FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/03/23(月)

2009年03月24日 11:07

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/03/23(月)

 07:00 95.59円 
 07:07 95.48円 早朝のオセアニアタイム、為替市場はドル売りがやや優勢
 07:30 95.68円 
 08:00 95.68円 
 08:23 95.81円 小動きながら円が弱含み。シカゴ先物のNYダウは小幅反発
 08:25 95.82円 95.80円台に上昇。早朝の展開から一転、円売りが優勢
 08:30 95.81円 

 08:40 95.79円 GC
 08:50 95.91円 [Comment]
 08:56 95.92円 底堅く推移。米系の買いが観測され、95.94円と本日高値を更新
 09:00 95.96円 日経平均、寄り付きは-2.82円の7943.14円
 09:04 96.01円 上伸。米系の断続的な買いが観測され、96.06円まで上昇
 09:09 95.99円 96.07円まで上昇するが、96.30円、96.50円にストップロス観測
 09:20 96.02円 日経平均株価が小幅安でスタートしたあと、ジリ高に転進
 09:30 96.00円 
 09:32 95.97円 日経平均は上昇。前日比+150.11円の8096.07円と本日高値更新
 09:49 96.17円 96円前半で買い優勢。米系・欧州系の買いを観測
 09:49 96.17円 ユーロ円は米系の買いが観測され、131.25円まで上昇
 10:00 96.08円 
 10:23 96.00円 小幅に上昇幅を縮小。買い一巡後は96円前後まで反落
 10:29 96.05円 底堅いが、やや小緩む展開。96円ちょうど近辺で推移
 10:30 96.10円 
 11:00 96.22円 日経平均株価は、先週末比158円高の8104円で午前の取引を終了
 11:07 96.22円 ユーロ円は堅調な推移が継続し、一時131.56円まで上昇
 11:14 96.32円 96.30円のストップロスの買いを巻き込み一時96.37円まで上昇
 11:19 96.42円 円安が進展。米国の不良資産買い取りの詳細発表が売戻し材料
 11:20 96.37円 円安が継続。ストップロスを巻き込むと96.40円近辺で推移
 11:29 96.38円 一時96.43円まで上昇。96.50円にストップロスの買いが観測
 11:30 96.39円 
 11:36 96.43円 96.52円まで続伸。欧州系の買いに証券系の買いが続いた
 12:00 96.37円 
 12:08 96.43円 [Comment]
 12:30 96.38円 日経平均株価は、先週末比223円高の8169円で午後の取引を開始
 12:37 96.42円 日経平均は上昇。午前の流れを引き継ぎ上昇基調が継続
 13:00 96.35円 
 13:04 96.32円 小動きとなってきたが、円安地合いが継続 

 13:30 96.27円 DC
 13:47 96.21円 ドル円・クロス円に短期筋の売りを観測
 13:48 96.17円 ユーロ円は本邦投資家の売りが入り、131円前半で推移
 14:00 96.13円 
 14:07 96.18円 日経平均が220円高へ上昇後、高止まり。円安地合い一服。
 14:25 96.14円 ドル高は一服状態だが、底堅い地合いが持続
 14:30 96.22円 
 15:00 96.17円 日経平均は+269.57円の8215.53円で大引け
 15:30 96.23円 
 15:35 95.80円 ユーロドルにはアジア系の買いが観測され、1.3700ドルまで上昇
 16:00 96.18円 
 16:04 96.28円 円安地合いが継続。シカゴ先物NYダウが150ドル高と上げ幅拡大
 16:30 95.78円 欧州勢の参入とともに、ドルが全面安に。一時95.70円台を示現
 16:34 95.81円 アジアネームのドル売りが広く見られ、95.60円台まで下値拡大
 16:39 95.82円 欧州外為市場ではポンドドル、ユーロドルなどでドル売りが再燃
 16:44 95.87円 ダウ先物は堅調。景気回復への期待感を受けて上昇幅を拡大
 16:58 95.97円 一時95.39円まで下落後は96円前半まで反発。ドル売り一服
 17:00 95.98円 [Comment]
 17:07 95.97円 欧州市場朝方の取引では、ドルは主要通貨に対して全面安
 17:30 95.99円 96円を挟んで売り買いが交錯。欧州株・米株先物が大幅反発

