FC2ブログ

ドル円の流れ 2009/03/13(金)(1)

2009年03月13日 12:25

2009/03/13(金)①

 06:00 97.71円
 NYタイムでは、ダウ平均の大幅上昇を受け、リスク許容度が増加するとの見方からドル・円・スイスフランを除く他通貨の上昇が目立った。ドル円はCHF売りをきっかけとしたドル買いの動きから98.53円まで上昇。ただ、その後は、株高により対ドルでユーロやポンドが上昇したことを受けたドル売りの流れに上値は抑えられ伸び悩んだ。

 06:30 97.75円
 07:00 97.49円
 07:23 97.58円 円買いが再び優勢。97.50円台へと小幅にドル安・円高
 07:30 97.63円
 08:00 97.67円
 08:30 97.66円
 09:00 97.32円 日経平均、寄り付きは+102.87円の7301.12円
 09:05 97.33円 円が続伸。97円半ばを割り込み、97.30円台をつけた
 09:15 97.21円 ファンド勢から売りが観測され、97.13円まで下落
 09:30 97.21円 
 09:42 97.44円 97.13円まで下落したが、その後は97円半ばまで戻した
 09:48 97.50円 ドル反落後に下げ止まり。押し目買いが下値をサポート
 10:00 97.58円 日経平均は上げ幅を拡大。為替円安が日本の株高を支援
 10:15 97.67円 ドル円、クロス円とも、外貨反落ののち下げ止まり
 10:18 97.85円 日経平均が350円高と上げ幅を拡大。円全面安が再燃
 10:30 97.92円 円売り止まらず。ストップロスを巻き込み、一時98円に達した
 10:52 97.93円 仲値にかけては買い戻しの動きが見られ、反発基調
 11:00 97.87円 日経平均は+315.98円の7514.23円で前引け
 11:30 97.60円 上げ渋り。3月期末を控えた機関投資家などのドル戻り売り

 12:00 97.70円
 午前の東京市場は総じて小動き。ドル円・クロス円は序盤こそ売り優勢の地合いとなったが、仲値前に買い戻しへと転じたことでそれまでの下げ幅を縮小した。 
 ドル円はNY時間からの流れを引き継いで売りが先行。ファンド勢からの売りが入ったこともあり、一時は97.13円まで下押した。しかし、仲値にかけては買い戻しの動きへと転換。別のファンド勢が買いが入り、98.07円まで上値を伸ばした。ただし、98円台前半の売りゾーンをこなすには至らず、その後は97円後半まで小緩んだ。


 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/56-4243dd37
    この記事へのトラックバック


    最近の記事