FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/03/16(月)

2009年03月17日 07:59

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/03/16(月)

2009/03/16
 07:00 98.03円 [Comment]
 07:10 97.83円 週初オセアニアタイムは小幅に円高。98円を割り込むんでの推移
 07:27 97.82円 週末G20会議後の早朝アジア市場ではドル買い、円買いが先行
 07:30 97.82円 

 08:00 98.08円 GC
 08:10 98.15円 円高が一服。98円台を再び回復し、98.10円台を示現
 08:30 98.04円 
 09:00 98.09円 日経平均、寄り付きは+60.92円の7630.20円
 09:15 98.12円 やや円が弱含み。日経平均株価は110円を超える上昇
 09:23 98.15円 海外勢の買いが観測され、一時98.30円を示現
 09:30 98.16円 
 09:45 98.30円 円が下落。米系や欧州系などの買いから一時98.50円まで上昇
 10:00 98.38円 円が軟調。仲値決済での外貨不足観測なども円売りを支援
 10:13 98.38円 買いが優勢。98.30円レベルと本日のドル高値圏で推移
 10:22 98.32円 ユーロ円も一時126.95円まで上昇。アジアネームの買いが観測
 10:30 98.31円 
 11:00 98.35円 日経平均は+184.83円の7754.11円で前引け
 11:17 98.27円 円が依然として冴えない。仲値決定後もドル強保ち合い
 11:30 98.25円 
 11:45 98.33円 底堅さを保つもレンジ内で小動き。98.70-80円にかけて売りが厚い
 12:00 98.27円 [Comment]

 12:30 98.17円 日経平均株価は先週末比172円高の7741円で午後の取引開始 DC
 13:00 98.23円 
 13:10 98.20円 円売りの勢いが一服。日経株価は午後から上げ幅をやや縮小
 13:30 98.23円 ダウ先物は7130ドル(-49)で推移
 14:00 98.20円 
 14:14 98.27円 こう着。午前の流れを引き継ぎ98円前半で動意の小さい動き
 14:30 98.21円 
 14:40 98.12円 日経平均は本日高値圏で推移。高値水準でもみ合い
 15:00 98.15円 日経平均は+134.87円の7704.15円で大引け
 15:30 98.20円 
 15:35 98.20円 早出の欧州勢が参入後は若干ドル売りが先行
 16:00 98.16円 
 16:25 98.09円 ユーロドルが上昇。ユーロにはアジア系の買いが観測された
 16:30 98.00円 

 17:00 98.25円 [Comment] GC
 17:30 98.11円 DC 
 18:00 98.10円 シカゴ先物のNYダウが小幅高で推移。先週末比51ドル高の7230ドル
 18:07 98.19円 世界的な株高を受けてユーロが買い戻され、堅調に推移している
 18:12 98.17円 ユーロがジリ高。金融不安の後退がドル買い・ユーロ売りを支援
 18:30 98.14円
 18:36 98.14円 ドル円は97円台半ばから98円台半ばにかけてのレンジ相場が継続

 18:40 98.15円 GC
 18:52 98.16円 欧州株は堅調。アジア株式の上昇を受け、欧州株も買いが先行
 19:00 98.29円 
 19:10 98.11円 欧州株が上昇幅を広げ、対円を除いたドル売り圧力が強まる
 19:30 98.27円 円売り・ドル売りが一段と強まり、クロス円は全面高推移
 19:47 98.37円 欧州通貨を中心にドル・円が下落する構図は継続
 20:00 98.28円 ドル円はジリ高基調で取引されており、一時98円台半ばまで上昇
 20:10 98.30円 米株先物は前日比60ドル高の7239ドルで推移
 20:20 98.39円 欧州通貨の上昇が続く環境下で、ドル円は方向感なく推移
 20:30 98.42円 
 20:50 98.58円 米・欧州系の買いを受けて98.58円まで反発。その後は伸び悩み
 20:57 98.59円 堅調な株価を受けてじり高。98.65円まで本日高値を更新
 21:00 98.55円  [Comment]
 21:30 98.43円
 21:32 98.45円 レンジながらもドルが底堅さを維持
 21:42 98.49円 もみ合い。NY連銀製造業景況指数悪化も反応は限定的
 21:53 98.44円 ユーロ円は再度上昇する展開が強まり、一時128.74円まで上昇
 22:00 98.43円 
 22:03 98.40円 98円台後半では上値が限定され推移
 22:10 98.43円 1月対米証券投資の悪化も影響は限定的
 22:15 98.49円 NYダウ先物は小幅続伸。先週末比55ドル高の7234ドル
 22:20 98.40円 鉱工業生産や設備稼働率は予想を下回ったが、影響は限定的
 22:30 98.38円 ダウ平均は前日比+1.35ドルの7225.33ドルで寄り付き
 22:55 98.40円 99.00円には輸出勢の売りが観測され、98円半ばでもみ合い

