FC2ブログ

週刊ドル円の流れ 2009/03/23週

2009年03月29日 13:55

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン


2009/03/23(月)
 07:00 95.59円 
 07:07 95.48円 早朝のオセアニアタイム、為替市場はドル売りがやや優勢
 07:30 95.68円 
 08:00 95.68円 
 08:23 95.81円 小動きながら円が弱含み。シカゴ先物のNYダウは小幅反発
 08:25 95.82円 95.80円台に上昇。早朝の展開から一転、円売りが優勢
 08:30 95.81円 

 08:40 95.79円 GC
 08:50 95.91円 [Comment]
 08:56 95.92円 底堅く推移。米系の買いが観測され、95.94円と本日高値を更新
 09:00 95.96円 日経平均、寄り付きは-2.82円の7943.14円
 09:04 96.01円 上伸。米系の断続的な買いが観測され、96.06円まで上昇
 09:09 95.99円 96.07円まで上昇するが、96.30円、96.50円にストップロス観測
 09:20 96.02円 日経平均株価が小幅安でスタートしたあと、ジリ高に転進
 09:30 96.00円 
 09:32 95.97円 日経平均は上昇。前日比+150.11円の8096.07円と本日高値更新
 09:49 96.17円 96円前半で買い優勢。米系・欧州系の買いを観測
 09:49 96.17円 ユーロ円は米系の買いが観測され、131.25円まで上昇
 10:00 96.08円 
 10:23 96.00円 小幅に上昇幅を縮小。買い一巡後は96円前後まで反落
 10:29 96.05円 底堅いが、やや小緩む展開。96円ちょうど近辺で推移
 10:30 96.10円 
 11:00 96.22円 日経平均株価は、先週末比158円高の8104円で午前の取引を終了
 11:07 96.22円 ユーロ円は堅調な推移が継続し、一時131.56円まで上昇
 11:14 96.32円 96.30円のストップロスの買いを巻き込み一時96.37円まで上昇
 11:19 96.42円 円安が進展。米国の不良資産買い取りの詳細発表が売戻し材料
 11:20 96.37円 円安が継続。ストップロスを巻き込むと96.40円近辺で推移
 11:29 96.38円 一時96.43円まで上昇。96.50円にストップロスの買いが観測
 11:30 96.39円 
 11:36 96.43円 96.52円まで続伸。欧州系の買いに証券系の買いが続いた
 12:00 96.37円 
 12:08 96.43円 [Comment]
 12:30 96.38円 日経平均株価は、先週末比223円高の8169円で午後の取引を開始
 12:37 96.42円 日経平均は上昇。午前の流れを引き継ぎ上昇基調が継続
 13:00 96.35円 
 13:04 96.32円 小動きとなってきたが、円安地合いが継続 

 13:30 96.27円 DC
 13:47 96.21円 ドル円クロス円に短期筋の売りを観測
 13:48 96.17円 ユーロ円は本邦投資家の売りが入り、131円前半で推移
 14:00 96.13円 
 14:07 96.18円 日経平均が220円高へ上昇後、高止まり。円安地合い一服。
 14:25 96.14円 ドル高は一服状態だが、底堅い地合いが持続
 14:30 96.22円 
 15:00 96.17円 日経平均は+269.57円の8215.53円で大引け
 15:30 96.23円 
 15:35 95.80円 ユーロドルにはアジア系の買いが観測され、1.3700ドルまで上昇
 16:00 96.18円 
 16:04 96.28円 円安地合いが継続。シカゴ先物NYダウが150ドル高と上げ幅拡大
 16:30 95.78円 欧州勢の参入とともに、ドルが全面安に。一時95.70円台を示現
 16:34 95.81円 アジアネームのドル売りが広く見られ、95.60円台まで下値拡大
 16:39 95.82円 欧州外為市場ではポンドドル、ユーロドルなどでドル売りが再燃
 16:44 95.87円 ダウ先物は堅調。景気回復への期待感を受けて上昇幅を拡大
 16:58 95.97円 一時95.39円まで下落後は96円前半まで反発。ドル売り一服
 17:00 95.98円 [Comment]
 17:07 95.97円 欧州市場朝方の取引では、ドルは主要通貨に対して全面安
 17:30 95.99円 96円を挟んで売り買いが交錯。欧州株・米株先物が大幅反発

 17:40 96.10円 GC
 18:00 93.32円 
 18:30 94.40円 96円台半ばに反発。ドル売りの動きから一転、買戻しが活発化
 18:58 96.43円 ユーロ円は、一時131.97円まで上値を伸ばし、その後伸び悩み
 18:59 96.43円 ユーロドルは、1.36ドル台半ばに持ち直し、底堅い展開
 19:00 96.46円 
 19:30 93.39円 
 19:34 96.37円 欧州通貨が堅調。ガイトナー米財務長官の会見への期待から上昇
 19:54 96.41円 ダウ先物は大幅高、7417ドル(+202)
 20:00 96.48円 
 20:08 96.69円 堅調地合いを維持。欧州株が上昇していることも追い風
 20:30 96.85円 
 20:35 96.81円 欧州時間に入り、値を上げる展開を強め96.93円まで上昇する展開
 20:44 96.77円 ユーロ円は、再び強含みの動向となって132円台を示現
 20:50 96.76円 [Comment]
 21:00 96.78円 
 21:20 96.83円 円安地合いが継続。シカゴ先物のNYダウが200ドル高と堅調に推移
 21:30 96.81円 
 21:38 96.75円 ユーロドル軟調。中東の売りが観測され、一時1.3565ドルへ下落
 22:00 96.68円 
 22:10 96.73円 シカゴ先物のNYダウは、大幅反発のあとで高止まり
 22:15 96.71円 ガイトナー長官「民間投資家はリスクを政府と共有へ」
 22:15 96.71円 ユーロ円は、軟調な展開が続き131円台を割り込む下落
 22:23 96.70円 ガイトナー長官「追加資金の必要額、現時点で言明できない」
 22:30 96.76円 NYダウは、前週末比155ドル前後上昇の7433ドルと反発スタート
 22:38 96.80円 ガイトナー長官、AIGボーナス問題「解決可能と確信している」
 22:42 96.80円 ガイトナー長官発言受け、欧州通貨売り米ドル買いの動向
 22:52 96.91円 ドル買いが優勢の展開に。ユーロドルは本日安値を更新
 22:56 97.18円 続伸。97円超えからはドル買い誘発ストップロスを巻き込んだ
 22:57 97.15円 97円乗せを示現し、97.20円まで上伸
 23:00 97.09円 
 23:03 97.18円 ドル円の円安に続いてクロス円でも円が弱含み
 23:17 97.07円 NYダウは上げ幅を拡大。中古住宅販売が予想を大幅に上回った
 23:21 97.05円 米株は大幅反発。米財務省の不良資産買取計画発表が好感
 23:28 97.12円 対欧州通貨やドル円でドルの買い戻しが継続
 23:30 97.11円 
 23:37 97.12円 ドル円はドル続伸ののち上げ渋り
2009/03/24(火)
 00:00 97.29円 NYダウは、好感できる指標発表を受け、上昇する展開を継続
 00:08 97.10円 97円台まで上昇後もレベルを維持。欧州時間以降上昇する展開
 00:19 97.13円 ユーロ円は、131円台後半が重く戻りが限定的
 00:28 97.18円 ユーロドルは、ドル買いの流れが強く値戻しは限定的
 00:30 97.26円 
 01:00 97.30円 [Comment]
 01:03 97.28円 ユーロ円は132円台まで値を戻す展開
 01:15 97.26円 強含みのNYダウは、上げ幅を前日比300ドル以上に上伸
 01:30 97.22円 