 17:40 96.10円 GC
 18:00 93.32円 
 18:30 94.40円 96円台半ばに反発。ドル売りの動きから一転、買戻しが活発化
 18:58 96.43円 ユーロ円は、一時131.97円まで上値を伸ばし、その後伸び悩み
 18:59 96.43円 ユーロドルは、1.36ドル台半ばに持ち直し、底堅い展開
 19:00 96.46円 
 19:30 93.39円 
 19:34 96.37円 欧州通貨が堅調。ガイトナー米財務長官の会見への期待から上昇
 19:54 96.41円 ダウ先物は大幅高、7417ドル(+202)
 20:00 96.48円 
 20:08 96.69円 堅調地合いを維持。欧州株が上昇していることも追い風
 20:30 96.85円 
 20:35 96.81円 欧州時間に入り、値を上げる展開を強め96.93円まで上昇する展開
 20:44 96.77円 ユーロ円は、再び強含みの動向となって132円台を示現
 20:50 96.76円 [Comment]
 21:00 96.78円 
 21:20 96.83円 円安地合いが継続。シカゴ先物のNYダウが200ドル高と堅調に推移
 21:30 96.81円 
 21:38 96.75円 ユーロドル軟調。中東の売りが観測され、一時1.3565ドルへ下落
 22:00 96.68円 
 22:10 96.73円 シカゴ先物のNYダウは、大幅反発のあとで高止まり
 22:15 96.71円 ガイトナー長官「民間投資家はリスクを政府と共有へ」
 22:15 96.71円 ユーロ円は、軟調な展開が続き131円台を割り込む下落
 22:23 96.70円 ガイトナー長官「追加資金の必要額、現時点で言明できない」
 22:30 96.76円 NYダウは、前週末比155ドル前後上昇の7433ドルと反発スタート
 22:38 96.80円 ガイトナー長官、AIGボーナス問題「解決可能と確信している」
 22:42 96.80円 ガイトナー長官発言受け、欧州通貨売り米ドル買いの動向
 22:52 96.91円 ドル買いが優勢の展開に。ユーロドルは本日安値を更新
 22:56 97.18円 続伸。97円超えからはドル買い誘発ストップロスを巻き込んだ
 22:57 97.15円 97円乗せを示現し、97.20円まで上伸
 23:00 97.09円 
 23:03 97.18円 ドル円の円安に続いてクロス円でも円が弱含み
 23:17 97.07円 NYダウは上げ幅を拡大。中古住宅販売が予想を大幅に上回った
 23:21 97.05円 米株は大幅反発。米財務省の不良資産買取計画発表が好感
 23:28 97.12円 対欧州通貨やドル円でドルの買い戻しが継続
 23:30 97.11円 
 23:37 97.12円 ドル円はドル続伸ののち上げ渋り
2009/03/24
 00:00 97.29円 NYダウは、好感できる指標発表を受け、上昇する展開を継続
 00:08 97.10円 97円台まで上昇後もレベルを維持。欧州時間以降上昇する展開
 00:19 97.13円 ユーロ円は、131円台後半が重く戻りが限定的
 00:28 97.18円 ユーロドルは、ドル買いの流れが強く値戻しは限定的
 00:30 97.26円 
 01:00 97.30円 [Comment]
 01:03 97.28円 ユーロ円は132円台まで値を戻す展開
 01:15 97.26円 強含みのNYダウは、上げ幅を前日比300ドル以上に上伸
 01:30 97.22円 

