FC2ブログ

週刊ドル円の流れ 2009/03/09週

2009年03月15日 18:15

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン


2009/03/09(月)
 07:00 98.23円 [Comment]
 07:20 98.25円 オセアニアタイムはやや弱含みの展開で98.20円台へと軟落
 07:30 98.15円 
 08:00 98.25円 

 08:10 98.11円 DC
 08:30 98.15円 
 08:46 97.98円 ユーロが堅調な動き。ユーロドルは一時1.2715ドルまで上昇
 08:50 97.95円 ドル安が進行する展開。98円を割り込み、97円台へ下落
 09:00 97.94円 日経平均、寄り付きは+18.03円の7191.13円
 09:07 98.02円 日本の1月経常収支は-1782億円。経常赤字転落は13年ぶり
 09:22 98.24円 円が弱含み。日本の経常収支の予想以上の赤字が影響
 09:30 98.21円 

 09:40 98.25円 GC
 09:48 98.19円 クロス円中心に上昇。ドル円も98円前半を回復する展開
 10:00 98.22円 
 10:13 98.22円 日経平均株価は小幅高で推移。先物NYダウも小幅な自律反発
 10:30 98.25円 
 10:33 98.28円 98円前半で膠着。輸出勢などの動きもほとんど出ていない
 11:00 98.27円 日経平均は-57.91円の7115.19円で前引け
 11:30 98.45円 
 11:35 98.35円 98.55円まで上昇、前週末高値をわずかに上抜け
 12:00 98.33円 [Comment]

 12:20 98.19円 DC
 12:11 98.20円 ドル円に本邦輸出勢の売り観測、98.18円へ
 12:29 98.20円 輸出勢からの売りで一時98.10円まで下落。その後もみ合い
 12:30 98.22円 日経平均株価は、先週末比82円安の7090円で午後の取引を開始
 12:44 98.10円 円が強含み。日経平均が午後から下げ幅を拡大し、円売り一服
 12:46 98.11円 クロス円が全般に売り優勢。ユーロ円は124.22円まで下落
 13:00 98.03円
 13:20 98.15円 日経平均は7000円割れ回避、7100円台を回復へ
 13:30 98.20円
 13:41 98.20円 1月国際収支が13年ぶりの経常赤字が円の重石となっている
 14:00 98.19円 
 14:08 98.23円 日経平均は下げ渋り。先週末比48円安の7124円

 14:20 98.28円 GC
 14:30 98.25円
 15:00 98.32円 日経平均は-87.07円の7086.03円で大引け
 15:04 98.30円 レンジ内で膠着。98.85-90円の本格上抜けが一つの焦点
 15:18 98.27円 欧州通貨売り優勢、ユーロドルは1.2629ドルまで下落
 15:30 98.25円 
 15:53 96.25円 欧州通貨が売り優勢の展開に。本邦勢からの売りを観測
 16:00 98.33円 
 16:30 98.37円 
 16:45 98.63円 ユーロが反発。ドル円も98.69円まで高値を拡大
 16:53 98.66円 ロンドン勢参入により円が売られ98.70円台と本日高値更新
 17:00 98.61円 [Comment]
 17:30 98.52円 
 18:00 98.57円 
 18:30 98.58円 欧州勢参入後、98円台半ばを中心に膠着商状
 18:45 98.66円 [Comment]
 19:00 98.72円 
 19:20 98.86円 ダウ先物は一時6528ドルまで下落したが6600ドルまで反発
 19:30 98.82円 
 19:37 98.85円 経常収支赤字転落などで円売り進み、一時98.97円まで上昇
 19:53 98.88円 欧州通貨は売り優勢。ユーロドルは本日安値を更新
 20:00 98.95円 
 20:09 99.10円 欧州時間に入り、ドル買いの流れとなり99円台まで上昇
 20:10 99.07円 99円越えの買いが進み、99.16円まで上昇
 20:30 99.07円 
 21:00 98.95円 
 21:30 98.98円 
 22:00 98.98円 
 22:06 99.07円 ドル円は99円前半で推移、米系プライムネームの買い観測
 22:21 98.97円 欧州タイムは、ドル円を中心に円売りが優勢
 22:25 99.01円 ドル買いが継続。再び99円前後まで水準を戻した
 22:30 98.98円 ダウ平均は前日比-1.20ドルの6625.74ドルで寄り付き
 22:45 99.02円 NYダウ平均株価は、前日比20ドル安で推移
 23:00 99.02円 LDN午前まで継続していたドル買いの動きは小休止
 23:30 99.09円 
 23:35 99.08円 クロス円は全般買戻しが優勢に。ドル円も99.19円まで上昇