 02:00 96.98円 DC
 02:11 96.84円 ユーロドルは利食いの買戻しが優勢となり、値を戻す動向
 02:16 96.97円 ドル売りが優勢の動きに。ドル円は97円割れ水準まで小緩み
 02:28 96.88円 欧州株式市場はNYダウの上昇に後押しされ、高値圏で取引終了
 02:30 96.83円 
 02:43 96.78円 NY時間に入り強含みのドル円だったが、反落する展開が強まる
 03:00 96.68円 
 03:18 96.74円 反落。ムーディーズによるGE及びGEキャピタルの格下げを嫌気
 03:30 96.79円 
 03:42 96.87円 NYダウは、再び上昇する展開を強めて前日比300ドル高以上の上昇
 04:00 96.91円 
 04:25 96.89円 NYダウが一時前日比400ドルを超える上昇を演じる展開
 04:30 96.87円 

 04:50 96.90円 GC
 04:57 96.94円 米国株式市場は、NYダウは前日比470ドル高を突破する大幅高
 05:00 97.04円 ダウ平均は23日、前日比497.48ドル高の7775.86ドルで引け
 05:30 97.02円 
 06:00 96.94円 [Comment]
 06:30 97.02円 
 07:00 97.16円 
 07:30 97.01円

 07:50 96.97円 DC
 08:00 96.94円 GC
 08:30 97.14円 
 08:40 97.06円 為替市場はここまで揉み合い。主要通貨ペアはいずれも小動き
 09:00 97.10円 日経平均、寄り付きは+122.91円の8338.44円
 09:25 97.33円 日経平均が上昇するなか、クロス円が上昇
 09:29 97.28円 ドル円はクロス円の上昇に連れ高となり、一時97.38円まで上昇
 09:30 97.30円 
 09:52 97.73円 ユーロ円が上昇幅拡大。133円台を回復し一時133.58円まで上昇
 09:57 97.65円 仲値決めで300本弱不足が起因となり、97.73円まで上昇
 10:00 97.62円 
 10:18 97.87円 仲値需給後も買い優勢の地合いが継続。97.98円まで上昇
 10:30 97.81円 
 10:36 97.77円 上昇幅を拡大。買い一巡後は97.80円前後で推移
 10:58 97.82円 株価が伸び悩むなか、97.70円前後まで小幅反落
 11:00 97.83円 日経平均は+170.35円の8385.88円で前引け
 11:20 97.97円 再び円安が進行。98円台へ上昇し推移
 11:30 97.88円 
 11:50 97.80円 円安基調が優勢だが下げ渋り。本邦輸出筋の円買いが下値の支え
 12:00 97.81円 
 12:16 97.67円 [Comment]
 12:20 97.66円 小幅下落。利益確定の売りに押されて97.65円前後まで下落
 12:30 97.79円 後場の7日経平均株価は、前日比149円高の8364円で寄り付き
 12:56 97.78円 円安が一服。日経平均株価が上げ渋り、円売りの勢いが鈍化
 13:00 97.75円 
 13:30 97.74円 ダウ先物は時間外取引で下落、7667ドル(-45)で推移
 14:00 97.85円 
 14:05 97.83円 落ち着いた動き。動意に乏しく97円後半で推移
 14:18 98.11円 98.14円と高値を更新。ユーロ円も133円後半を回復
 14:20 98.03円 日経平均が208円高と再上昇に転じており、円安が再燃
 14:30 98.15円 
 14:34 98.14円 日経平均株価は、上げ幅を200円超へと拡大し、8400円台を回復
 14:57 98.33円 欧州系の買いが観測され、ユーロドルは一時1.3678ドルへ上昇
 15:00 98.29円 日経平均は+272.77円の8488.30円で大引け
 15:30 98.16円 
 15:44 98.22円 シカゴ先物NYダウが5ドル安へと下げ幅縮小し、円安地合い継続
 16:00 98.08円 
 16:30 98.42円 
 17:00 98.28円 [Comment]
 17:30 98.08円 
 17:48 98.22円 ドル高の勢いが一服。98.60-80円超えに厚いドル売りが観測
 18:00 98.20円

 18:10 98.33円 DC
 18:30 98.06円 
 19:00 98.03円 
 19:30 98.06円 
 20:00 98.21円 
 20:12 98.19円 手掛かり材料に欠く動向から98.17-22レベルでレンジ内で推移

