幅拡大
 03:30 94.86円 
 03:45 94.80円 欧州株は反発、大幅下落によるポジション調整が中心
 04:00 94.80円 
 04:30 94.79円 
 04:55 94.76円 ドル円・クロス円は買い一服後は落ち着いた展開に
 05:00 94.80円 [Comment]
 05:30 94.82円 シカゴ日経先物は底堅く推移。6月限終値は9,220(+90)
 06:00 94.76円 [Comment] 



[Comment]

2009/05/18(月)11:52 94.73円
 午前の東京市場はドル買い・円買いが優勢の展開に。海外勢が日本で感染が拡大している新型インフルエンザを嫌気して株売りを行っているため、日経平均が下落。こうした動きを背景にリスク回避の動きが強まった。ドル円は早朝に94.73円まで下落後、日経平均の下落によってさらに下値を拡大。94.70円のバリアOPをこなし、94.55円まで下値を拡大した。

2009/05/18(月)11:55 94.73円
 ムーディーズの格付け見通し発表を受けて、円高の流れが一変、円売りが若干ながら優勢となってきた。ドル円は94円半ばから94.70円台へと小幅ながら円安が進行している。
 ムーディーズ・ジャパンが午後3時から日本国債の格付け見直しで記者会見と報じており、これが「格下げか」との思惑を呼んでいる模様。為替市場における円売り材料にもなっているようだ。

2009/05/18(月)14:47 95.03円
 午後の東京外為市場ドル円は95円挟みで揉み合っている。午前は日経平均株価の大幅反落を嫌気した投資家のリスク回避の円買い戻しに一時94.55円と3月20日以来ほぼ2カ月ぶりの円高となったが、格付け会社ムーディーズが日本国債の格付け見直しを巡り15:00から会見を開くことが材料視されポジション調整に95円台を回復している。

2009/05/18(月)15:00 95.01円
 日経平均は-226.33円の9038.69円で引け。前週末の米国株安や95円割れの円高、さらにはアジア株安、ナスダック先物の軟調と外部環境の悪化を受けて一時9000円を割り込む軟調裡の展開に終始するも、9000円近辺では自律反発狙いの買い意欲が根強く、結局、前週末比226円安の9038円と大幅反落で取引を終えた。

2009/05/18(月)15:05 94.85円
 ムーディーズ、日本政府債務格付けをAa2に統一。ムーディーズは、日本政府の債務格付けをAa2に統一すると発表した。自国通貨たての格付けをAa3から引き上げる一方、外貨建て格付けをAaaから引き下げて両者をAa2に統一させた。

2009/05/18(月)16:34 95.38円
 18日欧州外為市場でドル円はドルが反発。米株先物の下げ幅縮小などから、20日の日本のGDPや21-22日の日銀金融政策決定会合を前にした円高値圏での売り戻しが観測されている。

2009/05/18(月)16:55 95.39円
 午後の東京市場、ドル円・クロス円は売り一服で買い戻し優勢に。格付け機関による、日本政府債務格付けを「Aa2」に統一するとの発表に、円買いで反応する場面も見られたが、ロンドン勢が徐々に参入してくると、ドル円・クロス円ともに反発した。ドル円は94円後半から95.47円まで上昇。クロス円も円売り優勢の地合いで、ユーロ円は127円半ばから128.52円へ、ポンド円は143円前半から145.02円まで上昇した。

2009/05/18(月)17:45 95.72円
 ドル円、クロス円で円が続落。財務省の杉本事務次官が、「為替相場の過度な変動は経済に悪影響を与えるため、好ましくない」、「為替相場の動向を注視する」と発言したことから、日本の当局の円高阻止対応に警戒感が浮上している。