 23:40 99.03円 DC
 23:41 99.05円 99円台を示現したが、利食いが優勢となり、やや下落
 23:57 98.89円 NYダウ平均株価上げ渋りに99円を割り込んでいる
 00:00 98.88円
 00:30 98.85円 
 00:45 98.91円 [Comment]


2009/03/10(火)
 06:00 98.86円 [Comment] GC
 06:30 98.81円 

 06:40 98.85円 DC
 07:00 98.78円 

 07:20 98.80円 [Comment] GC
 07:30 98.82円 
 07:57 98.95円 レンジながらドルが底堅さを維持。仲値決済需要が下支え要因
 08:00 98.93円
 08:04 99.02円 オセアニア為替市場ではドル円は再び99円台を回復
 08:30 99.00円
 09:00 98.94円 日経平均、寄り付きは-26.26円の7059.77円
 09:07 98.94円 クロス円が堅調。ユーロ円・ポンド円・豪ドル円が上伸
 09:30 99.03円 
 09:36 99.03円 小幅に下落。円売り地合いとドル高地合いが続いている
 09:40 99.05円 ドル円にはモデル系からの売り観測、99.06円で推移
 10:00 99.02円 

 10:30 98.93円 DC
 10:54 99.06円 動意はなく総じて小動き。早朝からの価格変動は50ポイント
 11:00 98.86円 日経平均株価は、前日比52円安の7033円で午前の取引を終了
 11:15 98.89円 99円近辺での方向感に乏しい状態
 11:19 98.90円 ドルが底堅いも上値も限定的に。99円超えに厚いドル売り観測
 11:30 98.88円
 12:00 98.88円 [Comment]
 12:30 98.86円 日経平均株価は、前日比17円安の7068円で午後の取引を開始
 13:00 98.96円
 13:21 98.83円 米当局「シティへの追加策を検討」との報道
 13:30 98.87円

 13:40 98.95円 [Comment] GC
 13:41 98.96円 ポジション調整の円買いドル売りに弱含み推移
 14:00 98.90円 98円後半で推移しており、クロス円に振られる展開

 14:30 98.90円 DC
 14:30 98.90円 ポジション調整の円買いドル売りに98.92円前後で推移
 15:00 98.57円 日経平均は-31.05円の7054.98円で大引け
 15:03 98.60円 ドルが反落。シカゴ先物の米国株やアジア株が反発しいる
 15:04 98.59円 ドル軟調。アジア系ソブリンのドル売りが観測されている
 15:15 98.45円 ドルが反落。99円超えからはドル防戦売りが山積
 15:30 98.36円 
 15:53 98.51円 ダウ先物は6595ドル(+67)で推移
 16:00 98.48円 
 16:30 98.71円 
 17:00 98.63円 
 17:30 98.57円 
 17:33 98.62円 [Comment]
 18:00 98.46円 
 18:08 98.43円 小動きながらも、98円台半ば付近でやや上値の重い展開
 18:23 98.30円 ロンドン勢の本格参入を受けて、一時98.25円まで下落
 18:30 98.37円 
 18:43 98.36円 ドル円、ユーロ円ともに円が買い戻される地合いが継続
 19:00 98.33円 
 19:30 98.30円 98.17円まで本日安値を更新ののち、98円前半で推移
 20:00 98.45円 
 20:30 98.28円 
 20:40 98.30円 段階的に値を下げる頭の重たい展開が続いている
 21:00 98.40円 
 21:12 98.39円 クロス円の弱い動きに連れ、一時98.17円まで下落した。
 21:30 97.94円 
 21:35 98.09円 97.90円まで下落。その後は98円台に戻しての展開
 21:45 98.01円 一時98円を割り込み、97.90円の本日最安値を示現
 22:00 98.05円 [Comment]
 22:15 98.11円 NYダウ先物は、100ドル高の流れを維持
 22:30 98.19円 NYダウは、前日比110ドル前後上昇の6657ドルでスタート