 20:20 98.21円 GC
 20:30 98.15円 
 20:53 98.20円 [Comment]
 21:00 98.29円 
 21:30 98.24円 
 21:38 98.17円 ユーロドルは1.35ドル半ばで推移
 21:57 98.21円 ユーロ円は戻りが鈍く再び132円台に値を下げる展開
 22:00 98.21円 
 22:30 98.22円 ダウ平均は前日比-2.39ドルの7773.47ドルで寄り付き
 22:45 98.31円 新規手がかり材料難の中98.29円前後で揉み合い展開に終始
 22:50 98.20円 米株は反落。ダウ平均は一時103ドル安まで下落後も軟調に推移
 22:50 98.20円 欧州時間以降、明確な方向感を掴めず98円台前半での揉み合い
 23:00 98.28円 
 23:04 98.34円 米国株下げ渋りに反応して98.34円前後で膠着
 23:16 98.37円 ユーロ円が133.30円台まで買い戻しへ
 23:30 98.30円 
 23:45 98.17円 NYダウが、前日比100ドルを超える下落

 23:50 98.08円 DC
 23:52 97.99円 97.90円にストップ観測
2009/03/25(水)
 00:00 97.98円 
 00:06 97.95円 徐々に軟化する展開を強め98円台を割り込む下落
 00:10 97.97円 ロシア系からのドル買い観測
 00:25 98.06円 ロシア中銀がドル買い・ルーブル売り介入を実施
 00:30 98.00円 
 00:45 97.81円 ダウ平均は安値圏でのもみ合い、7725ドル近辺の動き
 00:52 97.79円 ロンドンフィックスに米系からドル円の売りが入るとの噂
 01:00 97.86円 [Comment]
 01:20 98.06円 欧州株式は、強含みの寄付き以降は反落する展開
 01:30 97.98円 
 02:00 97.99円 
 02:21 98.05円 再び98円台を回復
 02:25 98.18円 ダウ平均が上昇し、前日比プラス圏を回復

 02:30 98.25円 GC
 03:00 98.07円 
 03:07 98.11円 米系からのユーロ売り観測、ユーロドルは1.35ドル近辺へ下落
 03:30 98.10円 
 03:45 97.93円 欧州株はまちまち。独、仏株市場は続伸、英株は4日ぶりに反落

 03:50 97.95円 DC
 03:54 97.87円 98円台で推移していたドル円は、NYダウの再下落で再び軟化
 04:00 97.86円 
 04:10 97.78円 ユーロ円は132円まで本日安値更新、131.90円にストップ
 04:17 97.76円 97.70円台まで小緩み。ドル円・クロス円が軟調
 04:30 97.81円 
 05:00 97.76円 ダウ平均は24日、前日比115.57ドル安の7660.29ドルで引け
 05:30 97.75円 
 06:00 97.86円 [Comment]
 06:28 97.80円 オセアニア時間は、円買いの流れながら全般的には静かな値動き
 06:30 98.80円 

 07:00 97.85円 GC
 07:30 98.00円 
 07:45 98.02円 小幅に円安が進行し、98円台を回復
 08:00 98.12円 
 08:13 98.13円 クロス円は全般的に底堅く推移、ユーロ円は131円半ば近辺
 08:30 98.07円 
 08:46 98.25円 ドル円は380本近くの仲値不足となっているもよう。底堅さを支援
 08:54 98.28円 98円台前半で、レンジながらドルが底堅さを持続
 09:00 98.33円 日経平均、寄り付きは-0.29円の8488.01円
 09:27 97.91円 97円後半へとやや下押し。米系が売りを入れたもよう
 09:30 97.94円 
 09:37 97.99円 98円割れでの動きを継続。アジア系の売りが観測
 09:44 97.97円 ドル円、クロス円で円が強含み。日経平均が連日の連騰から反落
 09:45 97.93円 徐々に上値の重い展開に。米系の売りがに上値が抑えられる格好
 09:50 97.95円 ユーロ円は132円半ばから132円近辺に水準を低下

 09:50 97.95円 DC
 10:00 97.82円 
 10:13 97.61円 ストップロス売りをつけ始める動きとなり、97.57円まで安値更新
 10:20 97.63円 ユーロ円が131.10円まで下落するなど、クロス円は売り優勢
 10:20 97.63円 97円半ばまで軟化するが下値は堅い
 10:30 97.72円 
 10:45 97.83円 シカゴ先物のNYダウは前日比横這いで推移
 11:00 97.83円 日経平均は-61.58円の8426.72円で前引け
 11:08 97.81円 ユーロ円は一時131.10円まで下落したが、131円後半まで反発
 11:30 97.86円 
 11:50 97.76円 97円後半を中心とした一進一退
 12:00 97.72円
 12:15 97.73円 [Comment]
 12:30 97.77円 日経平均株価は、前日比28円安の8460円で午後の取引を開始
 12:47 97.88円 円高が一服。日経平均株価が午後から小幅プラスを回復
 13:00 97.74円 日経平均は前日比プラス水準に戻し、一時8523.90円まで上昇

 13:10 97.89円 GC
 13:30 97.87円 円高が一服。シカゴ先物のNYダウも40ドル高と小幅反発
 13:32 97.88円 ユーロ円は年金筋の買いが観測され、132円前後で推移
 13:43 97.78円 ユーロ円上昇に連れ、ユーロドルも一時1.35ドル手前まで上昇
 14:00 97.78円 

 14:10 97.79円 DC
 14:15 97.80円 シカゴ先物の米株先物が小幅ながら堅調に推移
 14:30 97.54円
 14:35 97.54円 97.47円まで下落。ドル円・クロス円は軟調
 14:56 97.65円 [Comment]
 15:00 97.62円 日経平均は-8.31円の8479.99円で大引け

 15:05 97.51円 ユーロ円は米系が売りを仕掛け、やや売り地合いが強まる
 15:30 97.56円 
 15:41 97.55円 利益確定及びポジション調整の円買い戻し優勢の上値の重い展開
 16:00 97.47円 
 16:30 97.53円 
 16:48 97.71円 米系が買いを仕掛け、97.70円近辺で推移
 16:52 97.67円 [Comment]
 17:00 97.72円 GC
 17:30 97.64円 
 17:40 97.51円 ユーロが対ドル、対円で一段安となって本日安値を更新
 17:48 97.49円 ロンドン勢参入とともにドル円・クロス円は売り優勢
 18:00 97.67円 
 18:30 97.69円 
 18:31 97.70円 ドイツIFO指数が予想範囲内となり、ユーロ買い戻しが活発化
 18:50 97.76円 97円台後半で底堅い展開。クロス円買戻し優勢の影響
 19:00 97.73円 
 19:08 97.61円 97.60円前後に軟化。ドル相場は全般的に軟調気味

