FC2ブログ

日刊ドル円の流れ 2009/04/01(水)

2009年04月02日 13:01

GC : 10分足チャートゴールデンクロスッド
DC : 10分足チャートデッドクロスゴールン

2009/04/01(水)

 06:00 98.95円 [Comment]
 06:25 98.84円 オセアニア時間は円買いムードの強い展開
 06:30 98.82円 
 07:00 98.90円 
 07:30 98.96円 

 07:40 98.97円 GC 
 07:45 98.99円 本邦勢などによる小口の円売りがやや優勢
 08:00 99.00円 
 08:30 99.00円 
 08:41 98.95円 この後の日銀短観などを控えて様子見雰囲気の強い動き
 08:52 99.17円 日銀短観が予想以上の悪化を示し、円売りが再燃
 08:55 99.37円 短観発表後ストップロスの買いで99.48円へ
 08:55 99.37円 全般的に弱い日銀短観の結果を受けて円売りが優勢に
 09:00 99.32円 日経平均、寄り付きは-63.83円の8173.36円
 09:05 98.40円 オバマ大統領クライスラーは破綻用意でドル売り殺到 

 09:20 98.57円 DC 
 09:26 98.59円 [Comment]
 09:30 98.69円 
 09:40 98.69円 日経平均株価は前日比71円高で推移。リスク回避の円高は限定的
 09:52 98.93円 日経平均株価は再反発。年度末要因の期末売りが一巡
 10:00 98.77円 
 10:02 98.83円 98円後半で推移。短期勢の買戻しから一時99円前後まで反発
 10:16 98.89円 ダウ先物は前日比-104ドルの7458まで下落後、7470ドルまで反発 

 10:20 98.99円 GC
 10:25 99.23円 日経平均株価が160円高へと上げ幅を拡大しており、円安を支援
 10:30 99.16円 
 11:00 98.98円 日経平均は+242.15円の8351円で前引け
 11:03 98.90円 アジア系の売り観測、98.85円近辺まで反落 

 11:20 98.81円 DC
 11:30 98.81円 
 12:00 98.82円 [Comment]
 12:30 98.72円 日経平均株価は、前日比180円高の8289円で午後の取引を開始
 12:41 98.51円 日経平均は後場に入ると上昇幅を縮める動き
 12:48 98.58円 日経平均株価が上げ幅を縮小しており、円売りの勢いが鈍化
 13:00 98.68円 
 13:30 98.44円 
 14:00 98.56円 98円台半ばで揉み合い
 14:17 98.53円 ドルが上げ渋り。本日予定の重要指標をにらみ、神経質な地合い
 14:30 98.75円 日経平均が再び上げ幅を広げ、98.73円と堅調推移 

 14:50 98.76円 GC
 14:55 98.83円 円が弱含み。日経平均が引けにかけて上げ幅を再拡大
 15:00 98.81円 日経平均は+242.38円の8351.91円で大引け
 15:30 98.76円 
 15:50 98.88円 米シカゴ先物のNYダウは50ドル安へと下げ幅を縮小
 15:56 98.86円 98円後半で推移。動意材料には欠けるがやや水準を回復
 16:00 98.83円 
 16:30 98.73円 
 17:00 98.61円 [Comment]
 17:30 98.84円 
 17:45 98.87円 98円後半で推移。上値99円には機関投資家の売りを観測
 18:00 98.89円 
 18:24 98.87円 欧州勢本格参入後は、落ち着いた値動き
 18:30 98.89円 
 18:56 99.08円 円売りが優勢となり、99円台に再上昇
 19:00 99.08円 
 19:09 99.07円 99円台で推移。今のところ99円ちょうどの水準での動き
 19:30 99.00円 
 20:00 99.00円 
 20:12 98.92円 シカゴ市場の米株先物は、前日比71ドル安の7491ドルで推移
 20:30 98.91円 

 20:30 98.90円 DC
 20:46 98.88円 99円台からは上値を伸ばすことができずに反落
 20:50 98.83円 アジア系の売りを受け、99円を割り込んだ水準での推移
 21:00 98.80円 [Comment]
 21:16 98.68円 ドル円はドルが下落。米国の3月ADP雇用統計が予想より悪化
 21:30 98.77円 
 21:35 98.70円 反落後に下げ渋り。98.50-60円にかけてはドル防戦買いが厚い
 21:39 98.73円 弱い米3月ADP全国雇用者数の結果発表後は、98.70円近辺で推移
 22:00 98.52円 
 22:05 98.49円 円買い優勢。シカゴ先物NYダウが100ドル安となりやや円高傾向
 22:30 98.50円 ダウ平均は前日比-2.79ドルの7606.13ドルで寄り付き
 22:43 98.58円 円高一服。NYダウは100ドル安で開始後、80ドル安へと下げ渋り
 22:55 98.59円 99円台から反落していたが、やや値を戻す展開
 22:58 98.60円 米株は反落。米大統領の破産法適用準備の報道を嫌気
 23:00 98.64円 
 23:09 98.77円 予想よりも強い米指標が発表され、98円半ばから小幅に上昇
 23:19 98.85円 米国の指標改善を受けてNYダウが値を戻し、円安が再燃 

