FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/03/17(火)

2009年03月18日 09:14

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/03/17(火)

 06:00 98.17円 [Comment]
 06:30 98.18円 
 07:00 98.16円 
 07:10 98.19円 早朝の為替市場では目立った動意がなく、レンジ内での小動き

 07:30 98.20円 GC
 08:00 98.24円 
 08:30 98.22円 
 09:00 98.25円 日経平均、寄り付きは+63.19円の7767.34円
 09:12 98.35円 ドル円は引き続き98円前半でレンジ感の強い展開
 09:30 98.39円 
 09:45 98.36円 円が弱含み。日経平均の続伸などが円売り地合いを支援
 09:55 98.45円 クロス円が堅調。ドル円もつれて98.51円と小幅ながら高値更新
 10:00 98.42円 
 10:13 98.42円 ユーロドルが上昇。またクロス円も軒並み強含み
 10:17 98.40円 邦銀の買いが観測され、98円半ば近辺での推移
 10:22 98.38円 米系の買いは、クロス円の買いに絡んだ買いとの観測
 10:30 98.38円 
 10:40 98.32円 ユーロが上昇。対ドル1.3000-05ドル、対円127.80-85円
 11:00 98.34円 日経平均は+114.67円の7818.82円で前引け

 11:20 98.25円 DC
 11:30 98.23円 
 11:35 98.25円 為替市場はここにきてやや動意が止まり、静かな値動き
 11:45 98.24円 仲値決済にかけてのドル買いののち反落。様子見ムードで推移
 12:00 98.23円 [Comment]
 12:30 98.26円 日経平均株価は、前日比87円高の7791円で午後の取引を開始
 13:00 98.32円 日経平均株価が前日比166円高の7870円と上げ幅を拡大
 13:20 98.31円 NY原油先物は小動き。47ドル前後での動きとなっている
 13:30 98.29円 シカゴ先物のNYダウが、午前のマイナスから小幅プラスに転じた 

 13:40 98.26円 欧州通貨は幾分買い優勢。動意の小さい動きながらじり高の様相 GC
 14:00 98.37円 
 14:06 98.37円 日経平均は堅調。じり高推移を継続し200円を超える上昇幅
 14:25 98.44円 クロス円は底堅く推移。ユーロ円は128.30円まで本日高値を更新
 14:30 98.44円 
 14:35 98.46円 日経平均株価は続伸。前日比260円高と上げ幅を拡大させている
 14:40 98.44円 株価大幅続伸に伴う投資家の円売り圧力が根強い
 14:52 98.66円 ドルが反発。日経平均の大幅上昇が、リスク回避の円売りを支援
 14:54 98.50円 シュタルクECB理事の発言を受けて、ユーロ売りが優勢に
 15:00 98.49円 日経平均は+244.98円の7949.13円と大幅続伸で大引け
 15:05 98.72円 ドル円は上昇。昨日高値98.65円を超えて98.75円まで上昇
 15:18 98.75円 続伸。98.70-80円にかけての厚いドル売りをこなして推移
 15:20 98.86円 一時98.86円まで上昇。アジア系ソブリンの買いが観測された
 15:21 98.75円 円全面安が進展。日本株の大幅上昇が円売りを支援
 15:30 98.70円 
 15:40 98.70円 98.60円台で伸び悩み。利食いの売りが散見される
 15:50 98.71円 欧州外為市場のドル円は円売りが優勢となり、98円台後半で推移
 16:00 98.75円 
 16:05 98.79円 ドル買い戻しが依然優勢。他の欧州通貨も対ドルで上値の重い展開
 16:30 98.69円 ダウ先物は小幅高で推移。前日比+45の7228ドルまで上昇
 16:55 98.66円 スイスフランにSNBによる売り介入を観測
 17:00 98.66円 [Comment]
 17:02 98.63円 ドル円・ユーロ円に年金筋の買いが観測
 17:05 98.57円 ドルが底堅く推移。米国債市場では10年物国債金利が小幅上昇
 17:07 98.65円 欧州株の反落スタートを背景に、ドル円は伸び悩み推移となった

 17:30 98.63円 DC
 17:50 98.56円 欧州市場では、ユーロが利益確定の売りに押されて上値の重い展開
 18:00 98.46円 
 18:10 98.48円 クロス円の反落に圧迫され、98円台半ば付近での揉み合い商状
 18:26 98.54円 日本銀行が劣後ローン供与案を公表したが、反応は限定的
 18:30 98.53円 
 19:00 98.64円 
 19:05 98.60円 予想より強いZEWの結果を受け、市場はユーロ買いで反応
 19:30 98.55円 
 19:45 98.66円 98円台半ば以下での押し目買い注文に下値を支えられてジリ高推移