 19:30 97.52円 DC
 19:40 97.62円 ユーロ買い優勢。ユーロドルは一時1.3523ドルへ上昇
 19:47 97.69円 欧州株は前日比マイナス圏へ、米株先物も伸び悩み

 20:00 97.61円 GC
 20:30 97.64円 
 20:51 97.63円 [Comment]
 21:00 97.65円 
 21:30 97.73円 
 21:35 97.82円 小幅高ののち上げ渋り。米国の2月耐久財受注が予想外のプラス
 22:00 97.86円 

 22:16 98.05円 耐久財受注が好結果となった事を受け、98円台を回復する動向
 22:28 97.96円 シカゴ先物のNYダウは、前日比46ドル高と小幅反発で推移
 22:30 97.95円 ダウ平均は前日比-0.16ドルの7659.81ドルで寄り付き
 22:54 97.96円 米株は反発。一時111ドル高まで上昇後も高値圏で推移
 22:58 97.43円 ドル売りが優勢、97.15円まで本日安値を更新
 23:00 97.11円 DC
 23:06 97.12円 [Comment]
 23:10 97.22円 米国の新築住宅販売件数が予想を上回り、ドル売りを支援
 23:15 97.25円 急速なドル売りの流れの影響で、一時96円台後半まで下落
 23:19 97.55円 財務長官「ドルの地位は不動」発言を受け、97円後半まで反発
 23:30 97.61円 
 23:35 97.57円 NYダウは、前日比180ドルを越える大幅高での推移
2009/03/26(木)
 00:00 97.51円 小康状態へ。96.90円まで下落後に97.80円近辺まで反発
 00:09 97.44円 乱高下の後に値を戻したドル円だが、上値は重い展開
 00:30 97.51円 
 01:00 97.69円
 01:09 97.73円 NYダウ上昇などを背景に徐々に、ドル円は下値を切り上げる展開

 01:10 97.74円 GC
 01:30 97.76円 
 02:00 97.81円 
 02:21 97.58円 98円手前で上値を抑えられると97円半ばまで反落
 02:25 97.67円 底堅い展開を続けていたユーロ円は、132円台後半まで上昇
 02:30 97.70円 

 02:40 97.63円 DC
 02:55 97.55円 NYダウは、利食いが優勢となって上げ幅を縮小する展開
 03:00 97.58円 
 03:06 97.44円 ダウ平均が前日比マイナス圏へ転落
 03:13 97.15円 ダウ平均の下落に連れ、ドル円も97円割れを窺う地合い
 03:30 97.23円 
 03:40 97.26円 NYダウの下げ幅拡大と共にユーロ円も132円台を割り込む動向
 04:00 97.28円 
 04:05 97.23円 NYダウは、一時前日比100ドルを超える下落
 04:30 97.19円 
 04:45 97.25円 NYダウは引けに向けて買戻しが強まり、急速に下げ幅を縮小
 05:00 97.42円 ダウ平均は25日、前日比89.84ドル高の7749.81ドルで引け
 05:10 97.36円 ダウ平均の回復により、ドル円・クロス円も再び買い基調に

 05:30 97.55円 GC
 06:00 97.52円 [Comment]
 06:30 97.61円 
 07:00 97.67円 
 07:30 97.47円 小幅に円高が進行。クロス円・ドル円は下値をうかがう展開
 08:00 97.51円 
 08:15 97.55円 オセアニア市場では動意の鈍い展開。97円半ばで推移
 08:30 97.57円 
 08:49 97.63円 ユーロ円は米系短期筋の買いが観測され、じり高の様相
 09:00 97.76円 日経平均、寄り付きは-49.77円の8430.22円
 09:12 97.83円 97.90円まで上昇。米系及び本邦証券系からドル買い上げの動き
 09:30 97.79円 
 09:32 97.82円 26日東京外為市場ではドル円、クロス円ともやや円が弱含み
 09:38 97.77円 モデル系の売り観測、97.80円で推移
 09:40 97.76円 クロス円は買い優勢の展開。ユーロ円は133円台を回復
 10:00 97.70円 
 10:30 97.75円 
 10:33 97.74円 日経平均株価は前日比プラスを回復。前日比7円高の8487円
 11:00 97.68円 日経平均は+43.10円の8523.09円で前引け
 11:18 97.71円 ドル円・クロス円はもみ合い。ドル円は97.75円前後での動き
 11:30 97.75円 
 11:45 97.79円 ユーロドルは1.36ドル近辺から1.3550ドル台まで反落
 12:00 97.77円 [Comment]
 12:08 97.77円 ユーロドルはストップロスの売りをこなす1.3537まで下落
 12:30 97.68円 日経平均株価は、前日比14円高の8494円で午後の取引を開始
 12:37 97.77円 ドル円・クロス円とも膠着ながら円高が一服

 12:50 97.80円 GC
 13:00 97.78円 
 13:30 97.78円 
 14:00 97.76円 
 14:27 97.78円 後場の日経平均株価は、金融株の買いが相場を押し上げ
 14:30 97.76円 

 15:00 97.78円 日経平均は+156.34円の8636.33円で大引け DC
 15:20 97.71円 シカゴの米株先物は、前日比80ドル高の7760ドルで推移
 15:30 97.76円 ユーロ円はユーロがジリ高傾向。日本株の大幅上昇が支援