 22:40 98.31円 [Comment] GC
 23:00 98.38円 ダウの上昇幅は200ドルを超えたが、外為市場は小幅な値動き
 23:07 98.36円 ドル円は小動き。98.35円前後での推移を継続
 23:30 98.32円 
 23:36 98.20円 98円台半ばが重く、上値が限定された展開で推移
 00:00 98.32円 98円台前半での揉み合いから、徐々に下値を切り上げて推移


2009/03/11(水)
 06:00 98.68円 [Comment] DC
 06:30 98.70円
 07:00 98.71円 
 07:30 98.66円 

 08:00 98.68円 GC
 08:08 98.70円 膠着ながらもドルが底堅さを維持。米国株は大幅反発
 08:30 98.77円 オセアニタイムではやや円安だが、基本的にはレンジ内
 08:54 98.80円 1月機械受注統計は事前予想ほど悪化せず
 09:00 98.78円 日経平均、寄り付きは+110.41円の7165.39円
 09:21 98.70円 日経平均は上げ幅を拡大。機械受注の好結果が支援材料 

 09:30 98.66円 日本株などアジア株の大幅反発を受けて、ドル買いが一服 DC
 10:00 98.70円 方向感に乏しい状況となっており、98円後半でのもみ合い
 10:15 98.56円 円が小幅に買われる展開。ドル円は98円半ばまで小緩んだ
 10:21 98.61円 仲値後に輸出勢からの売り観測され、98.52円まで下落
 10:30 98.61円 
 11:00 98.56円 日経平均は+283.18円の7338.16円で前引け
 11:08 98.55円 [Comment]
 11:30 98.50円 
 11:53 98.43円 一時は98.35円を示現。クロス円の下落で下押し
 12:00 98.44円 小動きながら小幅に売り優勢の展開
 12:30 98.38円 日経平均株価は前日比328円高の7383円で午後の取引を開始
 12:36 98.53円 政府が1兆円の投資減税を行うとの報道
 12:42 98.53円 ドル買いの動きが優勢に。中国の貿易黒字が大幅に縮小
 13:00 98.55円
 13:15 98.48円 ユーロドルは続落。中国貿易黒字の急減を嫌気したリスク回避
 13:30 98.44円 
 14:00 98.43円 日経平均は堅調地合いを維持し、300円を超える上げ幅で推移
 14:30 98.41円 後場の日経平均株価は、上げ幅を300円超に広げ高値圏で推移
 14:38 98.39円 ドル円は98円半ばを中心とした落ち着いた動き
 14:51 98.42円 [Comment]
 15:00 98.43円 日経平均は+321.14円の7376.12円で大引け
 15:26 98.42円 世界的な株上昇を受けて、ドル回帰一服が重石となり膠着
 15:30 98.36円  

 15:40 98.54円 GC
 16:00 98.56円 
 16:30 98.55円 
 16:49 98.55円 レンジ内で膠着。シカゴ先物のNYダウが前日水準で横這い
 17:00 98.57円 [Comment]
 17:11 98.53円 欧州市場朝方の取引では、ドル円は前日終値から小幅ドル安

 17:30 98.48円 DC
 17:49 98.31円 目立った動きは見られず、98円台前半で上値のやや重い展開
 18:00 98.36円 

 18:30 98.50円 GC
 18:49 98.50円 欧州株が下げ幅を縮小し、円の売り戻しが優勢
 19:00 98.52円 
 19:06 98.50円 欧州主要株式相場は、前日比プラス圏を回復

