FC2ブログ

ドル円の流れ 2009/01/30

2009年01月31日 03:56

2009/01/30

 07:00 90.06円 
 NYタイムはダウ平均が大幅安となるなか、ユーロ円を中心にドル円、クロス円が軟化。ドル円は方向性の見定め難いなか、クロス円の下落を受けて上値は重く、89円後半での推移が続いた。

 08:57 89.91円 特段の動きも見せず、90円手前でやや上値の重い動き
 09:03 89.90円 日経平均、寄り付きは-108.36円の8142.88円
 09:28 89.73円 バッドバンク構想に障害が出ているとの報道、売りが優勢
 10:11 89.57円 円高が進行し、89円半ばをうかがう展開
 10:18 89.59円 日経平均は-263.93円の7987.31円と大幅下落で推移
 10:29 89.40円 ドル売り誘発ストップロスを巻き込み、一時89.30円へ下落
 11:00 89.47円 日経平均は-276.19円の7975.05円で前引け
 11:06 89.45円 下げ止まり。89.47円まで小幅に買い戻されている
 11:28 89.56円 邦銀の買いが観測され、買い戻されている

 11:55 89.66円
 午前の東京市場はクロス円が軟調。「バッドバンク構想に障害が発生している」との報道が市場心理に不安を与え、売り優勢の地合いとなった。これをきっかけにクロス円には米系の売りが観測され下落。ドル円もクロス円に連れ安となり、一時89.30円まで下落したが下値は限定的だった。

 12:54 89.35円 ファンダメンタルズ悪化の警戒感から下げ幅を拡大
 13:06 89.31円 ユーロ円が115円のストップをこなし、一時114.97円へ下落
 13:59 89.40円 NYダウ先物は10ドル高と小幅に反発。円高の勢いが小休止
 14:10 89.35円 リスク回避の警戒感から円買いが優勢
 14:22 89.25円 本日安値を89.21円までわずかに更新。輸出筋の売り散見
 15:00 89.37円 日経平均は-257.19円の7994.05円で大引け
 15:27 89.39円 バッドバンク早期設立期待の後退などにより円買い優勢
 16:19 89.51円 動意の薄い展開となっており、89円半ばでもみあい
 16:46 89.55円 NYダウは30ドル高と小幅反発。円高の勢い小休止
 17:00 89.51円 輸出などの売りが観測され、上値の重い展開
 17:19 89.25円 安値更新。ユーロ円、スイスフラン円も本日安値を更新
 17:50 89.41円 89.15円の安値から89円半ばで、動意の薄い状態
 18:13 89.36円 欧州株は寄付き直後から小幅安で推移
 18:49 89.38円 ロシア系の売り観測、ユーロドルは一時1.2833ドルへ下落
 19:05 89.32円 ユーロ圏HICPは予想よりも大幅に弱い結果
 20:22 89.53円 特段手がかりもなく、89円半ばでの動きが継続
 20:55 89.66円 市場はややドル買いに。ドル円が89円後半までじり高
 21:19 89.76円 米株先物は、前日比27ドル安の8085ドルと軟調に推移
 22:34 89.80円 GDP(速報)が市場予想ほど悪化せず、小幅に上昇
 22:45 89.65円 シカゴ先物のNYダウが小幅プラスへと反発。円高が一服
 22:51 89.58円 米株指数先物の下落が重しとなり、上値が重い
 23:30 89.62円 NYダウは、前日比30ドル上昇の8179ドルと小幅反発で開始

 23:53 89.75円
 円高は一服するも全般的に膠着。NYダウは小幅高と横這いに転じており、週末前の調整や来週の追加金融緩和策の概要を見極めようというムードになっている。為替相場もリスク回避の円高は抑制されるものの、リスク許容度改善で円売りが活発化していく状況にもない。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/22-ddf60373
    この記事へのトラックバック


    最近の記事