 15:40 97.78円 GC
 15:55 97.92円 邦銀の買いが観測され、97.90円近辺まで上昇
 15:57 97.99円 本邦投資家から200本を超える買いが入り、98円台へ上昇
 16:00 98.04円 
 16:30 98.11円 
 16:37 98.16円 欧州外為市場のユーロ円が本日高値の133.20円へと一段高
 17:00 98.10円 [Comment]
 17:10 97.93円 [Comment]
 17:30 97.99円 
 17:50 98.00円 米株先物が上昇幅を縮小、欧州株も全般的に伸び悩み推移
 18:00 98.04円 
 18:30 98.13円 
 19:00 98.14円 
 19:03 98.13円 欧州勢参入後、98.15円レベルを中心に膠着化
 19:23 98.12円 ユーロドル・ユーロ円は、目立った動きは見られず
 19:30 98.17円 
 20:00 98.42円 
 20:05 98.45円 クロス円はポンド円を除いて概ね本日高値圏で取引
 20:07 98.41円 ドル円は一時98.53円まで上昇
 20:11 98.36円 堅調な展開を続けているユーロ円は、133円台後半まで上昇
 20:23 98.33円 シカゴ市場の米株先物は、前日比74ドル高の7754ドルで推移
 20:30 98.30円 
 20:50 98.29円 [Comment]
 21:00 98.24円 [Comment]
 21:30 98.28円 
 21:43 98.22円 シカゴ市場の米株先物は、前日比85ドル高の7765ドルと続伸

 21:50 98.22円 DC
 21:58 98.08円 ユーロドルは値を上げる展開となり、本日高値を更新
 22:00 98.08円 
 22:30 98.26円 ダウ平均は前日比+2.55ドルの7752.36ドルで寄り付き

 22:40 98.28円 VIX指数は42.25から40.54と一段と低下して推移 GC
 22:54 98.40円 米株は続伸。08年10-12月期GDPが予想より改善したこと好感
 22:56 98.33円 クロス円は小動き。ユーロ円は133円前半での推移
 23:00 98.36円 
 23:13 98.64円 ドル買いが優勢。ユーロドル・ポンドドルは本日安値を更新
 23:15 98.55円 対欧州通貨でのドル買いを背景に、一時98.72円と本日高値を更新
 23:17 98.47円 海外短期筋のドル買い戻しに98円台半ばで堅調に推移
 23:30 98.55円 
 23:45 98.53円 ユーロ円は米系からの買いが入り、133円後半まで反発
 23:55 98.53円 NYダウは、徐々に上げ幅を縮小する動向
2009/03/27(金)
 00:00 98.53円 
 00:17 98.59円 為替相場は小動き。米株も落ち着いた動き
 00:30 98.54円 
 01:00 98.47円 [Comment]
 01:25 98.40円 ダウ平均がじり高、前日比+100ドル超に
 01:30 98.36円 ドル円は、利食いが優勢となって徐々に値を下げる展開

 01:40 98.44円 DC
 01:53 98.39円 英系からのユーロ売り観測、ユーロドルは1.3530ドル台へ
 02:00 98.35円 
 02:25 98.52円 ユーロ円は、NYダウの上げ幅拡大にともない急速に値を戻す展開
 02:30 98.52円 
 03:00 98.42円 
 03:30 98.47円 
 03:40 98.46円 ドル円は、堅調なNYダウを背景に下値が限定された展開

 04:00 98.49円 GC
 04:15 98.47円 ユーロドルは一時1.3501ドルまで本日安値を更新
 04:30 98.58円 
 04:55 98.71円 ドル円が98.81円までわずかに本日高値を更新
 05:00 98.69円 ダウ平均は26日、前日比174.75ドル高の7924.56ドルで引け
 05:30 98.84円 
 06:00 98.70円 [Comment]
 06:25 98.77円 オセアニア時間は、NZの指標発表もあり様子ムード
 06:30 97.72円 
 06:50 98.73円 GDP発表後のNZドルはわずかながら買い優勢の展開に
 07:00 98.82円 
 07:30 98.68円 
 08:00 98.81円 
 08:19 98.71円 オセアニア市場は、NYタイム終盤の水準から横ばいで小動き 

 08:30 98.70円 DC
 08:53 98.65円 98.60円台で推移。本邦機関投資家から売りが出るとの噂
 09:00 98.71円 日経平均、寄り付きは+75.39円の8711.72円
 09:20 98.40円 本邦短期投機筋の売りが断続的に持ち込まれ、ジリ安
 09:30 98.43円 
 09:32 98.47円 やや円買いが優勢に。根強い決算対応の円転・外貨売りが観測
 09:47 98.31円 ユーロに米系の買いが観測。1.3570ドル近辺まで上昇
 09:48 98.30円 ドル円、98.20円のストップロス狙いで98.22円まで下落
 09:50 98.33円 日経平均が続伸。ダウ平均が上昇した流れを受けて買いが先行
 10:00 98.53円 
 10:30 98.73円 
 10:38 98.63円 ドル円は98.60-70円前後で推移。一時98.22円まで下落後反発
 11:00 98.52円 日経平均は+83.22円の8719.55円で前引け
 11:10 98.49円 為替市場はやや動意が止まり小動き
 11:30 98.46円 
 11:45 98.43円 98.40円レベルで推移。短期筋による売りなどが観測
 11:57 98.35円 
 12:00 98.32円 [Comment]
 12:03 98.27円 シカゴ先物のNYダウが前日比30ドル安で推移
 12:07 98.26円 一時98.21円まで下落。本日安値をわずかながら更新
 12:19 98.35円 徐々に98.00-20円下へ売買混在ストップロス集積
 12:30 98.30円 日経平均株価は、前日比28円高の8664円で午後の取引を開始
 13:00 98.34円 
 13:18 98.37円 レンジ内で膠着。日経平均は下げ幅縮小、為替相場も小動き
 13:30 98.37円 
 14:00 98.32円 
 14:23 98.32円 ドルの上値が重い一方で下値も限定的
 14:27 98.39円 日経平均株価の堅調を受けて、98円台前半で揉み合い
 14:30 98.39円 
 15:00 98.26円 日経平均は-9.36円の8626.97円で大引け
 15:05 98.15円 ストップロスの売りをこなし、一時98.12円まで下落
 15:13 98.14円 ストップ売りゾーンをこなし一時98円割れ、その後反発
 15:28 98.11円 ドル円の下落につれ、クロス円も軟調
 15:30 98.12円 
 15:36 98.07円 シカゴ先物の米国株が小幅反落。外為市場では円買いが優勢に
 15:50 97.87円 ドルが続落。98円前後のドル売り誘発ストップロス巻き込む
 16:00 97.80円 ストップロスの売りを巻き込み、一時97.70円まで下落
 16:30 97.82円 
 16:42 97.93円 円高が一服。欧州株先物が信用不安の後退によって小幅高
 16:55 97.90円 [Comment]
 17:30 98.03円 欧州勢参入後、98円台を回復したものの、98円付近で揉み合い
 18:00 98.12円 

