FC2ブログ

ドル円の流れ 2009/01/28

2009年01月29日 05:44


2009/01/28

 07:35 89.00円 
 NYタイムではドル円は全般に上値重く89円前半で推移していたが、米経済指標の発表とOPカットが重なる日本時間午前0時を過ぎると売り優勢となった。高寄りしたダウ平均の反落も売りを後押しし、88.42円まで本日安値を更新。しかし、米系短期筋の買いが観測されていた88円半ばでは下値を拾う動きも見られが、88円半ばでは底堅く89円近辺に戻して引けた。

 07:45 89.15円 NY市場の流れを引き継ぎ、買い戻し優勢
 08:49 89.37円 クロスを中心に円がやや弱含む展開
 08:51 89.34円 買い先行だが上値は限定的
 09:03 89.35円 日経平均、寄り付きは-8.82円の8052.25円
 09:16 89.40円 クロス円の上昇につれて上昇し、一時89.48円まで買われた
 09:42 89.25円 ドル円に信託系の売り観測、89.25円で推移
 09:58 89.09円 信託系の売りが観測され、89円ちょうど近辺まで下落
 10:14 88.96円 仲値が過ぎたことで、再び89円割れをうかがう展開
 10:23 89.05円 ドル円反落の背景に欧州系売り観測
 11:00 89.01円 日経平均は-29.61円の8031.46円で前引け
 11:15 89.00円 ダウ先物は堅調。バッドバンク計画の報道が好材料
 11:30 89.21円 ドル円に本邦証券系の買い観測
 12:38 89.25円 日経平均株価がやや上げ幅を拡大して午後の取引を開始
 13:00 89.13円 ドル円には米系の売り観測
 13:35 89.23円 欧州通貨を中心に各通貨が対ドル・対円で上値を拡大
 14:36 89.18円 FOMCを控えて様子見ムードが強く、89円台前半で小動き
 15:00 89.19円 日経平均は+45.22円の8106.29円で大引け
 15:10 89.15円 日経平均上げ幅を縮小により、ドル売り円売りの動きも一服
 16:22 88.99円 英系の買いが観測されたが上値は重く、88.88円まで下落
 16:36 88.95円 FOMCによる長期金利低下の思惑からか、ドル売りが優性
 17:03 89.23円 クロス円に連れ高となり、欧州通貨が堅調
 17:31 89.20円 ユーロは高値圏でもみあい
 18:29 89.18円 欧州勢参入後、89.15円を中心にした膠着
 19:01 89.25円 欧州主要株式相場は、寄付き直後から高値圏で揉み合い
 20:13 89.27円 方向性に乏しい動き。88円後半から89円前半での攻防
 20:22 89.28円 荒れもようの相場は落ち着き、様子見ムードが強まる展開に
 21:09 89.30円 住宅ローン申請指数は前週比マイナスとなったが、反応なし
 21:50 89.40円 小動きながら円安外貨高の地合い継続。89円前半での推移
 22:28 89.37円 ユーロドルは本日高値近辺で上値が抑えられるかたちで推移
 23:23 89.30円 FOMCを控えて小動きながら、円安地合いが継続
 23:32 89.33円 NYダウは、前日比100ドル前後上昇の8275ドルでスタート

 23:54 89.35円
 株式市場は買い優勢で始まった。設立が計画されているバッドバンクの管理をFDICが実施する可能性があるとの報道を好感し、米株は大幅続伸。一時153ドル高まで上昇し、その後も堅調に推移。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/20-4df86c78
    この記事へのトラックバック


    最近の記事