2009/05/18(月)20:45 95.93円
 ロンドンタイム午前は円・ドルともに戻り売り優勢。東京市場でのリスク回避的な円買い・ドル買いから一転して、欧州勢参入後は円売り・ドル売り優勢となった。ドル円は94円後半から96.02円まで上昇。クロス円もドル円同様の動きで、ユーロ円は127円半ばから129.45円、ポンド円は143円半ばから146.93円まで上昇した。ドルストレートもリスク回避的なドル買いが一服すると反転。ユーロドルは1.3490ドル近辺へ、ポンドドルは1.53ドル台まで上昇した。

2009/05/18(月)22:50 95.78円
 NY外為市場ではドル円、クロス円とも円の安値圏で膠着。NYダウが米銀株の投資判断引き上げなどから120ドル高と堅調に推移しており、クロス円を中心にリスク許容度改善の円売り戻し地合いが続いている。一方でドルも安全逃避の剥落を受けて、対欧州通貨や対資源国通貨で軟調に推移。

2009/05/18(月)22:55 95.74円
 米株は大幅反発。ゴールドマン・サックスがバンク・オブ・アメリカの投資判断を引き上げたことを好感し、金融セクターが相場をけん引した。ダウ平均は一時127ドル高まで上昇後も、100ドル高超の水準で推移している。

2009/05/19(火)05:00 96.37円
 ダウ平均は18日、前日比+235.44ドルの8504.08ドルで引け。取引時間終盤に発表された米金融大手3社の公的資金返済に関する報道が好感されて8,500ドル台を回復し、ほぼ高値引けとなった。

2009/05/19(火)06:00 96.30円
 18日NYタイムでのドル円・クロス円は堅調。株高を受けたリスク資産選好の動きが活発化し、ドル売り・円売りが優勢となった。ユーロ円は、米株が堅調な動きとなったことを受けてじり高の展開に。また、ドル円もクロス円が上昇幅を広げる動きを受けて連れ高となり、昨日高値96.20円を越えて一時96.46円まで水準を上げた。

2009/05/19(火)09:42 96.33円
 東京外為市場ではドル円、クロス円で円が反発。日本の株高を背景に円安が継続したが、東京市場では国内輸出企業や機関投資家などからのドル戻り売りやユーロの戻り売りが根強く、円安が一服している。

2009/05/19(火)11:55 96.47円
 午前の東京市場は材料難のため、神経質な展開に。ドル円・クロス円ともに値幅は狭く、明確な方向感は見られない。ドル円は96円台前半の水準で上下。モデル系や米系の買いに支えされて96.63円まで上昇するも、その後は次第に売り優勢へと転換。本邦輸出勢や投資家筋などによる売り圧力に押されて、96.12円まで反落した。ただ、その後は再び96円半ばまで押し戻されており、レンジも50pほどと狭いレンジでの動きが目立った。

2009/05/19(火)13:50 96.39円
 後場の日経平均株価は、前日の米国株が大幅反発となり、かつ96円台の円安が好感されて投資家心理が改善、幅広い銘柄に買いが優勢となっている。一方、午後の東京外為市場ドル円は日経平均の大幅反発を受け、円売りと輸出企業のドル売りが錯綜して96.40円前後で揉み合い、ユーロ円は午前の短期筋によるポジション調整が一服した後は130円台で揉み合っている。

2009/05/19(火)15:00 96.39円
 日経平均は+251.60円の9290.29円で引け。前日の米国株が235ドル高の大幅反発となり、かつ96円台の円安が好感されて投資家心理が改善、輸出株中心に幅広い銘柄に買いが優勢となり、かつ経済産業省が発表した3月鉱工業生産確報で、生産設備の稼働率指数が半年ぶりに前月実績を上回ったことも好感され、結局、251円高の9290円と大幅反発で取引を終えた。

2009/05/19(火)16:58 96.59円
 午後の東京市場はクロス円を中心に買いが優勢。投信系や本邦短期筋の買いが入ったことから上昇の勢いが強まった。ユーロ円はロシア勢のユーロ売りが入り、130円後半で上値の重い動きとなったが、クロス円全般に投信や本邦短期筋の買いが入ると、131.60円まで急騰した。ドル円は96円半ばを中心とした方向感の無い動きを続けていたが、クロス円の急騰を背景に96.69円まで上昇した。