 23:00 98.41円 膠着。17-18日の金融政策会合を見極めムード DC
 23:01 98.47円 米株は先週末で4日続伸となった動きが続き、買い優勢
 23:18 98.36円 対欧州通貨や対資源国通貨でのドル安や円安が一服
 23:30 98.38円 
 23:46 98.41円 NYダウは堅調地合いを維持、7300ドル前半での推移が継続
 23:51 98.40円 膠着ながら円高・外貨安は限定的に
2009/03/17
 00:00 98.09円
 00:04 98.14円 ユーロ円は一時127.55円近辺まで急落する展開
 00:16 98.08円 クロス円通貨の売りに連れて、一時98円台を割り込む動向
 00:20 98.22円 98円半ばから98円近辺まで反落。ダウ平均が堅調に推移
 00:26 98.17円 98円前半で推移。NYダウは100ドル超の上げ幅
 00:30 98.17円 
 00:35 98.13円 アジア系の売りが散見され、98円前半での上値の重い展開
 01:00 98.22円 
 01:07 98.18円 [Comment]
 01:30 98.22円 
 01:35 98.20円 NYダウは更に値を上げる動向。NYダウ工業株平均は129.27ドル高
 01:54 98.26円 ユーロ円はNYダウ上げ幅拡大などを背景に再び128円台まで上昇
 02:00 98.33円 
 02:17 98.23円 98円前半で60銭弱のレンジ内で推移。ダウ堅調も戻りは弱い
 02:30 98.26円 欧州株式市場は、堅調な展開を続けたまま取引終了
 02:46 98.27円 NYダウは上げ幅を広げ、前日比150ドルを超える上昇
 03:00 98.21円 

 03:10 98.23円 GC
 03:30 98.26円 
 03:44 98.23円 落ち着いた動き。ダ98円前半での小動きで推移
 04:00 98.26円 
 04:11 98.26円 NY原油先物市場は高値レベルで取引終了。1バレル=47.48ドル
 04:30 98.28円 
 04:42 98.23円 NYダウはマイナスに転じ、-13.70の7210ドル水準で推移 

 04:50 98.23円 DC
 05:00 98.15円 ダウ平均は、前日比-7.01ドルの7,216.97ドルで引けた
 05:30 98.27円 
 06:00 98.17円 



[Comment]

2009/03/16(月)07:00 98.03円
  先週末NYタイムのドル円は序盤こそ、米指標の悪化などを受け上下に振れる局面は見られたが、全般的にはG20を控えて積極的な取引は見られず落ち着いた動きだった。方向感の見定め難いなか、ダウ平均の動きに連れる展開に。ダウ平均が前日比マイナス圏に転じた局面では上値が重くなり、97円後半まで水準を下げた。ただ、その後の株価反発を受けると下落幅は限られ、98円前半まで戻した。

2009/03/16(月)12:00 98.27円
 東京タイム午前はドル円・クロス円とも上昇。朝方こそ、G20財務相会合が終わったこともあって売りが優勢に。ただ、売りが一巡すると日経平均の上昇などもあり買いが優勢となり、昼にかけて上値を切り上げるかたちとなった。ドル円は朝方にユーロ円がストップロスをつけて下落した煽りを受けて下落。一時97.55円を示現した。ただ、その後は買いが優勢となり、米系や欧州系の買いが観測される中、一時98.50円まで本日高値を更新した。

2009/03/16(月)17:00 98.25円 GC
 午後の東京市場は欧州通貨買いの動きが優勢に。午後も東京午前からの動きを継続したことで小動きとなったが、欧州通貨買いの動きが目立った。ドル円もクロス円の動きを受けて連れ高に。対欧州通貨を中心にドルが上値を重く推移していたこともあって、一時98.00円まで下値を試す場面も見られたが、クロス円の堅調さに支援され98.30円台まで反発した。

2009/03/16(月)21:00 98.55円
 欧州時間午前も欧州通貨買いが継続。英バークレイズの報道を好感して買われたポンドやアジア系からの買いが観測されたユーロを中心に欧州通貨が対ドル・対円で上値を伸ばした。これに対してドル円は方向感に乏しい展開。全般的にドル売り・円売り地合いとなったこともあり、98.65円までわずかに本日高値を更新するに止まった。

2009/03/17(火)01:07 98.18円
 LDNFIXにかけては、ドル円・クロス円は上値の重い展開。ドル円は一時98.65円まで上昇したが、クロス円の反落につれ安となったほか、99円ちょうどに観測される輸出勢の売りが意識され反落。さらに、NY勢の参入後はアジア系の売りが見られ、98円ちょうど近辺まで下げた。

2009/03/17(火)06:00 98.17円
 NYタイムはドル円・クロス円ともに上値の重い展開。米株式市場でダウが買い先行となったが、ダウ上昇でのつれ高の動きは限定的となった。また、引けにかけてダウが上昇幅を縮小させマイナスとなったものの、こちらについてもドル円・クロス円ともに下値は限定された。ドル円はロンドンフィックスにかけてアジア系の売りが散見され、98円半ばから98円ちょうど近辺まで下落。その後も上値は重く98円前半でのもみ合いに徹した。


 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/65-88f458ac
    この記事へのトラックバック


    最近の記事