 23:20 98.86円 GC
 23:30 98.96円 
 23:41 98.99円 99円ちょうどを前後して推移。米株がプラス圏を回復
 23:53 98.85円 LDNフィックスでドル円ユーロ円で売りの噂
2009/04/02(木)
 00:00 98.81円 
 00:16 98.77円 98.70円台で推移。LDNフィックスではドルが下押しだが限定的
 00:30 98.85円 
 00:36 98.88円 NYダウは、反落から前日比プラス圏に転じた後は堅調に推移
 01:00 98.92円 
 01:03 98.91円 ガイトナー米財務長官「市場には心強い改善の兆候が見られる」
 01:21 98.93円 98円後半水準での揉み合いへ移行。目立った動意は見られない
 01:30 98.77円  

 01:50 98.73円 DC
 01:57 98.52円 やや下押し。98.50円水準まで軟化して推移
 02:00 98.52円 
 02:30 98.64円 
 03:00 98.67円 欧州株は続伸。序盤にかけては大きく反落したが、上昇に転じた
 03:30 98.68円 
 03:35 98.73円 NYダウは、一時160ドル超まで上げ幅を拡大する堅調な推移
 03:40 98.74円 米株が買いに転じたことにつれ、欧州市場も引けにかけて上昇
 04:00 98.66円 
 04:30 98.61円 
 05:00 98.67円 ダウ平均は前日比+152.68ドルの7761.60ドルで引け
 05:30 98.60円 
 05:48 98.58円 98.50円レベルへ若干軟化。98.55-60円で推移
 06:00 98.51円 [Comment]



[Comment]

2009/04/01(水)06:00 98.95円
 NYタイムはドル円クロス円が上昇。LDNフィックスにかけてはドル買いが持ちこまれたこともあり、ドル円は99円近辺まで上昇。そのまま、一時99.37円まで上伸した。
 クロス円はこうしたドル円の動きに連れ高となった。ドルはLDNフィックスで買いとなったものの、株価の反発に併せて売りが優勢に推移し、ドルストレート各通貨は大幅な上昇となった。

2009/04/01(水)09:26 98.59円
 「米大統領が、米GMや米クライスラーの『破産・売却の準備がある』との主旨の発言をした」とのニュースが流れたことを受けて、ドル円は98.21円まで急落。ただ、売り一巡後は、短期勢の利益確定の買戻しも入り98円半ばから後半まで戻しているが、上値も重い状況となっている。

2009/04/01(水)12:00 98.82円
 東京午前のドル円・クロス円は、上下動の激しい展開となった。ドル円は、大企業製造業・非製造業業況判断DIがそれぞれ予想を下回ったことを受け、一時99.48円まで上昇した。直後に「米自動車メーカーへの破産法申請」との主旨のニュースが流れると、一転して売り優勢に。一時98.21円まで急落した。しかし、下押しも限られると短期勢の利益確定の買戻しが入ったほか、米高官が「破産法適用が最善と決断したとの報道は正確ではない」と出前の報道を否定したことから99.25円前後まで戻した。その後は、アジア系の売りが観測されたことを受けて98円後半まで水準を下げた。

2009/04/01(水)17:00 98.61円
 東京午後の為替市場は方向感に欠ける展開に。午前まで見られた円買いの動きは一服したものの、上値を追う材料にも乏しく、反発は限定的だった。ドル円は序盤こそ98.50円割れを示現したが、日経平均など株価が引けにかけて堅調な動きを見せると、クロス円上昇の影響もあって買い戻しへと転じ、一時99円近辺まで上昇。ただ、同水準からは上値も重く、結果的に買い戻しの値幅は限定的なものに止まった。

2009/04/01(水)21:00 98.80円
 ロンドン午前はドル売り優勢の展開に。材料に欠ける状況が続く中、欧州株が寄り付き直後からの下落幅を縮小させていることもあって、欧州通貨を中心に堅調な動きを見せた。ユーロドルは1.4421ドルまで本日高値を更新、ユーロ円が131.30円台まで戻りを試した。これに対し、ドル円は小動き。99円近辺で方向感に乏しい動きに終始した。

2009/04/02(木)06:00 98.51円
 為替NYタイムは米株が大幅上昇に転じたことなどから、ポンドや豪ドル、NZドル、加ドルといった通貨に買いが集まった。ただ、方向感に乏しく、レンジ内での推移に留まった。ドル円も全般的にもみ合い。序盤こそ強い米住宅指標や米株のプラス転から99円台を見たものの、その後は対他通貨でドル売りが見られたこともあり、98円後半から半ばで上値が重くもみ合いとなった。


相互リンクとランキングプラス人気ブログランキングへ
 カリスマトレイダー達の  → にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
 今日の戦略は,こちらから → にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

外為どっとコム




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitomi815.blog47.fc2.com/tb.php/91-d03403e0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事