 19:50 98.56円 GC
 20:00 98.65円 米株先物は前日比21ドル高の7204ドルで推移
 20:24 98.64円 方向感を失って98円台半ばでの膠着が継続
 20:30 98.66円 
 21:00 98.74円 [Comment]
 21:22 98.80円 ユーロ円は、再び127円台に値を下げる展開
 21:30 98.81円
 21:35 98.94円 米住宅関連統計が市場予想を上回り、98.98円まで本日高値を更新
 21:40 98.94円 米株先物は前日比34ドル安の7145ドルと小幅続落で推移
 22:00 98.87円 99円台に乗せることが出来ないものの高値圏での推移が継続
 22:24 98.82円 ユーロドルは値を下げる展開が続き、1.29台半ばまで軟化
 22:30 98.92円 NYダウ平均株価は、前日比2ドル高の7219ドルと小幅反発の寄付き
 22:45 98.79円 NYダウは徐々に値を下げ、前日比マイナス域に下落する展開
 22:47 98.75円 やや上値の重い展開。98.98円まで上昇後は98.80円近辺で推移
 23:00 98.80円 ドルの押し目買い圧力は依然強く、本日高値付近で底堅く推移
 23:13 98.79円 98.81円前後で膠着。NYダウは小幅下げに転じて推移

 23:20 98.66円 DC
 23:30 98.76円
 23:48 98.72円 98円後半で推移。本日より開催されるFOMCの結果を見極めムード
2009/3/18
 00:00 98.76円 
 00:08 98.75円 NY時間に入り、やや値を下げると徐々に方向性を失って小動きの展開

 00:30 98.79円 GC
 01:00 98.83円 [Comment]

 01:10 98.80円 DC
 01:18 98.81円 ダウ平均はプラス圏へ、7238.08ドル(+21.11)
 01:30 98.73円 
 01:35 98.80円 NYダウは徐々に値を上げ、前日比50ドルを超える上昇となった
 02:00 98.59円 
 02:30 98.65円 
 02:47 98.61円 ユーロドルは一時1.3ドルを回復。ユーロ円は128円台前半で終始
 03:00 98.65円 NYダウは、前日比100ドルを超える場面があったが、その後反落
 03:11 98.58円 高値から反落したドル円は、その後も小動きながらも軟調な展開
 03:16 98.61円 ダウ平均は堅調、7296.86ドル(+78.89)
 03:30 98.58円 
 03:52 98.58円 ドル円・クロス円は動意薄で小動き。ドル円は98円半ばで推移。
 03:58 98.52円 NYダウは、再び堅調な地合いとなり前日比100ドルを超える上昇
 04:00 98.50円 
 04:30 98.55円 
 05:00 98.53円 ダウ平均は、前日比178.81ドル高の7395.78ドルで引け

 05:50 98.56円 GC
 06:00 98.57円 [Comment]


[Comment]

2009/03/17(火)06:00 98.17円
 NYタイムはドル円・クロス円ともに上値の重い展開。米株式市場でダウが買い先行となったが、ダウ上昇でのつれ高の動きは限定的となった。また、引けにかけてダウが上昇幅を縮小させマイナスとなったものの、こちらについてもドル円・クロス円ともに下値は限定された。ドル円はロンドンフィックスにかけてアジア系の売りが散見され、98円半ばから98円ちょうど近辺まで下落し、上値は重く98円前半でのもみ合いで推移した。

2009/03/17(火)12:00 98.23円
 東京タイム午前は株が続伸するなか、クロス円中心に堅調な推移となった。ただ、日銀金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会の政策決定を明日に控えるなか、手控え感や様子見も強く、大きな動意には乏しく、レンジ内での推移に留まった。ドル円はクロス円が上昇するなか、98円半ば近辺でしっかり。ただ、こちらも上値を追う動きにはならず、98円前半に押し戻されるかたちとなった。

2009/03/17(火)17:00 98.66円
 午後の東京市場はドル買い優勢の動き。アジア系によるユーロドルの売りや、SNB総裁の発言を受けたドルスイスフランのドル買い・CHF売りをきっかけに、対欧州通貨を中心としてドル買いの動きが強まった。ドル円はドル買いの流れを背景に98.75円の売りをこなすと、98.86円まで本日高値を更新。アジア系ソブリンの買いもこの動きを支援したようだが、このソブリン系が利食いへと転じると上値も重くなった。

2009/03/17(火)21:00 98.74円
 欧州時間午前は小動き。市場予想を上回ったZEWの結果を受けてユーロドルが上昇に転じたこともあり、アジア時間に見られたドル買いの動きは一服。一方でユーロの上昇も続かず、全般的に方向感は乏しかった。ドル円は底堅い動き。ユーロドルの動きに連れて終盤にユーロが小緩んだ場面では、本日高値の98.86円を窺う場面も見られた。

2009/03/18(水) 01:00 98.83円
 LDNFIXにかけては、ドル円・クロス円は上値の重いながらも方向感出ず。本日より開催される米連邦準備制度理事会(FOMC)の結果を見極めたいとの向きから、積極的な取引は手控えられている状況もあり全般的に小動きとなった。ドル円は98.98円まで上昇後は99円に観測されているオプションに絡んだ売りも意識され伸び悩むと、98.80円近辺で推移した。

2009/03/18(水)06:00 98.57円
 NYタイムのドル円・クロス円は上値重いも方向感に欠ける展開。米連邦公開市場委員会(FOMC)が17日より2日間の日程で開催されているが、同理事会の結果を見極めたいとの向きから様子見ムードも強かった。ドル円は98.98円まで上昇後は99円に観測されているオプションに絡んだ売りが意識され伸び悩むとじり安に。ただ、積極的に下値を攻める動きともならず、98円半ばを中心とした動きに終始した。


 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/68-47458ad3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事