 19:10 98.47円 DC
 19:28 98.47円 戻りを試したものの上値が重い展開。一時98.26円まで下落
 19:30 98.47円 98円台半ばで膠着商状が継続
 20:00 98.42円 弱い独製造業が発表されたが、ユーロへの反応は限定的
 20:30 98.45円 
 20:47 98.35円 ユーロドルは一時1.2758ドルまで上昇。本日高値を更新
 20:55 98.41円 [Comment]
 21:00 98.31円 
 21:22 98.01円 98円前半で推移。98.00円まで下落し、本日安値を更新
 21:30 98.04円 98円の大台を割り込み一時97.96円まで下落、本日安値を更新
 21:55 98.04円 シカゴ先物のNYダウは、前日比60ドル高と小幅続伸で推移
 22:00 98.02円 98円挟みで推移。97.85円にストップロスの売り観測
 22:30 98.00円 ダウ平均は前日比-3.33ドルの6923.13ドルで寄り付き
 22:38 98.05円 ややドルが強含み。NYダウが小幅マイナスに転じドル買い戻し
 23:00 98.12円 全般的にドル安が一服するもレンジ内で膠着
 23:14 98.18円 徐々に値を戻すが、上値が重い展開で戻りは限定的
 23:30 98.10円 
 23:42 98.02円 NYダウは7000ドル台を回復していたが、徐々に上げ幅を縮小
 00:00 98.03円 [Comment] 


2009/03/12(木)
 06:00 97.28円 [Comment] DC
 06:30 97.30円 

 06:40 96.19円 GC
 07:00 97.27円
 07:30 97.35円
 08:00 97.42円
 08:30 97.41円
 08:54 97.25円 日本の10-12月GDP改定値が小幅な上方修正、円の買戻しが観測 

 09:00 97.23円 日経平均、寄り付きは-55.67円の7320.45円 DC
 09:13 97.08円 一時97.07円まで安値を更新。GDP上方修正による円買い継続
 09:25 97.07円 ドル円は96.90円にストップ観測
 09:30 97.06円 
 10:00 97.16円 
 10:14 96.80円 ドルが続落。ストップロスを巻き込み一時96.75円の安値
 10:30 96.86円 ストップを巻き込み、足もとで96.69円まで下落
 11:00 96.94円 日経平均は-79.02円の7297.10円で前引け
 11:30 96.83円 円高の動きは、取り敢えず一服
 12:00 96.79円 [Comment]
 12:16 96.40円 円買い戻しの流れが継続。3月期末を控えた円買いも活発化
 12:30 96.36円
 12:35 96.19円 日経平均は午後から続落。前日比134円安の7241円
 12:47 96.15円 続落。一本調子のドル高円安に対する反動調整
 13:00 96.22円
 13:30 96.25円
 13:37 96.17円 売り一巡し一旦もみ合いの様相。96円前半で推移
 14:00 96.20円 円高が一服。参入してくる欧州勢の動向を見極める展開
 14:30 96.30円 
 15:00 96.37円 日経平均は、前日比177円安の7198円と大幅反落で取引終了

 15:10 96.44円 GC
 15:30 96.33円 
 15:49 96.35円 対欧州通貨や対資源国通貨でドル買いや円買いが再燃
 15:50 96.37円 安値圏ながら底堅い動き。クロス円は上値が重い
 16:00 96.44円 

 16:30 96.22円 DC
 16:56 96.30円 ドルが下げ渋り。対ドル以外では円買い戻しの圧力が継続
 17:00 96.34円 [Comment]
 17:50 95.90円 ドルが続落。96円割れから誘発ストップロスを巻き込んだ
 17:55 95.85円 95.77円まで本日安値を更新。クロス円も売り優勢
 18:00 95.79円
 18:30 95.83円 米株先物は、前日比41ドル安の6873ドルで推移
 19:00 96.14円 一時95.60円台まで下値を広げ本日安値を更新
 19:10 96.10円 短期投機筋などからのショートカバーで、96円台を回復 