 02:00 96.98円 DC
 02:11 96.84円 ユーロドルは利食いの買戻しが優勢となり、値を戻す動向
 02:16 96.97円 ドル売りが優勢の動きに。ドル円は97円割れ水準まで小緩み
 02:28 96.88円 欧州株式市場はNYダウの上昇に後押しされ、高値圏で取引終了
 02:30 96.83円 
 02:43 96.78円 NY時間に入り強含みのドル円だったが、反落する展開が強まる
 03:00 96.68円 
 03:18 96.74円 反落。ムーディーズによるGE及びGEキャピタルの格下げを嫌気
 03:30 96.79円 
 03:42 96.87円 NYダウは、再び上昇する展開を強めて前日比300ドル高以上の上昇
 04:00 96.91円 
 04:25 96.89円 NYダウが一時前日比400ドルを超える上昇を演じる展開
 04:30 96.87円 

 04:50 96.90円 GC
 04:57 96.94円 米国株式市場は、NYダウは前日比470ドル高を突破する大幅高
 05:00 97.04円 ダウ平均は23日、前日比497.48ドル高の7775.86ドルで引け
 05:30 97.02円 
 06:00 96.94円 [Comment] 




[Comment]

2009/03/23(月)08:50 95.91円
 オセアニア市場ではドル売りが先行。足もとのドル売りの流れを受け、ドル円は95.39円まで下押した。ただ、ガイトナー米財務長官が、本日、金融安定化策について会見を行うとしたことで、ユーロ円が短期筋の買いを受けて底堅く推移。この影響でドル円も95円後半まで戻している。

2009/03/23(月)12:08 96.43円
 東京午前は円売りが優勢。ガイトナー米財務長官の不良債権買取りについての会見予定が報道され、日経平均が底堅く推移したことで円売りが優勢となった。ドル円は朝方、ドル売りが先行し95.39円まで下落。その後は会見の報道を受け、断続的な買いが観測され、96.57円まで上昇幅を広げた。

2009/03/23(月)17:00 95.98円
 東京タイム午後はドル売り優勢に。午前中に上昇したドル円やクロス円は短期筋の利食いなどが主導で頭打ち。その後はアジアネームのドル売りが広く持ち込まれ、ドル売りが加速した。ドル円は昼を過ぎると、じり安に。短期筋の利食いが持ち込まれたほか、ドル人民元やドル香港ドルの下落につれたアジアネームの売りから96円割れ。一時95.66円まで急落した。

2009/03/23(月)20:50 96.76円
 東京タイムは円売りが先行。本邦勢は年度末に絡む処理が先週でピークを迎えたこともあり限定的な動きとなった。しかし、ガイトナー米財務長官が本日21時45分から不良債権買い取り(不動産関連のアセット買い取り)に絡む会見を行うとの報道から期待感が先行し、海外勢を中心に買いが集まった。ドル円は、96.50円に控えていたストップロスの買いを狙った欧州勢の買いが入り96.57円まで上昇した。ただ、同水準では短期筋を中心とした売りが見られたことから伸び悩んだ。

2009/03/24(火)01:00 97.30円
 ロンドンフィックスにかけては円売りが優勢に。米財務省が不良資産買い取り計画の具体策を発表したことで、これを好感して米株が大幅上昇。ドル円・クロス円も株高を背景に上値を窺う地合いとなった。ドル円はNY入りからドル買いの動きが見られていたこともあり堅調。18日以来の97円乗せを示現すると、97.35円まで本日高値を更新した。

2009/03/24(火)06:00 96.94円
 NYタイムはドル売り・円売りが優勢。米財務省が最大1兆ドル規模の不良資産買取計画を発表したことを好感して、ダウ平均が前日比で一時500ドル高となるなど米株は大幅上昇。こうした株高を背景にリスク回避の動きが後退、円売り・ドル売りの動きが強まった。クロス円は特に上げ幅が目立っており、ユーロ円、NZドル円、加ドル円は本日高値を更新。また、ドル円も堅調な推移に。欧州時間からの流れを引き継いで序盤から買いが優勢となると、一時97.35円まで本日高値を更新。その後はドル売りの動きが強まった影響から上値拡大こそならなかったが、97円近辺で底堅い動きを維持した。


人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/81-d1229178
    この記事へのトラックバック


    最近の記事