 18:10 98.00円 ユーロ円は安値圏から反発し、132円台後半での揉み合い GC
 18:28 98.16円 ドル買いが活発化ながらも、ドル円は堅調小幅な値動き
 18:30 98.22円 
 19:00 98.22円 
 19:12 97.95円 ドル買い優勢。ドルストレートでのドル買いはクロス円にも波及
 19:26 98.12円 ユーロドルは25日安値を割り込むと一時1.3365ドル付近へ急落
 19:28 98.17円 ユーロドルは大幅下落。一時1.3366ドルまで下落
 19:30 98.08円 
 19:48 98.05円 ユーロドルは1.34ドル台前半、ユーロ円は131円台後半で揉合い
 20:00 98.02円 

 20:10 98.06円 DC
 20:20 97.94円 シカゴ市場の米株先物は、前日比56ドル安の7793ドルで推移
 20:30 97.97円 
 20:37 97.71円 ユーロ円は、再び下落する展開を強めて130円台半へ反落
 20:40 97.66円 ドル円・クロス円は軟調。全般的に落ち着いた動き
 20:50 97.46円 [Comment]
 21:00 97.40円 [Comment]
 21:15 97.46円 円が大幅反発となって、ユーロ円は一時129.40円付近まで急落
 21:28 97.57円 97.55-60円レベルでの推移。やや値を戻す展開
 21:30 97.45円 
 21:34 97.62円 米国の2月PCEコアデフレーターが予想を上回り、ドルが小幅高
 21:50 97.72円 円高が一服。週末調整の円買い戻しが小休止
 22:00 97.83円 
 22:11 97.77円 ドルの下げ止まりが持続。2月個人消費支出は予想の範囲内
 22:30 97.80円 ダウ平均は前日比-1.99ドルの7922.57ドルで寄り付き
 22:44 97.71円 98円台に値を載せる事ができずに反落
 23:00 97.77円 

 23:10 97.82円 GC
 23:20 97.84円 ユーロ売り優勢。ユーロドルは1.3264ドルまで本日安値を更新
 23:17 97.88円 NY外為市場では小動きながら、ドルや円の買い戻しが計測
 23:30 97.96円 
 23:39 97.89円 指標結果を好感し、98円台まで値を戻したがその後反落
2009/03/28(土)
 00:00 97.98円 
 00:27 98.15円 短期筋の買戻しなどから再び98円台へ戻す展開
 00:30 98.06円 
 00:33 98.06円 ダウ平均は7800ドル付近で下げ渋り
 00:36 98.05円 98.20円台まで上昇。その後は伸び悩み、98円近辺まで下落
 00:50 98.12円 NYダウは、寄付きは大きく値を下げたが、徐々に下げ幅を縮小
 01:00 97.99円 [Comment]
 01:30 98.21円 
 01:40 98.24円 ユーロドルが再び下落、1.3256ドルまで本日安値を更新
 01:47 98.22円 ユーロドルに連れたユーロ円だが、下げ渋りから値を戻す展開
 02:00 98.05円 
 02:15 98.12円 NYダウは下げ幅を拡大する展開となり、本日安値を更新
 02:30 98.08円 
 03:00 97.97円 欧州株式市場は寄付き直後は堅調だったが結局、小幅安で終了

 03:10 98.04円 DC
 03:27 98.13円 米株が本日安値圏ながら落ち着いた動きとなっている
 03:30 98.10円 
 03:55 98.00円 欧州株は下落。寄り付きは買い優勢で始まったが、売り優勢へ
 04:00 98.03円 
 04:10 97.99円 NYダウは、買戻しが優勢となって下げ幅を縮小する展開
 04:26 97.99円 材料に欠く展開となっていることから、98.00円を挟み小動き
 04:30 97.98円 
 04:40 97.94円 ユーロ円は、上下する展開ながら130円台前半まで軟化
 05:00 97.92円 ダウ平均は27日、前日比148.38ドル安の7776.18ドルで引け
 6:00 97.92円 [Comment]



[Comment]

2009/03/23(月)08:50 95.91円
 オセアニア市場ではドル売りが先行。足もとのドル売りの流れを受け、ドル円は95.39円まで下押した。ただ、ガイトナー米財務長官が、本日、金融安定化策について会見を行うとしたことで、ユーロ円が短期筋の買いを受けて底堅く推移。この影響でドル円も95円後半まで戻している。

2009/03/23(月)12:08 96.43円
 東京午前は円売りが優勢。ガイトナー米財務長官の不良債権買取りについての会見予定が報道され、日経平均が底堅く推移したことで円売りが優勢となった。ドル円は朝方、ドル売りが先行し95.39円まで下落。その後は会見の報道を受け、断続的な買いが観測され、96.57円まで上昇幅を広げた。

2009/03/23(月)17:00 95.98円
 東京タイム午後はドル売り優勢に。午前中に上昇したドル円やクロス円は短期筋の利食いなどが主導で頭打ち。その後はアジアネームのドル売りが広く持ち込まれ、ドル売りが加速した。ドル円は昼を過ぎると、じり安に。短期筋の利食いが持ち込まれたほか、ドル人民元やドル香港ドルの下落につれたアジアネームの売りから96円割れ。一時95.66円まで急落した。

2009/03/23(月)20:50 96.76円
 東京タイムは円売りが先行。本邦勢は年度末に絡む処理が先週でピークを迎えたこともあり限定的な動きとなった。しかし、ガイトナー米財務長官が本日21時45分から不良債権買い取り(不動産関連のアセット買い取り)に絡む会見を行うとの報道から期待感が先行し、海外勢を中心に買いが集まった。ドル円は、96.50円に控えていたストップロスの買いを狙った欧州勢の買いが入り96.57円まで上昇した。ただ、同水準では短期筋を中心とした売りが見られたことから伸び悩んだ。

2009/03/24(火)01:00 97.30円
 ロンドンフィックスにかけては円売りが優勢に。米財務省が不良資産買い取り計画の具体策を発表したことで、これを好感して米株が大幅上昇。ドル円・クロス円も株高を背景に上値を窺う地合いとなった。ドル円はNY入りからドル買いの動きが見られていたこともあり堅調。18日以来の97円乗せを示現すると、97.35円まで本日高値を更新した。