 19:20 96.08円 GC
 19:30 96.14円 
 20:00 96.28円 
 20:12 96.31円 ドルストレートでのドル買いが一服し、一時95.65円まで下落
 20:30 96.31円 クロス円が反発上昇し、ドル円も96円半ばまで買い戻された
 21:00 96.49円 
 21:17 96.33円 米系の売りが観測され、やや上値の重さが目立つ展開
 21:30 96.42円 
 22:00 96.78円 米小売売上高の上振れを受け、ドルは対円で上昇
 22:30 97.08円 
 22:52 97.15円 ドル/スイス上昇につられてドル円も一時97.40円に上昇
 23:00 97.46円
 23:13 98.03円 上昇。97円半ばの売りをこなし、98.08円まで上昇
 23:30 98.34円 
 23:35 98.24円 [Comment]
 23:38 98.17円 98円台半ばで頭打ちになりやや値を下げ始めている
 23:56 97.90円 NYダウ平均株価はじり高基調、上げ幅を100ドル超に広げた
 00:00 97.90円 


2009/03/13(金)
 06:00 97.71円 [Comment] DC
 06:30 97.75円
 07:00 97.49円
 07:23 97.58円 円買いが再び優勢。97.50円台へと小幅にドル安・円高
 07:30 97.63円
 08:00 97.67円
 08:30 97.66円
 09:00 97.32円 日経平均、寄り付きは+102.87円の7301.12円
 09:05 97.33円 円が続伸。97円半ばを割り込み、97.30円台をつけた
 09:15 97.21円 ファンド勢から売りが観測され、97.13円まで下落
 09:30 97.21円 
 09:42 97.44円 97.13円まで下落したが、その後は97円半ばまで戻した
 09:48 97.50円 ドル反落後に下げ止まり。押し目買いが下値をサポート 

 10:00 97.58円 日経平均は上げ幅を拡大。為替円安が日本の株高を支援 GC
 10:15 97.67円 ドル円、クロス円とも、外貨反落ののち下げ止まり
 10:18 97.85円 日経平均が350円高と上げ幅を拡大。円全面安が再燃
 10:30 97.92円 円売り止まらず。ストップロスを巻き込み、一時98円に達した
 10:52 97.93円 仲値にかけては買い戻しの動きが見られ、反発基調
 11:00 97.87円 日経平均は+315.98円の7514.23円で前引け
 11:30 97.60円 上げ渋り。3月期末を控えた機関投資家などのドル戻り売り
 12:00 97.70円 [Comment]
 12:30 97.70円 日経平均株価は、前日比330円高の7528円で午後の取引を開始 

 12:50 97.62円 [Comment] DC
 13:00 97.64円
 13:20 97.60円 日経平均株価の大幅上昇を受けて円が下落するもやや下げ渋り
 13:18 97.60円 邦銀からの売り観測するも、週末でもあり鈍い動き
 13:30 97.46円
 14:00 97.76円 

 14:10 97.82円 GC
 14:21 97.72円 欧州通貨は対ドルでやや売りが優勢
 14:30 97.71円 日経平均株価の大幅上昇を受けて、ドル円も円が弱含みで推移
 15:00 97.74円 日経平均は+371.03円の7569.28円で大引け
 15:25 97.78円 シカゴ先物市場米株先物は、前日比12ドル安の7104ドルで推移
 15:30 97.86円 
 16:00 97.85円
 16:06 98.08円 98円ちょうど近辺で推移。中東勢の買いが観測されている
 16:12 98.15円 98円超え。欧州勢の参入とともにドルの買い戻しが進展
 16:30 97.95円
 16:50 97.97円 ジリ高。ただ、明確な上向きの方向感を強めるには至らない
 17:00 97.98円 [Comment]
 17:14 98.00円 ドル堅調地合いながら上げ渋り
 17:30 98.15円 欧州株は寄付き直後から上昇、前日比2%前後の大幅続伸
 17:46 98.42円 98.45円前後まで上昇、昨日高値の98.53円レベルに接近
 17:52 98.59円 一時98.67円まで上昇。昨日高値98.53円を上回って上伸した
 18:00 98.46円
 18:11 98.37円 98.67円まで上昇後、98.70円ストップロスは買いつけられず
 18:30 98.30円 
 18:52 98.30円 欧州朝方の円売りの勢いは一服、98円台前半で推移
 19:00 98.29円 
 19:30 98.26円 