2009/05/19(火)18:25 96.28円
 ドイツZEW指数の発表直後、ユーロドルは131.85円前後まで続伸、本日高値を更新した後は、131円付近に反落となった。ドル円もクロス円の下落につれるかたちで、96円前半まで売られた。

2009/05/19(火)20:57 96.12円
 ロンドンタイムは、独5月ZEW景気期待指数が予想を大幅に上回ったことを受けて、円売り・ドル売りが先行。その後は落ち着いた動きとなったが、堅調に推移していたダウ先物が反落したことから、徐々に円買い・ドル買い地合いに傾いた。ドル円は96.71円まで上昇後は、クロス円の下落につれるかたちで、一時96.05円まで売られた。

2009/05/19(火)21:40 95.95円
 米住宅着工件数が予想を下回る45万8000件と発表されたことから、NYダウ先物は伸び悩み、ドルは対円で下落とになった。ただ、3月の住宅着工件数が上方修正されたため下値は限定的となっている。

2009/05/20(水)00:17 96.16円
 米住宅着工件数が過去最低水準となったことを受けて、リスク回避的なドル買い・円買いの動きが先行。その後、ダウ平均が反発に転じると、ドル売り・円売りの動きへと移行。ドル円は、指標発表後に95.91円まで下落したが、ダウ平均が反発するなか、96.30円前後まで反発。ただ、LDNFIXではドル売りが優勢だったようで戻りも限られた。

2009/05/20(水)05:00 96.02円
 ダウ平均は19日、前日比-29.23ドルの8474.85ドルで引け。概ね前日比プラス圏で推移していたものの、終盤になって昨日の大幅な上昇に対する利食いなどの売りが出て前日比マイナスで引けた。

2009/05/20(水)06:00 95.96円
 19日NYタイムではドルが全面安。欧州時間に発表された独ZEWが強い結果となったことや、米大手行の公的資金返済観測が引き続き材料視された。クロス円は、売りが先行したが、ドルストレートの堅調な動きを受けて下落幅を縮める展開に。ドル円はドル売り・円売りの動きから方向性の見定め難い動きとなり、96円前半での狭いレンジの推移が続いた。

2009/05/20(水)11:54 97.57円
 午前の東京市場は円買い・ドル買いが優勢。仲値前から円買いのフローが目立っており、ドル円・クロス円ともにじりじりと下値を試す展開となった。ドル円はゴトー日ということもあって、序盤は96.22円まで上昇。しかし、仲値不足を見込み、あらかじめ買いを入れていたこともあって、仲値直前には不足が解消された。この流れからドル円は下押し、仲値後もじりじりと下値を拡大する動きが続き、95.48円まで下落した。

2009/05/20(水)15:00 95.50円
 日経平均は+54.35円の9344.64円で引け。朝発表された1-3月期GDPが予想されたほど悪化せず、景気底入れ期待を背景にした買いに寄り付き後、上げ幅が一時100円超高まで拡大したが、その後は心理的な節目である9500円が迫って上値の重さが嫌気されて上げ渋り、9300円台前半中心の揉み合い展開に終始、結局、前日比54円高の9344円と小幅続伸して取引を終えた。

2009/05/20(水)16:55 95.93円
 午後の東京市場、ドル円・クロス円は買い戻し優勢。序盤は午前中の流れを継続し、上値の重い展開を続けた。ただ、欧州勢が本格的に参入してくると、ショートカバー主導で買い戻しが入った。ドル円は、徐々に買いが強まると、95円半ばから上昇し96円台を回復した。

2009/05/20(水)20:55 95.77円
 ロンドンタイムの為替相場は全般的にもみ合い。材料に乏しいなか、明確な方向感を示すには至らなかった。クロス円は東京市場終盤の買い戻しが一巡すると、もみ合いの様相に。ドル円は、96円前半まで上昇後は95.70円台まで反落したものの、こちらも積極的に下値を攻める展開にはならなかった。

