FC2ブログ

ドル円の流れ 2009/02/24(火)

2009年02月25日 02:25

2009/02/24(火)

 07:00 94.62円
 NYタイムは米AIGが政府からの支援無しでは破産手続きの可能性があるとの懸念などから、ダウ平均が97年来の安値水準まで下落したことを受け、足元の逃避的なドル買いが再燃する展開となった。
 ドル円は市場が逃避的にドルが買われる一方、クロス円が軟調となったことを受け、動きづらい展開に。NY序盤の株の下落にあわせたクロス円の値崩れで一時94.17円まで下落したものの、その後はドル買いが強まるなか94円後半を回復。ただ、クロス円がじり安となるなか上値は重く、米株引け際の下落で94円前半を窺った以外は総じて94-95円のレンジでもみ合いに終始した。

 07:30 94.43円
 08:00 94.37円
 08:30 94.43円
 09:00 94.36円 日経平均、寄り付きは-109.48円の7266.68円
 09:16 94.30円 円買いが継続。日経平均株価が190円安へと下げ幅を拡大
 09:30 94.29円
 09:58 94.31円 ドル買いが先行。FEDによる米長期債購入への期待感が背景
 10:00 94.35円
 10:10 94.36円 日経平均は2008年のバブル崩壊後安値を更新し7155.16円まで下落
 10:30 94.35円
 10:40 94.70円 反発。クロス円の上昇を受けて94.82円と昨日の高値に迫った
 11:00 94.68円 日経平均は-191.66円の7184.50円で前引け
 11:30 94.64円

 12:00 94.61円
 東京午前は全般的に方向感の見定め難いなか、欧州通貨を中心としていって来いの展開となった。ドル円はクロス円が下押す局面では94.26円まで下落。その後、ユーロ円が高値を窺う動きに合わせて94.82円まで上昇した。

 12:30 94.86円 日経平均株価は、前日比200円安の7175円で午後の取引を開始
 12:32 94.81円 ドル円は底堅く推移。一時94.91円と昨日の高値94.95円に迫った
 12:55 95.04円 ドル円は95円乗せ。一ただ、高値をつけたあとは95円近辺で推移
 12:59 95.05円 一時95.23円まで上昇後、95円台を維持
 13:00 95.05円
 13:30 95.10円
 13:34 95.09円 日経平均株価は前日比155円安とやや下げ渋っている。
 14:00 94.97円
 14:04 95.11円 95円前半で推移。米系の買いが見られたもよう
 14:07 95.10円 円安地合いが継続。過度なリスク回避も後退している
 14:09 95.11円 米系の買いと輸出勢の売りが出て売買交錯の状況
 14:16 95.12円 95円前半で推移。95円台で底堅い推移
 14:30 95.06円
 15:00 95.31円 95円前半での堅調な動きを続けるなか、クロス円も底堅く推移
 15:00 95.30円 日経平均は-107.60円の7268.56円で大引け
 15:02 95.31円 95円前半の輸出筋の売りをこなしながら95.35円まで上昇
 15:30 95.28円
 16:00 94.00円
 16:09 95.09円 ダウ先物は7180ドル(+64)で推移
 16:30 95.20円
 16:54 95.41円 米系経由でのロンドン勢など短期筋の買いが根強く上昇
 17:00 95.35円 円安が継続。NYダウ先物が70ドル高へと上げ幅を拡大
 17:30 95.50円
 17:49 95.47円 ドル買い円売りの地合いに変化はなく、一時95.52円まで上昇
 18:00 95.57円
 18:30 95.57円
 19:00 95.36円
 19:30 95.56円
 20:00 95.68円
 20:30 95.55円
 20:35 95.57円 上昇一服。本日堅調で、昨年11月28日以来の高値水準となった
 20:57 95.75円 一時昨年11月26日以来の高値となる95.81円まで上昇
 21:00 95.80円
 21:19 95.86円 ダウ先物は7157ドル(+41)で推移
 21:30 95.85円
 21:38 95.86円 ロンドンタイムもドル円は堅調な動きを継続
 22:00 95.86円 上昇続く。米株先物強含みの中、96円台間近となる
 22:19 95.95円 95円台後半と昨年12月1日以来約3カ月ぶりの円安水準で推移
 22:30 95.92円
 22:39 95.98円 NY入りもドル買い優勢。96円絡みの売り買いが交錯
 23:00 95.91円
 23:13 96.19円 96.22円まで上伸。ストップなどを誘発し押し上げ
 23:17 96.25円 日本の政局や景気に対する先行き不安などを背景に円売りが優勢
 23:30 96.28円 ダウ平均は前日比+0.56ドルの7115.34ドルで寄り付き
 23:35 96.36円 S&P/ケースシラー住宅価格は弱い結果となったが、嫌気されず
 23:40 96.43円 買いが止まらず一時96.53円まで上昇

2009/02/25 00:22 96.47円
 上昇する展開を強めて96円台を11月25日以来となる96円台を示現しているドル/円はNYダウの上げ幅縮小で軟化する場面が見られものの、再び値を上げて高値を更新たする底堅い動向を続けている。「もはや上昇を止める材料もないようだ」との声も聞かれるなか、96.56円まで上昇。そのまま高値件で張り付く格好となっている。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/39-4515bc54
    この記事へのトラックバック


    最近の記事