 19:40 98.20円 目立った材料も無く動意に乏しい動き。98円前半で推移 DC
 19:54 98.10円 欧米株が上げ渋っており、じりじりと上昇幅を縮小する展開
 20:00 98.19円 
 20:13 98.25円 シカゴ先物市場米株先物は、前日比73ドル高の7189ドルで推移
 20:30 98.23円
 20:50 98.16円 98円前半での小動きが継続
 21:00 98.17円 [Comment] 

 21:30 98.19円 GC
 21:34 98.20円 ドルが高値圏で高止まり。週末のG20会合を控え様子見ムード
 21:37 98.30円 本日予定される大口オプションの満期償還をにらむ展開
 22:00 98.27円 
 22:10 98.42円 シカゴ先物のNダウは小幅高を維持。前日比$29高の$7142
 22:30 98.33円 NYダウは、前日比20$高の7190$と小幅続伸でスタート
 23:00 98.39円 ドル高値圏でもみ合い。週末にG20を前にしたポジション調整
 23:10 98.40円 外為市場は全般的に膠着、ドル売りと円売りがやや優勢
 23:30 98.30円 

 23:40 98.23円 DC
 23:48 98.20円 98.00円を挟んで上下する展開が続き、方向感に欠く動向
 00:00 98.28円
 00:21 97.87円 ユーロは全般小動き。LDNFIXではユーロ売り優勢との見方
 00:30 97.98円 
 00:50 97.98円 小幅高なNYダウだったが、徐々に値を下げる展開
 01:00 98.03円 寄付き以降、堅調だった欧州株式市場も上げ幅を縮める動向
 01:30 98.02円 [Comment] 




[Comment]

2009/03/09(月)07:00 98.23円
 先週末のNYタイムはドルが堅調。米雇用統計の発表後は弱い結果を見込んで事前に売り方向でポジション調整が進んでいた通貨ペアの買戻しが先行し、ドル円も買い優勢で推移し98円台を回復したが、ダウ平均が上値の重い動きとなると、買い戻されていた通貨が幅広く反落。ドル円は98円台から97.60円近辺まで下振れした。 しかし、ダウ平均が引けに向けて急速に回復すると高値98.51円に迫る水準まで一時上昇し、98円前半で引けた。

2009/03/09(月)12:00 98.33円
 午前の東京市場は小幅に円売り・ドル売りが優勢。ドル円は輸出勢や米系短期筋などの動きもほとんど出ておらず、98円台前半で膠着状態。終盤にはクロス円の上昇につれ高となった影響で上値は98.55円まで上昇。わずかに先週末高値(98.51円)を更新するに止まった。

2009/03/09(月)17:00 98.61円
 東京タイム午後は欧州通貨売りが先行。ユーロドルにアジア系の買いが観測されると、ユーロドルは1.26ドル半ばへ上昇。ユーロ円も125.05円まで上昇し、本日高値を更新した。ドル円は98円前半を中心に推移。終盤ユーロ円が高値を更新すると98.74円まで本日高値を更新したが、明確な方向感が感じられない上下への振れる展開となった。

2009/03/09(月)18:45 98.66円
 ドル/円は、一時98.74円前後の本日高値を示現後、98円台半ば付近に下押しした後は小動きながらも底堅く推移しており、再び本日高値を窺う展開となっている。また、欧州株や米株先物が下げ幅を広げた局面でも、ドルの下押し幅は限定的に留まっており、ドルの堅調地合が改めて意識されているようだ。