2009/03/24(火)06:00 96.94円
 NYタイムはドル売り・円売りが優勢。米財務省が最大1兆ドル規模の不良資産買取計画を発表したことを好感して、ダウ平均が前日比で一時500ドル高となるなど米株は大幅上昇。こうした株高を背景にリスク回避の動きが後退、円売り・ドル売りの動きが強まった。クロス円は特に上げ幅が目立っており、ユーロ円、NZドル円、加ドル円は本日高値を更新。また、ドル円も堅調な推移に。欧州時間からの流れを引き継いで序盤から買いが優勢となると、一時97.35円まで本日高値を更新。その後はドル売りの動きが強まった影響から上値拡大こそならなかったが、97円近辺で底堅い動きを維持した。

2009/03/24(火)12:16 97.67円
 東京市場ではドル円・クロス円が堅調。日経平均が上昇幅を拡大するなか、クロス円が上昇幅を広げたことで円全面安となった。ドル円は、クロス円の上昇する動きに連れたほか、仲値需給が約300本程度の不足となったことを受け、買いが強まった。一旦は利益確定の売りに押される局面も見られたが、その後も断続的に年金筋の買いが入ったことで98.04円まで水準を上げた。

2009/03/24(火)17:00 98.28円
 午後に入り、日経平均が300円高付近まで上げ幅を拡大するにつれて、ドル円・クロス円が上昇。「株買い・クロス円買いの動きが出ている」との声も聞かれる中、リスク資産を選好する動きが見られた。ドル円はクロス円が上昇するなか、98円を回復。ロンドン勢参入後のドル買い基調も後押しし、一時98.58円まで上値を拡大した。

2009/03/24(火)20:53 98.20円
 ロンドン午前はドル円・クロス円ともに方向感に乏しい展開。英欧の主要経済指標は発表されたが、発表直後だけの限定的な動きに止まり、方向感を決定付けるだけの材料にはならなかった。ドル円は小動きに徹し、98円前半を中心とした推移となった。

2009/03/25(水)01:00 97.86円
 ロンドンフィックスにかけては方向感に乏しい展開に。米株が寄り付き後に軟調推移となったこともあり、序盤はややクロス円が売り優勢に。しかし、その後はダウ平均も下げ幅を拡大することなく安値圏でもみ合ったため、為替市場も方向感に欠ける動きとなった。ドル円は、97.90円のストップをつけて97.60円台まで小緩んだ。

2009/03/25(水)06:00 97.86円
 NYタイムは円買い・ドル買いが優勢。ダウ平均など米株が一時は前日比プラス圏を回復したものの、引けにかけて再びマイナス圏へ転落。さらには下げ幅を拡大させたことから、リスク資産への選好度が低下し、ドルと円が買われた。ドル円のレンジはやや限定的。円買い・ドル買いの地合いの中で、クロス円下落による影響も抑えられており、97円後半まで小緩むに止まった。

2009/03/25(水)12:15 97.73円
 東京午前の為替市場はドル円、クロス円は買い戻し先行後に反落。ドル円は、NYタイム終盤の水準97円後半からの買戻しが継続。年度末ゴトー日の仲値不足、そしてクロス円に様々な筋の買い戻しが先行したことを受けて98.35円まで上昇した。しかし、仲値不足が解消の方向へ向かったことを受けて米系の売りが入り、頭打ちとなって反落。97.50~60円に観測されたストップロスの売りを狙う動きとなり、一時97.51円まで下落した。アジア系の売りも上値を抑えていたという。

2009/03/25(水)14:56 97.65円
 東京外為市場では、ドル円・クロス円とも午後から円高が再燃。ドル円は97.80円や97.50円に控えていたストップ売りをこなし、一時97.41円まで下落。クロス円も売り優勢の地合いを継続し、ユーロ円は一時130.98円まで下落、そのほかポンド円は142.77円、NZドル円は54.43円まで下落。豪ドル円も本日安値67.70円に接近した。ただ、売りが一巡すると各々戻りを試す展開となっている。

2009/03/25(水)16:52 97.67円
 東京タイム午後はドル円、クロス円ともにじり安。信託系やアジア系の売りが持ち込まれ、下値を探り始めると米系などの売りから上値の重い展開となった。ドル円は信託系の売りなどが観測される中、一時97.35円と本日安値を更新。クロス円もユーロ円・ポンド円・スイスフラン円・豪ドル円・NZドル円・加ドル円がそれぞれ本日安値を示現。

2009/03/25(水)20:51 97.63円
 ロンドン午前はポンド売りが優勢。ポンドドルは一時1.3418ドル、ポンド円は142.16円まで下落した。クロス円については、ロンドン勢参入後から売りが強まり、ユーロ円は130.77円、豪ドル円は67.27円、NZドル円は54.09円、スイスフラン(CHF)円は86.03円、加ドル円は78.86円まで下落した。しかし、売りが一巡すると、各々買い戻しが優勢の展開となり積極的に下値を攻める動きとはならなかった。また、ドル円は97円半ばから後半にかけてのもみ合いに終始。

2009/03/25(水)23:06 97.12円
 米ドルが急落。ガイトナー米財務長官が中国人民銀行の周小川総裁のレポートに対して「非常に思慮深い」と否定的なコメントを残さなかったことから、ドルが売られた。ドル円は一時97円を割り込み、96.92円まで本日安値を更新。ユーロドルも1.3653ドルまで跳ね上がった。

2009/03/26(木)06:00 97.52円
 NYタイムは円買いが優勢に。序盤はガイトナー米財務長官の発言でドル売りの動きが目立つ場面も見られたたが、その後は米株下落の影響からリスク回避の動きが優勢となり、ドル買い・円買いとなった。ドル円は一時96.90円まで本日安値を更新。しかしその後、97円後半まで買い戻された。その後はダウ平均が前日比マイナス圏へと下落したことで再び97円割れを試す場面も見られたが、ダウ平均が引けにかけて再びプラス圏を取り戻すと97円半ばまで再び買い戻された。