2009/05/21(木)00:40 95.72円
 LDNFIXにかけてはドル売りが優勢に。ガイトナー米財務長官が「不良資産買取を6週間以内に開始する」と発言したことでダウ平均が上昇。これを受けて、リスク選好度が強まるとの見方からドル売りが強まった。クロス円もドルストレートの動きに連動し軒並み本日高値を更新する展開。ドル円はドル売りの流れに95.20円まで下落幅を広げた。

2009/05/21(木)05:00 94.73円
 ダウ平均引け、前日比-52.81ドルの8422.04ドル。スタート直後にガイトナー米財務長官の発言などを受けて8,600ドル手前まで上昇した。しかし、カード利用者の不払いが懸念されてアメックス株などが売られ、終盤はマイナス圏へと下落した。

2009/05/21(木)06:00 94.89円 [Comment]
 20日NYタイムではドル売りが優勢。ガイトナー米財務長官の発言を受け株高が先行したほか、FOMC議事録で09年の米経済の成長見通しが下方修正されたことでドル売りが進んだ。ドル円は、米系ロンドン筋の売りが観測されたこともあり下落幅を広げると、94.69円まで水準を下げた。

2009/05/21(木)12:02 94.51円
 午前の東京市場は円買い・ドル売りが軟調。日経平均がじり安方向での推移となっているほか、ユーロ円に昨日も見られた本邦機関投資家からの売りが入ったことが、円買いの要因となったようだ。ドル円は朝方の時点で直近安値であった18日安値(94.55円)を下抜け。その後も本邦機関投資家からの売りが観測されたこともあって、94.28円まで下押した。ユーロ円も同様に大手機関投資家からの売りが入ると、129.91円まで下値を拡大。その後も安値更新こそ至らないものの、安値圏のままでの上値の重い動きとなった。

2009/05/21(木)15:00 94.54円
 日経平均は-80.49円の9264.15円で引け。前日の米国株の続落や前日発表の米FRB米経済見通しの下方修正で米景気底入れ期待が後退、アジア株の軟調や円高が嫌気され一時9200円を割り込んだが、後場は米株安や円高を嫌気した売りが一服、新規材料難のなかで模様眺めムードが広がり9200円台前半で膠着感を強めたが、大引けにかけて買い戻され、結局、前日比80円安の9264円と反落して取引を終えた。

2009/05/21(木)16:55 94.77円
 午後の東京市場は終盤にかけて、クロス円が買い戻しが優勢。途中、ロシア勢のユーロ売りや中東のポンド売りが入ったことから、上値が重くなる場面も見られたが、買い戻しの勢いは強かった。ドル円もクロス円につれ高で、94.80円前後まで買い戻された。ドルストレートについては方向感に乏しい展開となった。

2009/05/21(木)19:30 94.95円
 欧州市場中盤の取引では、ポンドドルが切り返し、1.56ドル台後半へ、ポンド円も148円台を回復すると共に、ドル円やクロス円は全般的に底堅く推移しており、ドル円は94.90円前後に反発、ユーロ円も落ち着いた値動きながら130.80円付近で底堅く推移している。

2009/05/21(木)20:56 95.00円
 ロンドン午前はポンド売りが優勢。S&Pが英国の格付け見通しを安定的からネガティブに下方修正すると発表したことが売り材料となった。ポンド円は一時146.84円まで、ポンドドルも1.5517ドルまで下げ幅を広げた。そのほかのクロス円もポンド円と同様の動きで、ドル円も94.30円手前まで下落した。

2009/05/21(木)23:57 94.58円
 米国株市場のNYダウ平均は、週間の新規失業保険申請件数が米雇用情勢の厳しさを示す結果となり、かつフィラデルフィア連銀が発表した5月の製造業景気指数が-22.6と事前予想(-17.5)を上回り、景気底入れ期待が後退して161ドル安と下げ幅拡大。一方、ドル円はリスク回避の円買い戻し一巡感に94円台半ばで弱含み推移。