2009/03/09(月)00:45 98.91円
 NY為替市場は、取引一巡後は徐々に落ち着いた動きに。NY入り直後はドル買いが進んだものの、ユーロやポンドが下げ渋ったほか、ダウ平均が前日比でプラス圏に反発したことなどを受けて、ドル買いの流れは一服。ドル円もドル・ユーロの動意が小さくなったことで98円後半でもみ合いとなっている。

2009/03/10(火)06:00 98.86円
 NYタイムでは材料に乏しいなか、全般的にまちまちな動きとなった。ドル円は方向感の見定め難い動きに。クロス円が反発する動きに連れて99.19円と本日高値を更新したが、他通貨において全般的なドル売りとなったことで上昇幅は限られた。その後は方向感なく98.90円を中心としてもみ合いに終始した。

2009/03/10(火)12:00 98.88円
 午前の東京市場は円売り・ドル売り基調に。日経平均などアジア株式市場が総じて軟調な推移となったが、これに対するリスク回避の動きは見られず、総じてフローに振らされる展開となった。ドル円は上値を窺えず。クロス円の上昇に連れて99.14円まで上昇する場面も見られたが、同水準近辺からはモデル系の売りに押されて98円台後半まで反落。一方で下値を窺う様子も見せず、99円近辺での小動きに終始した。

2009/03/10(火)17:33 98.62円
 午後の東京市場、ドル円・クロス円は買い一服後は売り優勢に。クロス円は午前の流れを引き継ぎ買いが先行。しかし、ドル円が98.34円まで下落するとクロス円も反落。ただ、ドルストレートでドル売りが進んだことが下支えとなり、売りが一巡すると買い戻された。ユーロ円は125.68円まで本日高値を更新した。

2009/03/10(火)22:00 98.05円
 10日NY外為市場ではユーロドル、ドル円などでドルが続落後に下げ渋り。バーナンキFRB議長の発言が影響し、信用不安の後退が米国株先物の上昇を支援し、これまで安全逃避で買われてきたドルの売り戻しを誘う場面があった。

2009/03/11(水)06:00 98.68円
 NYタイムでは終盤にかけてドル買いが優勢。午後になるとドル買いが優勢に。ドル円は、序盤にドル売りが先行したことを受け97.90円まで下落したものの、その後のドル買いの動きに98.90円前後まで反発した。

2009/03/11(水)11:08 98.55円
 市場では11日のNY市場に権利行使期限を迎える大口オプションが話題を呼んでいる。満期まではドル防戦買いやドル防戦売りが98-99円レンジで上下限を抑えてくる。反動的に一方向に大きく値が飛ぶぶ可能性もあり、NY市場にかけてドル高ドル安の両波乱を警戒する声もある。

2009/03/11(水)14:51 98.42円
 11日東京外為市場のドル/円は、昼過ぎにややまとまった額の円売り・ドル買いが出て一時98.60円水準まで円安が進んだが、その後は再び円買い戻しが優勢となり、13:00過ぎに98.26円前後まで円反発。前日の米国株高を受けてアジア株が全般に上昇しており、投資家のリスク回避に伴うドル回帰一服が引き続きドルの重石となっている。

2009/03/11(水)17:00 98.57円
 午後の東京市場はクロス円の上値が重い展開。中国貿易黒字が大幅縮小となったことから、リスク回避的なドル買いがクロス円に広がった。ドル円は朝方98.86円の本日高値をつけてからは軟調に推移。中国貿易黒字の縮小を受けたドル買いで反発する場面も見られたが、限定的な動きに止まり98.26円まで下落。ただ、下値も限られた。

2009/03/11(水)20:55 98.41円
 午前のロンドン市場、クロス円は序盤上値が重かったものの徐々に買い戻し優勢に。ドル円はロンドン勢の入り際、一時98.26円まで下落。「98.20円にはストップロスが並び始めている」との声も聞かれていたことから、同水準を攻める動きが期待されたが、ストップをつけるには至らず、98円半ばまで買い戻された。ただ、一段の買い材料にも乏しく、上値も限定的だった。