2009/03/26(木)12:00 97.77円
 東京タイム午前のドル円・クロス円は、米系・本邦証券系の買いが幅広く持ち込まれたことで全般的に底堅い動きとなった。ドル円は米系の買いが観測されるとじり高の格好となり、97.94円まで上昇。しかしながら、同水準ではモデル系による売りが見られたことで上値が抑えられ、その後は本日高値から小幅に下げてもみ合いとなった。

2009/03/26(木)17:00 98.10円
 東京タイム午後もドル円とクロス円が堅調。午後入り直後は全般的に動意薄だったものの、本邦投資家のまとまった買いがドル円で持ち込まれたことをきっかけに、ドル円とクロス円がともに上放れ。ドル円は一時98.23円まで本日高値を更新した。クロス円もドル円に連れ高。各通貨それぞれ上昇した。

2009/03/26(木)17:10 97.93円
 欧州市場朝方の取引では、米株先物が堅調推移となったことで、円とドルが軟調に取引されてきた。特に、NZドルは長期金利の上昇を背景に本邦資本筋から大量のNZドル買い円売り注文が持ち込まれたことで、全般的な円安基調を後押ししたと指摘されている。

2009/03/26(木)20:50 98.29円
 東京タイムのドル円・クロス円は堅調。米系・本邦証券系の買いが広く持ち込まれ、買いが先行した。ドル円は米系の買いが入ったことから買い基調に。その後は97円後半での動きに終始したが終盤にかけては本邦投資家筋の纏まった買いが観測され、98.07円まで上昇した。

2009/03/26(木)21:00 98.24円
 ロンドン午前はドル円・クロス円堅調。ドル円はロンドン勢参入後、ファンド勢のまとまった買いが入り、徐々に上昇幅を拡大させた。米金融機関が発表したレポートの中で、ドル円が105円まで上昇するとの見通しが示されていたことも好感材料として意識されたようで、一時98.53円まで上昇した。

2009/03/27(金)01:00 98.47円
 ロンドンフィックスにかけてはドル買いが優勢に。ユーロドルはNY時間序盤に1.3640ドルまで本日高値を更新したが売りオーダーをこなせず、ドル買い戻し方向へ反転し、1.3522ドルまで本日安値を更新した。こうした動きに連れる格好となり、他の欧州通貨も対ドルでは軟調に。これに対し、ドル円はドル買いの動きに連れて上値を試す展開。一時は98.73円まで本日高値を更新したが、こちらも98.80円から観測された売りオーダーをこなすには至らなかった。

2009/03/27(金)06:00 98.70円
 NYタイムは欧州通貨売りが優勢に。材料に乏しい中、ストップを窺う動きが中心となって対ドルで下げ幅を拡大した。ユーロドルは一時は1.3492ドルまで本日安値を更新、ポンドドルも1.4424ドルまで下値を拡大した。これに対してドル円は堅調。対欧州通貨でのドル買いの動きを背景にじりじりと上値を伸ばし、98.87円まで本日高値を更新した。

2009/03/27(金)12:00 98.32円
 東京午前のドル円・クロス円は上値の重い展開に。ドル円は、本邦大手機関投資家が仲値でまとまった売りを出すとの噂から、本邦短期投機筋が断続的に売りを入れ、98.20円のストップロスを狙った米系の売りが観測されたことで一時98.22円まで下落。しかし、同水準のストップロスを付け切れなかったほか、先行して売られていた反動から仲値は98.55円近辺となり、短期勢の買戻しも入って98.70円前後まで反発。ただ、98.90円からの売りが意識され戻りも限られた

2009/03/27(金)16:55 97.90円
 27日欧州外為市場でドル円はドル反落後に下げ止まり。東京午後からはクロス円主導で週末前調整の円買い戻しと外貨売りが観測され、ドル円でも円が連れ高に作用。97.90円割れや97.75-80円割れなどのドル売り誘発ストップロスを巻き込んだ。その後は欧米株価の下げ止まりなどから、調整を超えたドル売り・円買いの勢いも一服。

2009/03/27(金)20:50 97.46円
 東京タイムはドル円・クロス円は軟調。ドル円は本邦機関投資家の仲値での大口売りの噂から本邦短期投機筋が売りを入れてきたといい下落基調に。その後は一旦買い戻されたものの、欧州勢参入後は98.00-20円ゾーンのストップ売りをこなすと、一時97.70円まで下落した。

2009/03/27(金)21:00 97.40円
 ロンドン午前はユーロ売り優勢。ユーロドルは1.3400ドルに控えていた欧州系のストップ売りをつけたほか、OPトリガーをこなして一時1.3337ドルまで下落。3月18日以来の1.34ドル割れとなった。ユーロ円も129.53円まで下げた。ドル円は欧州勢参入後に98.00-20円のストップロスの売りをこなし98円を割り込んでからは一旦買戻しが優勢となったが、戻りも鈍く再び売りが活発化。一時97.10円まで下値を試した。

2009/03/28(土)01:00 97.99円 [Comment]
 ロンドンフィックスにかけてはユーロ売り・ドル買いが優勢に。欧州時間からのユーロ売りの流れが継続する中で1.3264ドルまで本日安値を更新。また、他の欧州通貨に対してユーロが弱含んだことも、ユーロ売りの動きを強めたもよう。クロス円も米株の下げ渋りやドル円の上昇を背景に安値圏から反発へと転じた。一方、ドル円は対ユーロを中心にドル買い優勢となった地合いの中で98.20円台まで反発。

2009/03/28(土)6:00 97.92円
 NYタイムはユーロ売り・ドル買いが小幅に優勢。ただ、欧州時間から継続したユーロ売りの動きが序盤で一服すると、その後は週末を前にしたポジション調整主体の小動きに終始した。ユーロドルは序盤に1.3264ドルまで下落。他の欧州通貨に対してユーロが弱含んだことも、ユーロ売りの動きを強めたもよう。一方、ドル円はやや買い戻しの動きが優勢に。対ユーロを中心にドル買い優勢となった地合いの中で98.30円台まで反発。しかし同水準からは上値を追う材料も乏しく、引けにかけては98円割れ水準まで小緩んだ。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 次週の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/88-fa6dbb83
    この記事へのトラックバック


    最近の記事