FC2ブログ

ドル円の流れ 2009/02/04

2009年02月05日 03:27

2009/02/04

 07:00 89.46円 
 NYタイムでは、株価が上値を追う動きに連れてクロス円は買戻しが優勢となった。一方、ドル円は、全般的なドル売りの流れを受けて一時88.59円まで下落した。ただ、クロス円が上昇幅を広げる動きから下値は支えられたものの、ドル売り優勢の動きに上値も限られた。

 07:58 89.40円 ドル円はドルが下げ止まり
 09:01 89.39円 日経平均、寄り付きは+71.73円の7897.24円
 09:21 89.40円 為替相場も手掛かり難となり、ドル円・クロス円とも膠着
 09:23 89.46円 上値の重い状況。NY引け後も米系が残って断続的に売っていた
 10:04 89.35円 89.32円まで下値を拡大する動き。クロス円も全面安
 10:29 89.40円 レンジ内で膠着。週末の米雇用統計を前に手控えムード
 11:01 89.45円 日経平均は+168.58円の7994.09円で前引け
 11:56 89.57円 目立った値動きはうかがえないが、円が小安い
 12:42 89.60円 ドル/円、クロス円とも円高一服の地合いが継続
 13:21 89.48円 日経平均は堅調地合いを維持、+178.23の8003円で推移
 14:08 89.55円 ドル円は89円半ば、ユーロ円は116.60円前後で推移
 15:47 89.52円 リスク許容度改善による円売りにも89円台半ばで膠着
 15:00 89.61円 日経平均株価は225円高の8050円と大幅反発で取引終了
 15:47 89.52円 89円台半ばで膠着。日経平均の上げ幅が200円超と大幅反発
 16:21 89.24円 クロス円の下落を受けて89.21円まで本日安値を更新
 16:29 89.05円 クロス円の売りが急速に進み、88.89円まで本日安値更新
 18:01 89.14円 弱い独及びユーロ圏指標が発表されたが、影響は限定的
 18:50 89.08円 89円付近での膠着商状が継続
 20:47 89.09円 方向感に乏しい展開。89円前半を中心とするもみ合い
 21:32 89.13円 強い指標結果を受けてややドル買いに傾くが89円前半で推移
 22:17 89.15円 強いADP雇用者数発表もドル買いの様相弱く89円前半変わらず

 23:00 89.23円
 ドル円は89円前半で推移。米ADP雇用者数は予想より強い結果となったが、市場の反応は限られた。その後、クロス円が買戻されたことで89.30円前後まで水準を上げたが、クロス円が伸び悩むと、同水準でのもみ合いとなっている。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/25-6d584404
    この記事へのトラックバック


    最近の記事