2009/03/11(水)00:00 98.03円
 ドル売りが優勢に。ドル売りの流れが継続しており、ユーロドルは1.2810ドルまで本日高値を更新した。また、ドル円は再び98円を割込む動きを見せるなど、97.85円近辺のストップロスを窺う動きを見せている。
 しかし、本日権利行使期限のオプションに絡んだ売買に絡んでドル円は98円近傍に吸い寄せられやすいこともあり下押しも限られている。今後、98円のオプションと97.85円のストップを巡る攻防が暫く続きそうである。

2009/03/12(木)06:00 97.28円
 NYタイムでは方向性が見定め難いなかユーロ買い・ドル売りが優勢に。全般的に株価が堅調だったことを受けてリスク選好が強まりドルへの投資妙味が後退した。
 ドル円は、全般的なドル売りの流れが強まりじり安の展開に。途中、米債の急騰を受けてドル売りが加速すると一時97.02円まで下落した。

2009/03/12(木)12:00 96.79円
 午前の東京市場は円買い優勢の展開に。本邦GDPが市場予想を上回ったこともあり、ドル円・クロス円ともに下値を窺う動きが目立った。ドル円は、96.90円のストップを巻き込み、96.69円まで下げ幅を拡大した。

2009/03/12(木)17:00 96.34円
 午後の東京市場は円買い・ドル買いの動きに。本邦GDPが市場予想を上回ったことによる円買いの流れが継続した。ドル円は、一時95.95円まで下落したが、売りが一巡するとドルストレートでのドル買いが下支えとなり、96円前半で推移した。

2009/03/12(木)23:35 98.24円
ドル円が上昇。全般的なドル買いの流れが強まると、ドル円は97.50円の売りをこなし98.53円まで上昇幅を広げた。NY邦銀筋よれば「マクロ系の買いが観測された」という。

2009/03/13(金)06:00 97.71円
 NYタイムでは、ダウ平均の大幅上昇を受け、リスク許容度が増加するとの見方からドル・円・スイスフランを除く他通貨の上昇が目立った。ドル円はCHF売りをきっかけとしたドル買いの動きから98.53円まで上昇。ただ、その後は、株高により対ドルでユーロやポンドが上昇したことを受けたドル売りの流れに上値は抑えられ伸び悩んだ。

2009/03/13(金)12:00 97.70円
 午前の東京市場は総じて小動き。ドル円・クロス円は序盤こそ売り優勢の地合いとなったが、仲値前に買い戻しへと転じたことでそれまでの下げ幅を縮小した。 
 ドル円はNY時間からの流れを引き継いで売りが先行。ファンド勢からの売りが入ったこともあり、一時は97.13円まで下押した。しかし、仲値にかけては買い戻しの動きへと転換。別のファンド勢が買いが入り、98.07円まで上値を伸ばした。ただし、98円台前半の売りゾーンをこなすには至らず、その後は97円後半まで小緩んだ。

2009/03/13(金)17:00 97.98円
 午後の東京市場は欧州通貨が対ドルでやや売り優勢の動きとなったが明確な方向感は出なかった。ドル円は「中東の買いが見られた」こともあり、終盤上昇に勢いが増し、一時98.21円まで上昇。その後は伸び悩み、98円前後まで押し戻された。

2009/03/13(金)21:00 98.17円 
 ロンドン午前の為替市場では、ドル円・クロス円は上値を試したものの限定的な動き。ドル円は中東の買いが入ったほか、邦銀のロンドンデスクから98.40-50円に控えていたストップロスの買いをつけにいく動きが見られ、一時98.67円まで上昇。しかし、上値98.70円のストップロスの買いはつけられず伸び悩むと、その後は98円前半での小動きとなった。

2009/03/13(金)01:30 98.02円
 LDNFIXにかけては、序盤はポンドを中心として上下動する局面が見られたが、全般的にはG20を控えて積極的な取引は見られず、各通貨ともに方向感の見定め難い動きとなった。ドル円はダウ平均の動きに連れてジリ安の展開に。ダウ平均が前日比マイナス圏に転じると上値は重くなり、97円後半まで水準を下げた。




 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/61-14752abb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事