2009/05/22(金)00:45 95.11円 
 LDNFIXにかけて、米指標結果が強弱まちまちとなったこともでドル円・クロス円は方向性の見定め難い展開に。ドル円は、LDN午前からの流れを引き継ぎ95円前後まで戻したが、終盤には、日銀のレートチェックの噂が流れたことで、95円前半まで本日高値を更新した。

2009/05/22(金)05:00 94.29円
 ダウ平均は、前日比-129.91ドルの8292.13ドルで引け。S&P社が英国見通し格付けを引き下げたことや、バーナンキ・米FRB議長が雇用の悪化を示したとの報道などを受けて続落。

2009/05/22(金)06:00 94.40円
 21日NYタイムではドルが続落。ドル円は、値動きの荒い展開に。日銀のレートチェックの噂が流れたこともあり一時95.27円まで上昇。しかしその後、ドル売りが強まったことで下落に転じると、これらの買いをこなして93.69円を示現した。ただ、更に下押しする動きとはならず、その後は短期勢の買戻しから94円前半まで戻した。

2009/05/22(金)12:00 94.19円 
 午前の東京市場はややドル売りが優勢。前日からの地合いを引き継ぎ、対ユーロなどを中心にドル売りの動きが見られた。ドル円は与謝野発言で93.86円まで下押し後に94円台を取り戻すなど、クロス円と同様の動きとなったが、ドル売り地合いの中で下げ幅を取り戻すには至らず。94円前半の水準で上値の重い動きに終始した。

2009/05/22(金)16:57 94.16円
 午後の東京市場は、ドル円・クロス円ともに限定的な動き。動意材料に乏しく、全般的に動きにくい状態だった。ユーロ円は、131円半ばまで買われたものの、明確な方向感は示せず、概ね130円後半から131円前半での推移を続けた。ドル円については、クロス円が売られる場面では小幅ながら下げたものの動きは鈍く、94円前半を中心とした動きに終始した。

2009/05/22(金)20:45 94.09円
 ロンドン午前はドルストレートでのドル売りが優勢。対資源国通貨を中心にドル売りが強まった。対オセアニア通貨も軒並みドル売り基調となり、豪ドルは0.7843ドル、NZドルは0.6197ドルまでドル売りが進んだ。一方、ドル円・クロス円については小動き。ドル円は94円前半を中心とした動きを継続。クロス円も様子見ムードが強く、ユーロ円は131円前半、ポンド円は149円前半での動きに終始した。

2009/05/23(土)00:35 94.45円
 LDNFIXにかけては、ドル売りが継続。米財政赤字拡大に伴ったソブリンリスクが引き続きドル売り要因となった。ユーロドルは、ドル売りが加速すると、一時1.4030ドルと1月2日以来の高値水準まで上昇した。ドル円は、ドル売りの流れが強まった局面で一時93.85円と本日安値を更新した。売り一巡後は買戻しが優勢に。94.50円付近にあったストップロスの買いを巻き込むと、一時94.74円まで本日高値を更新した。

2009/05/23(土)05:00 94.80円
 ダウ平均は22日、前日比-14.81ドルの8277.32ドル。序盤に上昇し8,350ドル付近で底堅く推移していたものの、終盤になって、3連休を控えたNY勢の売りに押されてマイナスに転じた。

2009/05/23(土)06:00 94.76円
 22日NYタイムではドルが続落。昨日に続き米国のソブリンリスクが意識されてドルが弱含む展開となった。ドル円は、ドル売りの流れが強まった局面では一時93.85円まで下落。売り一巡後は、更に下押しする動きには繋がらず、週末のポジション調整に絡んでショートカバーが優勢になり、94.92円まで本日高値を更新した。ただ、ドル売り優勢の地合いから上値は重く、その後は伸び悩んだ。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/184-1f1f2658
    この記事へのトラックバック


    最近の記事